◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2008年04月06日

囲碁に興じる日々


巷の三段目指して!

「安永道場へ行ってみぃ」と言われ他の道場に他流試合をしに行くような気持ちに
なった。今まで遊ばせてもらっていた碁会所は席主もご高齢で間も無く店を閉じた。
そんな事もあって阪急伊丹駅前三階の伊丹囲碁センターに通うようになった。

始めて行った日は、どれくらいの棋力なのか解らなかった…。
弱い人の相手をしてくれる方が、入り口を入ってすぐの席を陣取り
待ち構えていた。店番のおばさんにその人と打つように促された。

初心者の登竜門のような相手で万年三級で碁を楽しんでいる方で、
棋力の弱い人に調度良い相手役で主みたいな方と初手合わせをした。
五級ぐらいと自己申告をして、私が黒で先番の互い戦で打った。

「強いね三級はあるなぁ」「…あっそうですか」何番打っても
勝ってしまう。今までめっぽう強い人と打ちつづけていたから
相手の石の形の悪さがよく見えた。ざる碁もざる碁とんでもない
石を取ったり取られたり終始喧嘩が絶えない内容の碁である。

通ううちに回りの顔とも知り合いになり、二級の方と打ったり
徐々に強い相手を選んで手合わせをして貰えるようになった。
いつの間にか初段クラスで打てるようになり碁が面白くて楽しくて
しょうがない。そんなある日、私が初心者の頃にふんどし担ぎと
こけにした。あの頃初段か二段で打っていた眉毛の濃いおじいちゃんと
何年振りかに対戦することになった。「強くなったらしいな打とか」

私は武者震いを抑えて席についた。「おねがいします」と会釈を交わす。
相手は軽く頭を下げた。まだ自信たっぷりの顔だ。私が黒石を持って先番である。
「パチッ」「パチッ」盤上に石音が響く。しばらく打ち進むと相手の棋力が解った。

相手はコウに持ち込むのが得意でどこでも、何でもかんでもコウにしてしまうタイプ
である。その棋風は以前にやくざの〇〇さんと打っている碁を見てこっちは知り尽く
している。大きなガタイの割にはちまちました碁を打つ人だった。終盤に入り執拗に
コウをけしかけられ往生したが辛くも勝った。続けて二局目は難なく勝ってしまった。

当時、私のことを「俺と打つのは十年早いわ」などとぼろくそに言っていた連中の
棋力ってこんなもんやったんや、弱いと思った。碁がちょっと打てるからと言って
偉そうに言うことはない上には上が居る。
いくら弱くても同じ趣味の仲間やないかと思った…。毎日のように安永道場へ行った。

そして何年か経ち、道場の月例の大会で三段と四段と五段三人と対戦して全勝し三段に
昇格した。この道場では三段で打ちなさいというお墨付きを戴いたのである。
同格の三段とは握りで打ち、四段とは先で打ち五段とは二子局で五目半のコミ出しで
戦うようになったのである。随分長い年月を掛けたが、ようやく巷の三段に昇格できた。

三段になった頃からゴルフの個人レッスンの仕事を始めた。そのレッスンの合間をぬって
碁会所通いの日々が続くのである…。そして、その後に囲碁好きがこうじて「友和クラブ」
という店名で囲碁と将棋の店を開設したのだ。ところが、とんでもない暇な店である…。

囲碁は趣味に止めて置くことに限ると今更ながら悟った次第である。駅前から移転した
現在の「青い屋根」は小さな店ですが、珈琲コーナーもあります。気が向いた方はぜひ一度
お立ち寄り下さいませ。伊丹市梅ノ木5−6−17 青い屋根 (友和クラブ)席主より
    
              [完]


ラベル:囲碁
posted by てらけん at 11:30| Comment(1) | TrackBack(0) | Terakenの囲碁短編小説 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
囲碁短編小説を読ませて頂きました。手ほどきを
受けた先生がやくざだったとは奇遇ですね…。
私の囲碁体験と重なる話も出てきて面白かったです。
Posted by 山田 at 2009年11月24日 08:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック