◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2019年06月28日

てらけんこと自称作家「寺沢憲重」が書いた小説たち!^^)。

 
 『リアルだが浅慮な創作』

 てらけんが筆名:寺沢憲重(てらさわのりしげ)で応募した作品たちです!。

 店が暇なのでその時間を有効に使おうと自伝的小説を書き始めたら……、

 書く楽しみ面白さにハマってしまい、趣味が高じて応募する気になりました!。

 あっちこっちに応募して結果的に落選した作品たちを公開しています!。

 ひとりでも多くの方に読んでもらえたら、とても嬉しいです!^^)。


      『暇だからこそ』


      『のっちゃん』


      『明日に託す』
     

      『けっ!くだらん』


      『挫折知らず』


      『落陽とリベンジ』


      舞台劇の脚本『おもろい刑事物語』


      『エキストラ体験記』


  少しづつですが読んで下さった方が増えているので励みになります!^^)。

 良かったとか印象に残ったとこや褒めるところがあったらコメントよろしくです!。


  
   売れもせず無名なのに作家だとのたまう人物がいるとしたら、

  よほどのアホか?怖いもの知らずか?自惚れが強いか?

  単なる目立ちたがり屋さんなのだろうか?……。








 
posted by てらけん at 12:02| Comment(12) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Izumi.Kさん
読んでいただいて、しかも、ぼくが想いを込めて書いた要所要所を
的確に捉えていただき誠にありがとうございます!!!^^)。
Posted by てらけん at 2019年07月16日 21:31
 小説をちょっとだけ見せていただきました。
夜中。おもしろそうで徹夜してしまいそうだった。
徹夜はきついので楽しみはとっておいて寝ました。ふふっ

「暇だからこそ」読ませて頂きました!一気に読んでしまいました。
もっちんの中国の話も面白かったですし、ウツの女性の話も心を打たれました。
何度も何度も繰り返して読みたいと思いました。

「のっちゃん」読みました。
 のっちゃん、泣けました。
深いな〜ってしみじみ思います。読み応えありました。
一気に読ませて頂きました。
はじめの青春時代のあたりは楽しく、すがすがしい感じで
ノスタルジックな雰囲気に酔いました。
後半、冬山の場面は凄まじい生き様。そして、まさかという展開に涙涙。
そして、最後に感動!
 あるがままとは「自分を否定せずに肯定する」ことだ。という所は本当に感動しました。
何度も読み返したい所です。のっちゃん大好きです。ハマります。
読ませて頂きありがとうございました。感謝します。

一気に二作を続けて読ませていただきましたが、ゆっくり一作づつ浸りたい気持ちです。
しっかり浸ってから、「けっくだらん」に行かせていただきたいと思います(^^)。
 
 私の中では、北日本文化賞受賞!です。そして、太宰治賞ももちろん受賞!です。

おぉ!「けっ!くだらん」を読むのが楽しみです!。 すごいですね!

今日は、ゆっくり「けっ!くだらん」を読ませていただきますね!楽しみです!
 読ませて頂きました😊
いや〜 カタルシス効果、大いにあります!浄化されました〜。
前半の田舎の情景が好きです。癒される感じで。
オニヤンマが最終章に登場するとは!
「最後に」は胸に染み込みました〜
読ませて頂きありがとうございました。

ちなみに、登場人物では、おじじが一番好きです。
子供の頃のけんちゃんも。
運が強いと信じることが人生を生きぬく秘訣といっても過言ではない。
という所には、感銘を受けました。
そうだ!って励まされました。
何もかも、目に浮かぶようでした!。


Posted by Izumi.K at 2019年04月10日 17:17
 Izumi.Kさん
>のっちゃん、泣けました。

そう言っていただけるととっても嬉しいです!。

>冬山の場面は凄まじい生き様。そして、まさかという展開に涙涙。

ありがとうございます。この小説の山場でした!。

>あるがままとは「自分を否定せずに肯定する」ことだ。という所は本当に感動しました。


そうですね、この言葉は自分自身に言い聞かせたことです。

>何度も読み返したい所です。のっちゃん大好きです。ハマります。

ほんとうに一番うれしい感想の言葉をいただき感激しております!^^)。

「けっ!くだらん」は、読了した後に、くだらないと
思わせないよと思って付けた題名で、ぼく自身の自伝的小説です。
お読みいただきありがとうございました!。よろしくです^^)。



Posted by てらけん at 2019年04月10日 19:17
Izumi.Kさん、読んでいただき誠にありがとうございます。
過分な感想を頂戴し心底嬉しく思っております。
書いてきた甲斐が在りました!。
書きたいことが浮かぶ間は書こうと思っております。
励みになりました。今後ともよろしくです^^)。
>私も読ませていただき感謝しています。FBのてらけんさんの文章には本当に凄いと思っていましたから。小説を書かれるとはどんな風になるのかと思いました。
 おおきにです。なんと嬉しいお言葉なのでしょう!^^)。
Posted by てらけん at 2019年04月10日 19:20
「挫折知らず」読みました!

