◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2008年04月06日

囲碁が面白くて楽しくて

囲碁が趣味の一つになった。

碁会所通いが日課になり、その日の買出しが済むやいなや遊びに行く
いつもの顔ぶれが集まり、おじいちゃん連中が楽しそうに打っている。
相手によって5子局だったり7子局で打ったりして相手をしてもらう。
ほとんど負けてばかりである、向かっていっては負ける、中にはこんな事を、
偉そうに「俺と打つのは十年早いわ」とか「ふんどしかつぎとは打てん」
などとぬかしやがる、むかつくけど弱いんだからそう言われても仕方がない。それでも、
打ちたくてしょうがない。相手をしてくれて碁が打てる事が嬉しく面白くて……。

5段位でめっぽう強い人がいつも窓際の席に陣取っている、振る舞いも
言動も紳士的ではあるが、実はやくざで叔父きと呼ばれている人である。
ある日、店の常連客であり私に囲碁指導をしてくれてた若い人とそのやくざと
手合わせをすることになった。強いもの同士の碁は息が詰まるような攻防があり
戦いは激しくどうなるのか迫力満点である、横で見ていても全然飽きない。

「碁の質が違う、相手は本格派や」「・・・えっ」と驚きと感心をした。
なかなか強い手を打つ人だと思って見ていたのに。そんな事を
言うとは・・・!? この人は相手の棋力を認めた上で打ち方を
学ぼうという気持ち向上心を持って打っているんやということを気付かされた。

やくざの○○さんは相手が弱くても手を抜くような一手たりとも絶対にしない、
だからおじいちゃん達がかかっていっても徹底的にこてんぱんにやっつけられる。
手を抜くような失礼なことはしないから、殺せる石は容赦なく殺して取る。
石を置いてハンディを貰っているにもかかわらず、ほとんどの人がみな負ける。
やくざの○○さんは強すぎて誰も快く打ちたがらない。みんな尻込みをするのである。

それで相手がいない時が多く、窓辺よりの方で好きな缶入りピースを吸いながら棋譜を
並べたりして時間を潰している。私は相変わらず弱く8級あるかないかだったと思う・・・。
そんな私に、やくざの○○さんが「打ちますか」と声を掛けて来た。「・・・エエッ」と
目が点になった。そして…

下につづく



それから二人が打つ場面を何度か見せてもらった。いつもやくざの方が先番で黒を
持って打っていたので。何気なく○○さん勝ったり負けたりしているけど、どうして交代
して白を持って打たないんですかと聞いた、するとやくざの○○さんは・・・。
こう言った
ラベル:囲碁 面白い 趣味
posted by てらけん at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Terakenの囲碁短編小説 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック