◇ 世森友の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2012年08月10日

きのう作った。三本編みのトリックブレイドのブレスレット。

三本編みマジックができた。

この間、やっとできた三本編みに再度チャレンジ、少しもたもたしたけど、なんとか出来上がった。

今回は、15mm幅に裁断した革を二枚貼り合わせて、5mm間隔に二本の切れ目を入れて編みました。

さてと、次は色塗りだが…?、何色にしようか迷っている。


craft-3 003.JPG craft-3 001.JPG


posted by てらけん at 09:36| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

レザークラフトの体験ができるところ 『てらけんの革工房』

『てらけんの革工房』 一緒になって楽しもう(^0^)/。

皆さん、革工芸の小物作りにチャレンジしてみませんか、おなたのネームプレートとかオリジナルの小物作品。

その場でレザークラフトのknow-howを習いながら、本革の作品の完成までを体験できます。

道具・工具の使用、本革と取り付け金具等を含む材料一式と指導料込みこみで1000円ポッキリで楽しめます。

(ただし、飾り金具や留め金、250円以上する部品代は差額を別途頂きますのでご了承下さいませ^^)


体験工房2 001.JPG 体験工房2 003.JPG



posted by てらけん at 17:08| Comment(5) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

マスターの指導碁と囲碁を覚えたい人や弱い人が集まって楽しむ場所!。

火幼会・水幼会・木幼会・金幼会

囲碁に関してまだ幼稚だからと、引っ込み思案になる必要はありません。

ここは、弱い者同士だからこそ、わいわい楽しめる会なのです^^)。

『木幼会』が好評で定員の四名さまが楽しんで来ておられます。

そこで、火幼会・水幼会・木幼会・金幼会 と会を増やしました。

初心者でへたっぴばかりが集まって楽しく遊ぶ弱い者同士の会です。

参加料は、珈琲を飲みながらタップリ遊んで1000円ポッキリです^^)。

どの会も、午後の一時頃から始まりますので、どうぞお出で下さい。





posted by てらけん at 17:08| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

青い屋根のお隣さんからいただいたサナギが羽化しました。

黒いアゲハ蝶が羽化した!。

細い枝に糸を張ってぶら下がっているサナギをお隣さんから分けてもらってから、約二週間で羽化した。

いただいた時はサナギの中は液体のようだった。それが、黒くて大きくて美しアゲハ蝶の羽化に成功した。

この画像がお気に召した方は、右クリックをして、名前をつけて画像を保存してから、ご自由にどうぞ^^)。


sachi1 006.JPG  sachi1 005.JPG


クロアゲハ(黒揚羽・学名Papilio protenor)は、チョウ目・アゲハチョウ科に分類されるチョウの一種。

成虫の前翅長は45-70mmほどである。翅の表裏とも黒色で、裏面には後翅外縁に赤斑が並び、日本産のものに

は尾状突起がある。オスには後翅前縁に白い帯が見られる。この白い帯は時間と共に黄味をおびる。











posted by てらけん at 14:00| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

遅ればせながら…。宮本輝ニュース 読売新聞より!。

宮本輝ニュース 読売新聞より!。

YOMIURI ONLINE

「草原の椅子」映画化対談…宮本輝さん、原正人さん、teru-1-N.jpg

宮本輝さんの小説『草原の椅子』(新潮文庫)が映画化されることになった。

阪神大震災後の日本を舞台にした喪失と再生の物語を、

東日本大震災後に設定を変え、問いかけるものは――。

宮本さんとエグゼクティブプロデューサーの原正人さんが語りあった。


                つづきを読む<ENTER>






マイナビニュース エンタメより!。

宮本輝:原作『草原の椅子』が佐藤浩市主演で映画化--西村雅彦、吉瀬美智子も出演。

kyasuto-3.jpg

宮本が1995年に発生した阪神・淡路大震災で自身の家を喪ったことをきっかけに、

シルクロード6,700km、40日間に及ぶ苛酷な旅を体験。何もない荒涼とした大地を

前に人の生き方や品性などについてを考え、大阪を舞台に"人間力のある大人"を

描いたのが『草原の椅子』だ。

               つづきを読む<ENTER>


posted by てらけん at 17:09| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

伊丹図書館「ことば藏」の宮本輝ミュジアムの写真送りますとメールが来た。

宮本輝作品集のコーナー


伊丹市に出来た新設の図書館『ことば藏』 (個人的には、既存の図書館で十分と思い、新設の反対派でした)

