◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2015年12月02日

追手門学院大学附属図書館『宮本輝ミュージアム』に行ってきました(^-^)/。


『宮本輝ミュージアム』展示品を見て参りました!。

【北側・展示】 @作家活動の始まり。

1977年デビュー作「泥の河」と「螢川」を相次いで『文芸展望』に発表。

「泥の河」で第13回太宰治賞、「螢川」で第78回芥川龍之介賞を受賞した。

この2作は1978年に発表された「道頓堀川」とともに「川三部作」として著者の代表作となった。

outemon2015.11.30.jpg


CIMG0155.JPG CIMG0157.JPG


CIMG0193.jpg CIMG0162.JPG


CIMG0163.JPG 2015.11.30-ken.jpg




posted by てらけん at 16:33| Comment(1) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最高の青空ですね。
青春時代にタイムスリップしましたか。
春に行ったきりなので、また行きたいです。
てらけんさん、立ち姿、座ったところも素敵ですね。
ほれぼれしますよ。(笑)

◎ 恵さん、おおきに、ほんまおおきにです^^)。
 褒められると伸びる子なので、よろしくです^^)。
ミュージアムはすっきりして落ち着きのあるいい感じでした。
今後もたくさんの人が訪れることを願っています^^)。。。


Posted by 恵 at 2015年12月02日 20:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。