◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2015年09月21日

忘れないようにメモ「C・G・ユング(心理学者)の本に書かれた名言」(^-^)/。


   「C・G・ユング(心理学者)の本に書かれた名言」(^-^)/。

   ◎ 「山へ登ったということは、山へ登って降りたということです。

   人生もよく似ていて、登った人生は降りることによって完成させなければいけません。

   山へ登りっ放しのことを遭難した、といいます」

   (C・G・ユング=スイスの心理学者)

   「人生は山登りに似ている。山へ登ったかぎりは降りなければならない。

   山に登りっぱなしのことを遭難したという。

   山へ登ったということは、登って降りたということ」

   これまで「山を登り続けよう」と張り詰めていた気持ちが、

   今では「飾らずに人生を下る」と気楽に考えられるようになったという。

    (武田鉄矢が語った言葉)


  2015.9.21teraken.jpg

        「C・G・ユングの名言!、とってもいい話だなぁ〜^^)」

















posted by てらけん at 17:28| Comment(1) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
お天気がいいですが、お家派です。笑
以前、何かの番組で「五木寛之」さんがおっしゃってたのですが、
登り坂は一生懸命で前を向いて行くのですが、下り坂は難しい、
足を滑らせても怖い、慎重に下らなければ・・というようなことを
言われていました。
最近、刺繍をしたら手の不調、運動したら足の不調と年を取るって
こういうことか・・と悲観していましたが下り坂なんですから
ボチボチ行くほうがいいですね。

◎ 恵さん、こんにちは〜( 'ω')ノ。
人生いろいろな考え方があると思うんですが…、、
ぼくぐらいの年になりますと、登るのも下るのもしんどいです^^)。
早い話が、若い時のように頑張り過ぎたらアカンのです。
まぁ、体力や筋力や老化現象で落ちてゆくものをなんとか支障を
きたさない程度に、ぼちぼち楽しみながら続けていきましょう。
チクチクも素晴らしい趣味だと思っています。
家事やその他のお仕事の合間、空いた時間にちょっとづつ楽しみましょう。
ぼくは最近レザークラフトを何にも手につかずにいますが、
また、何か作りたい作品が思いついたらやればいいと思っております。

Posted by 恵 at 2015年09月22日 12:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。