◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2008年04月06日

囲碁が面白くて楽しくて

囲碁が趣味の一つになった

「マスター碁、知ってるの」そう聞かれた私は、「うん、ちょっと」
と答えた。そして、ある日の昼過ぎ家に来てもらって碁を教えても
らう事になった。定石がどうのこうのと説明してくれるが、ちんぷん
かんぷん「あぁ〜〜」あくびをする始末。だんだん眠たくなってくる…。

何でも物が無くなると騒がれた時代があったその頃、碁盤と石と碁笥を買った。
私の店に買い物に来て居た客とふとしたことから麻雀で遊んでいた。近くの
会社の遼にお邪魔していた。麻雀仲間の一人が日向の出身できれいに穴が開いた
ハマグリを机の上に飾っていた。そのハマグリは碁石を作るときに開けたのだと、
3つの穴の説明を聞かされ、本ハマグリもほんまもんの那智黒の黒石ももうじき
無くなるやろな、手に入らなくなるかも知れんと言った。

何でも欲しがり屋の私は、新カヤの6寸碁盤に特大のけやき碁笥と日向のほんまモン
のハマグリ9ミリ、那智黒石の一式を買うことにした。当時の月給よりもはるかに
高額でその値段は…!


碁盤が27万、碁笥が3.6万、碁石が5.8万円もした。宝物の
ように感じた、余生はこれで優雅に碁が打てると想像を膨らませていた。

転地正目の自慢の碁盤で昼下がりの陽光が差し込む縁先で打つ碁は心地いい
楽しみな時間だった。何度か来てもらって教わっていた。そんなある日、
碁会所に行ってみようかと誘われた。場所は店の近所にあり知ってはいたが
中を覗いたこともなかった。そこは古家で玄関を入ると畳敷きの部屋に上がった。
横で見ているように促され、彼が打つ碁をただじっと傍で見ていた。

相手は2段ぐらい3子局(ハンデに石を3つ置いて戦う)で打ち始め一番目は
彼が負けた。「次は5目差で勝つから」と私にそっと耳打ちをしてきた。
相手が一手一手毎回力を込めて石音を大きくバチンバチンやるから、そのマナーの
悪さに怒り心頭でプッツンしている様子がうかがえた。
そして次の勝負は彼が言った通り、寄席勝負に持ち込み五目という僅差で勝った。

私に向かって“してやったり”の目でうなづいてから、あのおじいさんと打ってみたら、
とすすめられ、怖じ気付きながらも、初段ぐらいのおじいさんと碁会所という場所で
始めて実戦の碁を打った。勿論適当なハンデの石を置いて戦ったがボロボロ負けた、
相手は満面の笑みである。「悔しい…」次の日からせっせと碁会所通いが始まった。

下につづく


ラベル:囲碁
posted by てらけん at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Terakenの囲碁短編小説 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック