◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2015年01月13日

宮本輝:著『流転の海』シリーズの第六巻『慈雨の音』


      ※ テルニストの恵さんから、わざわざ届けていただきました。

        シリーズ『流転の海』〈第6部〉『慈雨の音』 に出てくる

       餘部鉄橋に関する資料です。

       浦辺ヨネの散骨と、育ててきた鳩を解き放つ場として、

       餘部鉄橋が二度も出て来て印象的でしたね。

      「余部鉄橋からクレオを放したんか?」……房江は訊いた。

      【注】小説の文中では餘部ではなく余部となっています。


   10392503_775598035857195_390171453341239356_n.jpg


   10386829_775598079190524_4451184266773903844_n.jpg


       棚の上から二段目に並んでいるのが『流転の海』シリーズです。

       第一巻から第七巻まで揃っています。

       第八巻の『長流の畔』は只今「新潮」に連載中です。

       この小説を読んでから読書の面白さにハマってしまいました^^)。

   10277790_1622036774682266_8213685460919146832_n.jpg

               画像をクリックしてミニミュージアムをご覧下さい!^^)。



posted by てらけん at 19:18| Comment(3) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アップしていただいてありがとうございます。
みなさんに見ていただけてよかったです。
『流転の海』再読します。

◎ 恵さん、こんばんは。
どうもありがとうございました。
たくさんのコメントもいただいております^^)。
余部鉄橋へ行こう!ツアーの話が盛り上がってます。
Posted by 恵 at 2015年01月13日 19:52
恵さん、とっても貴重な情報をありがとう。
また『慈雨の音』を再読したくなりました。
連載が始まった『長流の畔』もいいですよ\(*⌒0⌒)♪
また、お会いしてじっくりお話したいです。

てらけんさん、情報をアップしてくださってありがとう。
今年も青い屋根は情報の宝庫ですね(^_-)-☆

もっともっと輝先生の本を読み込むぞ!!!!!

◎ なるさん、コメントありがとうございます。
FBテルニストで盛り上がってますが、
余部鉄橋と鎧駅は皆さんとお弁当を持って
訪れてみたいですねっ^^)。

Posted by なる at 2015年01月13日 22:13
てらけんさんに渡したら、お店に置いて見てもらえると
思っていましたら、アップしていただいて、
すごい反響なんですね。
FBはリアルタイムでお話できるからいいですね。
お弁当持って、行ってみたいです。

なるさん、今度はお会いできるといいなぁ。
先生が悪戦苦闘されている4月からの連載、
どんなお話なんでしょうね。
楽しみですね。

◎ 恵さん、こんにちは^^)。
四月には『田園発・・・』が刊行されますし、
新しい連載が始まりますし、楽しみな春です。
ぼくにも花が咲く春が来るような予感がぁ〜^^)。
Posted by 恵 at 2015年01月15日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。