日常会話なので、とっても読みやすくて、面白かったです!

これもまた、一気に読みました!ありがとうございました😊

第一章のご婦人の話も面白かったです。

90歳のおじいちゃんの話も良かったですし、
「うちのサイ」には笑ってしまいました!

第5章の農地改革の話は勉強になりました。

詐欺の話なんかは、へ〜ってそんな世界があるんだって興味深かったです。

最終章の酔生夢死は勉強になりました。

胃がんから大腸ガンで亡くなられた方の話はリアルで本当にお気の毒って感じ。
Posted by Izumi.K at 2019年04月12日 17:02
 Izumi.Kさん

読んでいただいて、ありがとうございます。

章ごとの印象を端的に伝えていただき、しかも、

ぼくが想いを込めて書いた要所要所を的確に

捉えていただき誠にありがとうございます!!!^^)。
Posted by てらけん at 2019年04月12日 19:11
「落陽とリベンジ」少し読みはじめました。

おもしろいですねー!
どんどん読んじゃうのはもったいないので、少しずつゆっくり読んでます。

今日は「落陽とリベンジ」の続きを読ませていただきますが、

週末はバタバタと忙しいので今日中に読めれば…いいなぁと思っています。
Posted by Izumi.K at 2019年04月13日 18:05
Izumi.Kさん

>「落陽とリベンジ」少し読みはじめました。
読み始めてくれましたか、ありがとうございます。
ちょっと長いですが、続きはお気が向いた時に
じっくりとお読みください、ほとんどノンフィクションです。
コメントが励みになりますのでよろしくです!^^)。

Posted by てらけん at 2019年04月13日 19:45
読ませていただきました!
超大作、まさにてらけんさんの流転の海ですね!
はじめの女性三人の方々の話は、本当に面白かったですし、
私自身が言葉に出来なかったモヤモヤをズバリ言葉にしてもらっているので
スッキリしました。

12章の看取りのところは、私自身、母も父も病院で看取ったので
緩和ケアの大切さとか身につまされる思いで読みました。

13章のクリスチャンの方の信仰心の強さには感動しました。
自分の信じる道をまっすぐに歩くということはすごい事ですね。

最後の方、騙されそうになり弁護士と一緒にお金を取り返すところとか、
本当にドキドキしました。
結果的には得したようでお金も戻って本当に良かった!
すぐに弁護士に相談した決断の早さが素晴らしい!

二日かけてですが、一気に読ませていただきました。
楽しかったです。ありがとうございました!
達成感があります!ありがとうございました!

Posted by Izumi.K at 2019年04月16日 16:08
 Izumi.Kさん
 読んでいただき感謝をしております。
「ありがとうございます」

>楽しかったです。ありがとうございました!
>達成感があります!ありがとうございました!

この上ない嬉しい褒め言葉を頂戴し喜んでおります。
また、各章について思ったことを述べていただき
大変ありがたく感謝をしております。
まだまだ頑張りますので応援よろしくお願いいたします!^^)。
Posted by てらけん at 2019年04月16日 17:08
てらけんさま、
お久しぶりでございます

小説ご執筆はなかなか精のいることで、敬服いたします。

本日、追手門学院大学の展示を見に行き、「伊丹公論」をいただいてきました。
てらけんさんのご寄稿、拝読させていただきました。懐かしかったので、爽やかな読後感に感謝いたしたく、お便りさせていただいた次第です。
また、先生のサイトへのご寄稿を楽しみにさせていただいております。

敬具
ありがとうございました
Posted by さつき at 2019年05月06日 23:05

 さつきさん
「伊丹公論」を読んでいただきありがとうございます。
>爽やかな読後感に感謝いたしたく、お便りさせていただいた次第です。
 嬉しいお言葉をありがとうございます。
小説の内容とか物語の筋とかに触れないで、作品の素晴らしさを伝えるように思慮しました。
 BTCでのさつきさんのご投稿を毎回楽しみにしています。^^)。

てらけん 拝

Posted by てらけん at 2019年05月07日 06:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。