◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2013年11月08日

田舎の先輩から教えてもらったユニット。ピエモンテルノ(とおりゃんせ)(^o^)/。

ピエモンテルノ1stAlubm(とおりゃんせ).wmv  野中Nさんのコテージでの野外ライブの動画。




[解説]ピエモンテルノ(旧とおりゃんせ)プロモーションビデオ(清水彩月& 表現太郎・ギター・歌)

2010年結成。2011年ファーストアルバムワタリガラスキッチンをリリース。

清水彩月の持つパンチの効いた抜ける歌声に、表現太郎の一風変わった歌劇的楽曲がマッチ。

ここに、どのジャンルにも所属しない不思議な「音色」と「表現」が誕生。

子供からお年寄りまでが、つい口ずさむノスタルジックな歌の数々。

とてもリズムカルで、ついつい踊り出してしまう愉快な楽曲。

どんな人にも隔たりなく通ずる普遍性を持つ音楽。それによって養われる豊かな感性と情操。

心身に良い音楽の原点がとおりゃんせに健在。さらに言うと、我が国の音楽の原点は「お経」西洋音楽の原点は

「教会の鐘の音」なぜかその両方の響きをベーススープに持つとおりゃんせの歌には、なにか知らない音にのせて

豊かに語っている辻説法のようでもあるのです。

 
2013年よりユニット名を「ピエモンテルノ」に改名

表現太郎の作るHP 「ピエモンテルノ」サイトチェック 激しく活動中 乞うご期待!(^o^)/。








posted by てらけん at 08:22| Comment(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。