◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2014年10月28日

たまの休みを家でゴロゴロしてたらアカンと言うことで昆陽池一周散歩(^-^)/。


   「昆陽池をぐるっと回って来ました」 

 家を出てからまっすぐ北へ北へ勾配はゆるい登りです。国道171号線の手前の伊丹市役所前です。

 koyaike 005.JPG

 昆陽池公園の入口付近から撮った桜並木です。広場では工事をしてました。駐車場を作るのかな?。

 koyaike 007.JPG

  広場を横切り池の周囲に植林されている樹木の間を抜けて丸い水源池の淵に出ました。

 koyaike 008.JPG

  吹きすさぶ風で波打つ水面にカモがスイスイと泳いでました。ぜんぜん見た目とは違うなぁ。

 koyaike 009.JPG

  西岸方面から昆虫館を望む、ドーム型で白くお椀を伏せたように少しだけ写っています。

 koyaike 010.JPG

 池の水面を風が吹き抜け小さな波を立たせていました。はるか向こうは箕面方面の山並みのはず。

 koyaike 011.JPG

  草生地広場では子供が小川で遊んでました。市民の憩いの場として親しまれております。

 koyaike 012.JPG

  野鳥観察橋付近に着きました。白鳥が自然放養されているほか、カモ類、カモメ等の野鳥が飛来する。

 koyaike 013.JPG

  右にちょこっと写っているのが野鳥観察橋です。白鳥、カモ類、ユリカモメ等の野鳥の観察スポット。

 koyaike 014.JPG

  エサをもらえると思って近づいてきました。むやみにエサを与えてはいけないことになってます。

 koyaike 015.JPG

  こいつはエサをくれへんと判断したのか、ぷいっとあっち向いて離れていきました(≧∇≦)ー。

 koyaike 016.JPG

  白鳥が並んで移動中!。カメラを構えたおじさんに触発されて、ぼくも撮ってみました。

 koyaike 017.JPG

  上の写真と違うところはどこでしょう???。失敗してたらアカン思って同じ場所から撮りました。  

 koyaike 019.JPG

  静かな緑のトンネル、ふるさと小径(こみち)という名前です。地面が土のままがいいですね(^-^)。

 koyaike 020.JPG

  石でできたベンチ、その近くに慈円(1155〜1225)の歌碑があり、
  「ゑにかきて今唐土の人に見せむ 霞わたれる昆陽の松原」と刻まれている。
  名勝を見慣れた唐土(中国)の人に、今すぐにでも、絵に描いて見せたいと詠んでいます。

 koyaike 021.JPG

  大阪空港を飛び立つ飛行機から日本列島の形をした島を見ることができます。

 koyaike 022.JPG

  冬には渡り鳥がたくさん集まり、いろんな種類の鳥を見ることが出来ます。

 koyaike 023.JPG

  昆虫館の人口付近から撮りました。裏手に流れているせせらぎ、小さな滝から流れ落ちています。

 koyaike 024.JPG

  伊丹市出身でヤンキースの田中将大投手が、小学校の時、記念植樹した樹が植わっています。

  後ろに写っているのは。秋篠宮殿下・妃殿下が昆虫館に御来館記念に植樹をした石碑です。

 koyaike 025.JPG

  カラスが何羽か飛んでいたのですが、シャッターチャンスを逃してしまいました。実際は美しかった。

 koyaike 026.JPG

  ベンチの向こうにカラスが一羽、雲間から差す光、天使の梯子も見えたのですが、暗いですねぇ。

 koyaike 027.JPG

  ほんまは!、もっと明るくてええ感じだったのになぁ、逆光で撮るテクをさくちゃんに教わろうっと。

 koyaike 028.JPG

  これは、家の近くまで戻って来て、高い高い公務員宿舎をコンビニの駐車場から撮りました(^0^)/。

 koyaike 029.JPG

  以上、昆陽池一周デジカメ散歩に行ってきました。オリジナルサイズに拡大してご覧下さい(^-^)。

  この建物が立つまではご来光を拝められる場所があったのですが、現在は建物が邪魔で見れません。

     ◎ 歩いたコースは赤い線の池側の植林の間にある小径です。

      http://www.jognote.com/jogmaps/20197 (航空写真で見れます)







  
posted by てらけん at 08:50| Comment(2) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昆陽池公園ってすごく広いですね。
以前、昆虫館へ行って蝶が乱舞するのを見たことがあります。
野鳥が水際でのどかに戯れてるのも心なごみますね。
たくさん写真を見せていただいてうれしかったです。

◎ 恵さん、こんにちはヽ(^0^)ノ。
チョット風が強かったのですが、空は晴れてましたので
久しぶりに昆陽池を歩いてきました。
途中でジョギングやランニングをしている人に会いましたが、
思ったよりも少ない感じでした。
昆虫館は凄いですねぇ!ぼくも一度だけ入館したことがあります。
感動の景色をそのまんまカメラで撮るって難しいですねっ!(^-^)/。
Posted by 恵 at 2014年10月28日 10:40
てらけんさん、こんばんわ(^^)/

素敵な写真の数々、ありがとうございます♪
昆陽池ってこんなに大きいのですねぇ。
白鳥もいるし、アンの世界のような小径もあって、いい所ですね☆
私もフックのような犬を連れて
散歩に行きたいです(^O^)

◎ ヘイユウさん、コメントありがとうございます。
昆陽池公園は一周2キロの地道があり、静かで緑が多いです。
朝夕はウォーキングやジョギングする人たちが多いです。
池には鴨を初めとする野鳥が沢山いて、一角には昆虫舘があり、
昼間は家族連れやカップルで賑わってます。
とはいうものの、ぼくが歩いていたときは、人影はまばらでした^^)。
歩いたコースは赤い線の池側の植林の間にある小径です。
http://www.jognote.com/jogmaps/20197

Posted by ヘイユウ at 2014年10月28日 19:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。