青い屋根の常連のお客様のJIROさんから、メールで届けていただきました。

宮本輝先生の著作本がずらっと並んでおり作品集のコーナーは圧巻ですねぇ\(^o^)/。

『ことば藏』か、宮本輝先生の立派なミュージアムがあるから、見に行こうかなぁ(^o^)/。


teru-m1.jpg

teru-kotobagura.jpg

Kotobagura_Miyamoto.jpg



posted by てらけん at 16:50| Comment(7) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

BORO 不老不死な物語 http://8onpu.com をクリックします(^0^)/

『不老不死な物語』

BOROさんはデビュー33周年のライブハウスツアーを頑張っています^^)。

本日は30周年記念アルバムの中には、僕のお気に入りの歌、「不老不死な物語」「ニニロッソを聴きながら」

「月と星の物語」「大阪は王様」「ランナーの靴音」があります。その中からこの一曲をどうぞ^^)。



BORO



posted by てらけん at 09:51| Comment(1) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

Amazon.co.jp: 宮本 輝「にぎやかな天地(上) (講談社文庫)」発売のご案内!

『にぎやかな天地』の文庫本

※ にぎやかな天地(上) (講談社文庫)が2012年6月15日に発売されることを、ご案内いたします。




『勇気は自然に湧いて出てくる物ではない。自分の中から力ずくで えいやっ!

と引きずり出す以外にはない。臆病風なんて放って置いても、勝手に心の中を

しょっちゅう吹き渡ってる。必死になって引きずり出した勇気には世の中の色んな事を大きく

思いやる心と、その人の中に眠っていた思いも寄らんすごい知恵が自然についてくる物だ…』

と言う文章が印象に残りました。

発酵食品について詳細に書き込んでいますが、それが人の心や絆について重ね合わせずにはいられません。

ゆっくり時間をかけて熟成されたものこそが本物。モノでも人でも“本物”に出会いたいものです(^o^)/。






posted by てらけん at 13:09| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

大阪で生まれた女 (昭和54年) BORO デビュー33周年

   BORO ライブハウスツアー 

    大阪で生まれた女 (昭和54年) BORO踊り疲れたディスコの帰り

     これで青春も終わりかなとつぶやいて

     あなたの肩をながめながら

     やせたなと思ったら泣けてきた

     大阪で生まれた女やさかい 大阪の街よう捨てん

     大阪で生まれた女やさかい 東京へはようついていかん

     踊り疲れたディスコの帰り 電信柱にしみついた夜


   ボロの素晴らしい熱い歌を聴きに行ってやぁ〜(*'▽'*)♪


    boro-33.jpg







posted by てらけん at 18:11| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

2012年04月24日

『青い屋根』本日のびっくりゲストは@テルニストのユウスケさんが初来店!^^)。

星々の溜息。。。astres et toire

ユウスケさんは、「江川事件」の渦中に巻き込まれ、読売ジャイアンツから阪神タイガースへトレード移籍し、

「悲劇のヒーロー」として人気を得た。元阪神タイガースの投手の小林繁似と言えば彼は怒るだろうか…?。

ぼくから見た印象(タイプ)だから表現が気に入らなくっても今回は許してもらおう。

小林繁似と言っても、お顔は小さくて体型はスラリとして、人当たりの良さそうな優しさを漂わせている…。

とても好感度の高い青年でした(*'▽'*)♪。(本日のご来店に“感謝”ありがとうございました^^)

彼がさりげなく「はい、これ」と言って鞄から出して、ぼくにプレゼントしてくれたのが下の作品です。

蒼山日菜さんの切り絵教室に通っているだけあって、クオリティの高い見事ないい作品です(^v^)。

展示会に向けてのカリグラフィーと切り絵の例のテーマのコラボ作品、「頑張ってくださぁ〜い^^」

      Yusuke.K-01.jpg

帰り際に予想だにしない、とんでもない奇跡的なサプライズが起きて、感動のハイテンションになりました^^)。

ぼくは言いました。「ユウスケくんは、長い年月を辿って、今日こうなる運命だったんだよ^^」(きっと)

彼はこう申してました。。。「天にものぼる気分で、今夜は寝れないかも知れません…」(良かったね^^)

この幸運は、彼が持っていたのか?ぼくが持っていたのか?、斎藤佑樹(ハンカチ王子)に聞いてみようっと(´・д・^^)

posted by てらけん at 15:07| Comment(3) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

( ^ω^)_凵 どうぞ〜『青い薔薇』の写真をご自由にお持ち帰り下さい!。

Photography By Sakuo.M

お持ち帰りの際は、右クリックをして画像を保存してお使い下さいね^^)。

sakuo2012.04 386.JPG sakuo2012.04 404.JPG sakuo2012.04 406.JPG

『青い屋根と青い薔薇』 ← テルニストのお友達naruさんが作ってくれた「詩」です。


posted by てらけん at 11:04| Comment(2) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

『青い屋根』の目印は青いテントと星条旗 

Photography By Sakuo.M

アメリカの国旗が見えたら、そこが、喫茶店と小さなコミュニティーの『青い屋根』です。


日米珈琲株式会社 (ニチベイコーヒー)英文社名 NICHIBEI COFFEE CO.LTD.

『香り高いマイルドな味〜 選ばれたゴールドコーヒー』

素敵なくつろぎのティータイム、香り高く美味しいコーヒーは私たちに活力を与えてくれます。

私たち日米珈琲(株)は半世紀以上に亘りそのコーヒーを扱ってまいりました。

と、おっしゃている、日米珈琲(株)のゴールドコーヒーをお淹れして出しております。




写真に写っている車の進行方向に、阪急伊丹線の「新伊丹駅」があります。

反対方向は五合橋線の交差点でうどん屋と王たるキリスト教会があります。

宮本輝ミニミュージアムコーナーでは、先生の著作本から関連資料を常設しています。



ラベル:青い屋根 星条旗
posted by てらけん at 16:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

発表します。宮本輝氏の新作「田園発 港行き自転車」

富山舞台に絆描く 宮本輝さん新作小説 2011年12月01日 09:10

 文壇を代表する作家、宮本輝さんが本紙に新作「田園発 港行き自転車」を連載する。

新年元日から毎週日曜に掲載する。黒部市や入善町をはじめとする県東部を主な舞台に、

人々が絆を紡いでいく姿を描く。変わりゆく世の中にあって「変わらない大切なものを

支えているのは人間の絆であり、心の強さ」と語る宮本さん。

「長年抱く思いを富山という豊かな地で存分に書いてみたい」と意気込んでいる。

挿絵を手掛ける砺波市庄川町出身の洋画家、藤森兼明さんも「物語に寄り添いながら

紙面を飾っていきたい」と張り切っている。 


つづきを読みたい方はコチラからどうぞ!!


富山県外で新聞を購読される場合は郵送でのお届けになります。

ただし、東京都区部と大阪市の一部、金沢市、飛騨市、糸魚川市などでは配達もしています。

詳しくは北日本新聞社販売局へお問い合わせください。

          subscribe.jpg

宮本輝さんの新作「田園発 港行き自転車」が読めるんです。ワクワクして来ましたですね!!。



posted by てらけん at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

2012年のカレンダーを作りました。『青い屋根』のカフェコーナーより。

スリランカの夕映え!

ぼくの親友のスリランカのお坊さん、ニャーナ・ランカーラさんが、お国に帰ったときにデジカメで撮影しました。

Sri lanka.jpg

当店のご常連客、Mr.JIRO さんが、伊丹市瑞ケ池でデジカメ撮影した写真です。花も綺麗ですが青い空が最高です!

Jiro-photo 1.jpg

カレンダーの元画像 オリジナルサイズ:1500×881ピクセルです。中央にお気に入りの写真を入れて下さい。

Calendar0.jpg

このカレンダーをクリックし最大サイズにし、右クリックして画像保存してプリントアウトをして使って下さい。


posted by てらけん at 11:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

22日、明後日が待ち遠しいけど・・・、プレッシャーも!?

テルニストの皆さまをお迎えする準備が整いました。

二十二日(土)当日『青い屋根』にお越しになられるテルニストの皆さまに、ここで、ご挨拶させていただきます。

teraken こと、テラケンです。はじめて、お目にかかる方も、そうでない方も、よろしくお願い致します。

ほとんどの方が、遠くからお見えになりますので、最後まで楽しく過ごせるオフ会になるように願っております。

>>輝先生の講演会&オフ会の大成功を祈ってます。ってテルニストの書き込みを読みました。

「あぁ〜プレッシャーでカラダ全体がイップスになりそうだぁ〜」(^^)/

宮本輝フアンクラブ・テルニストの皆さまに、お座りいただくコーナーとアザレアの赤白の鉢植えをアップしました。

IMG_2739.JPG IMG_2740.JPG

店の照明を消して、デジカメでフラッシュの光で撮影しました。静謐な感じになりましたわねっ!?



posted by てらけん at 18:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

ようこそ!『文学のパワースポット』へ、いらっしゃいませ〜〜〜。

『文学のパワースポット』へ、ようこそ!

