◇ 世森友のラッキー名言 ◇      
   :幸福だから笑えるわけではない、むしろ、笑っていることが幸福なのだと言いたい。       
   :笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は、不機嫌な顔をした人より長生きする。
   :叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
   :人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
   :人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
   :ネガティブフィードバックこそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
   :大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
   :たった百人のなかの、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独

2008年04月06日

囲碁が面白くて楽しくて

囲碁


囲碁が趣味の一つになった

関西に来て、小さな会社で働くようになり、テナント募集の営業に毎日駆けずり回っていた。
会社とは名ばかりで従業員の数は6名だけ、専務、常務、大卒が二人、高卒が二人である。
名詞の肩書きだけは営業用に一人前に年功序列でついていた。

何処からかやって来た6人が集まったトンネル会社であった。ある日、常務と呼んでいた人に、
「今度の日曜日に僕のところへちょっと遊びに来ないか」と誘われたのである。「あっ、はい」
当時は遊ぶお金もないし休日は暇を持て余していた。何かご馳走でもしてくれるのかな!?。

行った先は長屋形式のアパートの二階で、常務は三ヶ月ほど前に離婚して一人住まいをしていた。
下着姿で現れニコニコ顔で入れや上がれやと促されるまま、玄関に入るといつも履いている靴が
一足きちんと並んでいた。それを見て何だか、ふと、男一人のやもめ所帯の侘びしさを感じた。
2DKの狭い部屋に上がるやいなや、隣の部屋からそそくさと折りたたみ式の碁盤を 

持ってきて食卓用のテーブルの上に置いた。盤上にある星と呼ばれる点の9箇所すべてに石を
置くように言われ、「とにかく、打て、囲んだ陣地が多い方が勝ちや」……???。
「囲碁のごの字も知らないのに無茶苦茶や」そう思いつつも、一応上司の言うことだから
仕方なく打ち始めた。そして・・・。何局打ったか覚えてないが9つの石(9子局)を
置いて打っても負けてばかりで置き石のハンディを生かす事はできなかった…。悔じかった。

その後、何度か誘われているうちにハンディの石数も見る見る減っていった。後で解ったこと
なんだが、常務はまさしく「下手の横好き」のヘボ碁であまり強くなかった。
離婚の寂しさもあって…、好きな碁を打ちたくて私を誘ったのだろう。こっちの石を殺して
盤上から石が取れたら嬉しそうに笑う得意げな顔が思い出される。
碁がちょっぴり面白く感じ興味を持ち始めた21歳に成り立ての頃のことだった。

半年間で市場はオープンした。テナント募集の仕事も終わり、小さな会社で何をすることも
無くなり、それぞれが次の仕事を見つけ身を退き去っていった。私は小売自営業を始めた。
小さなスペースのスーパーを11年間、営みその後、次の商売に替わって間もなくの頃である。
店の常連で来ていた若い客が兵庫県大会で優勝経験のあり、碁がめっぽう強い奴だった。
ある日、いつものように飲みに来ていて「マスター碁を知ってるの」と聞かれた・・・。

下につづく
posted by てらけん at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Terakenの囲碁短編小説 | 更新情報をチェックする

囲碁が面白くて楽しくて

囲碁が趣味の一つになった

「マスター碁、知ってるの」そう聞かれた私は、「うん、ちょっと」
と答えた。そして、ある日の昼過ぎ家に来てもらって碁を教えても
らう事になった。定石がどうのこうのと説明してくれるが、ちんぷん
かんぷん「あぁ〜〜」あくびをする始末。だんだん眠たくなってくる…。

何でも物が無くなると騒がれた時代があったその頃、碁盤と石と碁笥を買った。
私の店に買い物に来て居た客とふとしたことから麻雀で遊んでいた。近くの
会社の遼にお邪魔していた。麻雀仲間の一人が日向の出身できれいに穴が開いた
ハマグリを机の上に飾っていた。そのハマグリは碁石を作るときに開けたのだと、
3つの穴の説明を聞かされ、本ハマグリもほんまもんの那智黒の黒石ももうじき
無くなるやろな、手に入らなくなるかも知れんと言った。

何でも欲しがり屋の私は、新カヤの6寸碁盤に特大のけやき碁笥と日向のほんまモン
のハマグリ9ミリ、那智黒石の一式を買うことにした。当時の月給よりもはるかに
高額でその値段は…!


碁盤が27万、碁笥が3.6万、碁石が5.8万円もした。宝物の
ように感じた、余生はこれで優雅に碁が打てると想像を膨らませていた。

転地正目の自慢の碁盤で昼下がりの陽光が差し込む縁先で打つ碁は心地いい
楽しみな時間だった。何度か来てもらって教わっていた。そんなある日、
碁会所に行ってみようかと誘われた。場所は店の近所にあり知ってはいたが
中を覗いたこともなかった。そこは古家で玄関を入ると畳敷きの部屋に上がった。
横で見ているように促され、彼が打つ碁をただじっと傍で見ていた。

相手は2段ぐらい3子局(ハンデに石を3つ置いて戦う)で打ち始め一番目は
彼が負けた。「次は5目差で勝つから」と私にそっと耳打ちをしてきた。
相手が一手一手毎回力を込めて石音を大きくバチンバチンやるから、そのマナーの
悪さに怒り心頭でプッツンしている様子がうかがえた。
そして次の勝負は彼が言った通り、寄席勝負に持ち込み五目という僅差で勝った。

私に向かって“してやったり”の目でうなづいてから、あのおじいさんと打ってみたら、
とすすめられ、怖じ気付きながらも、初段ぐらいのおじいさんと碁会所という場所で
始めて実戦の碁を打った。勿論適当なハンデの石を置いて戦ったがボロボロ負けた、
相手は満面の笑みである。「悔しい…」次の日からせっせと碁会所通いが始まった。

下につづく


タグ:囲碁
posted by てらけん at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Terakenの囲碁短編小説 | 更新情報をチェックする

囲碁が面白くて楽しくて

囲碁が趣味の一つになった。

碁会所通いが日課になり、その日の買出しが済むやいなや遊びに行く
いつもの顔ぶれが集まり、おじいちゃん連中が楽しそうに打っている。
相手によって5子局だったり7子局で打ったりして相手をしてもらう。
ほとんど負けてばかりである、向かっていっては負ける、中にはこんな事を、
偉そうに「俺と打つのは十年早いわ」とか「ふんどしかつぎとは打てん」
などとぬかしやがる、むかつくけど弱いんだからそう言われても仕方がない。それでも、
打ちたくてしょうがない。相手をしてくれて碁が打てる事が嬉しく面白くて……。

5段位でめっぽう強い人がいつも窓際の席に陣取っている、振る舞いも
言動も紳士的ではあるが、実はやくざで叔父きと呼ばれている人である。
ある日、店の常連客であり私に囲碁指導をしてくれてた若い人とそのやくざと
手合わせをすることになった。強いもの同士の碁は息が詰まるような攻防があり
戦いは激しくどうなるのか迫力満点である、横で見ていても全然飽きない。

「碁の質が違う、相手は本格派や」「・・・えっ」と驚きと感心をした。
なかなか強い手を打つ人だと思って見ていたのに。そんな事を
言うとは・・・!? この人は相手の棋力を認めた上で打ち方を
学ぼうという気持ち向上心を持って打っているんやということを気付かされた。

やくざの○○さんは相手が弱くても手を抜くような一手たりとも絶対にしない、
だからおじいちゃん達がかかっていっても徹底的にこてんぱんにやっつけられる。
手を抜くような失礼なことはしないから、殺せる石は容赦なく殺して取る。
石を置いてハンディを貰っているにもかかわらず、ほとんどの人がみな負ける。
やくざの○○さんは強すぎて誰も快く打ちたがらない。みんな尻込みをするのである。

それで相手がいない時が多く、窓辺よりの方で好きな缶入りピースを吸いながら棋譜を
並べたりして時間を潰している。私は相変わらず弱く8級あるかないかだったと思う・・・。
そんな私に、やくざの○○さんが「打ちますか」と声を掛けて来た。「・・・エエッ」と
目が点になった。そして…

下につづく



それから二人が打つ場面を何度か見せてもらった。いつもやくざの方が先番で黒を
持って打っていたので。何気なく○○さん勝ったり負けたりしているけど、どうして交代
して白を持って打たないんですかと聞いた、するとやくざの○○さんは・・・。
こう言った
posted by てらけん at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Terakenの囲碁短編小説 | 更新情報をチェックする

囲碁に興じる日々

三級になるまで

「わしと打って見るか」やくざの〇〇さんが声をかけてくれた。
上位者のお誘いを無下に断るわけにも行かず。「えっ!いいんですか」
軽く頷く相手「それじゃ・・お願いします」と言って対面に座った。
「わしに一度でも勝ったら、置石を一つ減らす」「…はい」

その日からほとんど毎日のように二人は打った。石を取られてボロボロに負ける、
こっちは投げることをしないから、とことんやられるまで打ってしまい大差で負ける。

囲碁は地の多い方、囲っている目の数が多い方が勝ちなのであるが、
石をぎょうさん取られるから、せっかく囲った地が埋まってしまう。
何度やっても負ける。最初のうちは勝ち負けよりも胸を借りている
気持ちが強く教えてもらっているんだからと感情を迎えることが
できたが、少しづつ勝てそうな碁が解って来ると負けた悔しさが
感情となって現れ、店に帰るや否や椅子を片っ端から蹴飛ばした
りした日もあった。相手が悪いよね5段以上で強いんだもん…。

「今の碁は、あそこをどうしたらよかったのかなぁ」と〇〇さんに問うと
「終わってからはわからんなぁ」と言う返事が返ってくる。囲碁の
世界にもゴルフのように茶々を入れて教えたがる教え魔が多いものだが、
ああだこうだと教えることは一切しなかった。打って打ってわしから盗めと
いった教え方である。後々になって考えるとそのことが良かったと思った。

九子局から七子局にようやくなることができた。そんなある日…

「互い戦で打ってみるか」「…えぇっ!」やっと七子で打てるよう
になったと言っても今までに二度しか勝ってないのに…と思った。
「だいぶ碁が解って来たから。結構打てるかも知れんな」と言うのである。

もちろん私が黒を持って先番で打ち始める。今まで碁盤の上にあった
ハンディの七つの石が無いのである。それまでは地を何とか確保しようと
考えて打っていた棋風では相手の思うようにさばかれ当然のことながら大差で負けて
しまう。しかし互い戦で打つということの大事な意味がおぼろげに解って来た…。

しばらくは七子で打ったり、互い戦で打ったりしてもらっていた。自称五段とは
言っているが県代表になってもそこそこ戦えそうな棋力の持ち主である。
そう易々とは行かない。七子で勝って六子局に成るには一級から初段クラスでないと
無理なのである。

しかし奇跡が起きた。それは互い戦で打ったときのことである。中盤までは石を取ら
れて不利だった。誰が見ても勝てそうに無い、ましてや相手が悪い(強すぎて)、
ところが中盤以降から相手の大きな石の集団を殺してしまった。
私が相手の石を仕留めたのだ!!「こんなことがあるんや」互い戦で私が勝てたのだ!!!。

〇〇さんは負けたことを意に介さず、少し作り笑顔で投了した。そしてこう付け加えた…。
「安永道場へ行って三級で打ってみぃ」もう三級ぐらいで打てそうやでと言うのである。
まさか!?3級ではまだまだ通用しないんじゃないのかな…?。

下につづく


タグ:囲碁 棋力
posted by てらけん at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Terakenの囲碁短編小説 | 更新情報をチェックする

囲碁に興じる日々


巷の三段目指して!

「安永道場へ行ってみぃ」と言われ他の道場に他流試合をしに行くような気持ちに
なった。今まで遊ばせてもらっていた碁会所は席主もご高齢で間も無く店を閉じた。
そんな事もあって阪急伊丹駅前三階の伊丹囲碁センターに通うようになった。

始めて行った日は、どれくらいの棋力なのか解らなかった…。
弱い人の相手をしてくれる方が、入り口を入ってすぐの席を陣取り
待ち構えていた。店番のおばさんにその人と打つように促された。

初心者の登竜門のような相手で万年三級で碁を楽しんでいる方で、
棋力の弱い人に調度良い相手役で主みたいな方と初手合わせをした。
五級ぐらいと自己申告をして、私が黒で先番の互い戦で打った。

「強いね三級はあるなぁ」「…あっそうですか」何番打っても
勝ってしまう。今までめっぽう強い人と打ちつづけていたから
相手の石の形の悪さがよく見えた。ざる碁もざる碁とんでもない
石を取ったり取られたり終始喧嘩が絶えない内容の碁である。

通ううちに回りの顔とも知り合いになり、二級の方と打ったり
徐々に強い相手を選んで手合わせをして貰えるようになった。
いつの間にか初段クラスで打てるようになり碁が面白くて楽しくて
しょうがない。そんなある日、私が初心者の頃にふんどし担ぎと
こけにした。あの頃初段か二段で打っていた眉毛の濃いおじいちゃんと
何年振りかに対戦することになった。「強くなったらしいな打とか」

私は武者震いを抑えて席についた。「おねがいします」と会釈を交わす。
相手は軽く頭を下げた。まだ自信たっぷりの顔だ。私が黒石を持って先番である。
「パチッ」「パチッ」盤上に石音が響く。しばらく打ち進むと相手の棋力が解った。

相手はコウに持ち込むのが得意でどこでも、何でもかんでもコウにしてしまうタイプ
である。その棋風は以前にやくざの〇〇さんと打っている碁を見てこっちは知り尽く
している。大きなガタイの割にはちまちました碁を打つ人だった。終盤に入り執拗に
コウをけしかけられ往生したが辛くも勝った。続けて二局目は難なく勝ってしまった。

当時、私のことを「俺と打つのは十年早いわ」などとぼろくそに言っていた連中の
棋力ってこんなもんやったんや、弱いと思った。碁がちょっと打てるからと言って
偉そうに言うことはない上には上が居る。
いくら弱くても同じ趣味の仲間やないかと思った…。毎日のように安永道場へ行った。

そして何年か経ち、道場の月例の大会で三段と四段と五段三人と対戦して全勝し三段に
昇格した。この道場では三段で打ちなさいというお墨付きを戴いたのである。
同格の三段とは握りで打ち、四段とは先で打ち五段とは二子局で五目半のコミ出しで
戦うようになったのである。随分長い年月を掛けたが、ようやく巷の三段に昇格できた。

三段になった頃からゴルフの個人レッスンの仕事を始めた。そのレッスンの合間をぬって
碁会所通いの日々が続くのである…。そして、その後に囲碁好きがこうじて「友和クラブ」
という店名で囲碁と将棋の店を開設したのだ。ところが、とんでもない暇な店である…。

囲碁は趣味に止めて置くことに限ると今更ながら悟った次第である。駅前から移転した
現在の「青い屋根」は小さな店ですが、珈琲コーナーもあります。気が向いた方はぜひ一度
お立ち寄り下さいませ。伊丹市梅ノ木5−6−17 青い屋根 (友和クラブ)席主より
    
              [完]


タグ:囲碁
posted by てらけん at 11:30| Comment(1) | TrackBack(0) | Terakenの囲碁短編小説 | 更新情報をチェックする