「宮本輝」は私にとって「現人神」なんです。百人百様と言いますが、誰が何と言おうとも、

いいものは、いいんです。ここに、写っている本たちは私のお宝の単行本です。

この中のどの作品でもいいですから、購入し手にとって読み始めてください!。

読んで見て心の奥底から、沸々と湧き出るものは何か?読後の余韻で満たされるものは?

酔いしれるものは?如何なる読後感に浸れるのか?輝ワールドの不思議なパワーを感じ摂れるか?。

解り易い文章で読み始めたらもう停まらない、理屈抜きで面白い深い!読書を楽しもうではないか!。


『宮本輝:著作 単行本 文学のパワースポット』

人が知りたいと思う「愛と生と死」について語り、ことさら難しく教え説くことも無いのに、いつしか…、

ただの水が血と成り、地を駆け巡る力を得たように…!。生きるパワーがじんわり湧いてくるのです。

Teru-world.jpg
Photo by Mr Nobu


posted by てらけん at 03:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

店内がいつも、こんな感じなら、うれしいなぁ〜!

やっぱり!読書の秋ですなぁ!

写真に写ってる手前の方は。『森のなかの海』を、次の女性は。『人間の幸福』で、

その前の男性は。『骸骨ビルの庭』を読んでいます。

わたしは。『ひとたびはポプラに臥す』第一巻を読み終えて、二の第五章「風の底」を読んでいます。

Tenpo-okyaku.jpg

当店のまずくないけど、おいしくないかも知れない、アイスコーヒーを飲みながら、読書をしています。



文壇の巨匠 宮本輝 文学の世界へ

『ひとたびはポプラに臥す』の第一巻「少年よ、歩き出せ」「麦の道」「麻雀を考えついた国」

「ターパンツィー」の一から第四章まで読み終えたところです。

Teru-book.jpg


「クオンペンフェイシェンシェイ」は、まじめにいっぱい笑わせてくれました。この長い旅のエッセーには、

歴史や専門知識はさることながら、落語のような滑稽さがふんだんにあって、何度も肩をゆすって笑いました。

万里の長城を築いたのが人間なら、この長編小説を書いたのも宮本輝という一人の人間なのです。

この小説を読んでいると、日常に感じる虚しさや、小さなことのこだわりが、すべてたいしたことではなく、

自分もこの宇宙の中で生きている。一人の人間であるということを思い知らされたような気がするのです。

何を大袈裟な、何を言いたいのかって思うでしょうけど、理屈抜きで読んでごらん、きっと何かが見つかるよ!。

『ひとたびはポプラに臥す』。第一巻から六巻まで絶賛発売中!!





posted by てらけん at 15:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

ご訪問のみなさま、いつもありがとうございます。

2011.08.08 『青い屋根』


《このはがきはご自由にお使い下さい》。

はがきに使用している画像はさくちゃんが、箕面で撮影したものです。「涼しそうでしょ」



posted by てらけん at 08:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

「青い屋根」違う角度から見てみる!

囲碁と将棋で遊べるところでもあります。

ちなみに、オーナーは巷の三段ぐらいの棋力です。以後の同好会の場をこちらで、設けませんか!?
「青い屋根」は南に面しておりますが、北側にも道路があり、ちゃんとした、入り口もございます。

Aoiyane-ura3.JPG Aoiyane-ura2.JPG Aoiyane-ura1.JPG
自動販売機に向かって右(南側)と左(北側)に出入り口がございます。画像は北側の出入り口です。

「あっ!こっちにも出入り口があるんだ」なんて、戸惑っていらっしゃる方も時々いたりします。
囲碁と将棋のセットを見て「あっ!珈琲を飲みたいんですが…」なんて、仰る方もいたりします。
「はい、どうぞ、まずくない珈琲をお出しします」「パソコンもある!?、面白い店ですね…!?」



posted by てらけん at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする