◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2013年07月17日

「縁起を担いで三年目」 蜂に刺されて大騒動の巻 (^-^)/。

【蜂の怖さ】

よっぽどの用事がない限りは、滅多に店の方に電話を掛けてくることのない女房が、

蜂に刺されたと言って大騒ぎをして電話を掛けて来たのは、三年前の今頃だった。

「わたし、蜂に刺されるの二度目やねん、死ぬかもしれへん あぁ〜怖わぁい〜」

「今どき蜂に刺されるなんて、どんくさいやっちゃ、どこを刺されたんやぁ〜」

「右手の中指ぃ、、刺されたとき、ズキーン、ドーンとなって心臓がバッグバグしてん」

中指から手の甲にかけて、みるみる赤く腫れ上がり、心臓がバクバクし、過呼吸寸前状態で、

呼吸困難になって死ぬかも知れない恐怖で、怯えながら、半べそをかいて、電話をして来た。


随分昔にテレビのサスペンス劇場で、蜂に二度刺されるとアレルギー反応で死亡するケースが

あることを犯罪に利用したサスペンスを観たことがあり、その時以来、女房は、蜂に二度刺されたら

死ぬという知識を忘れずに、かたくなに信じていたのである。

「お前はもう大丈夫や、ショック死するんやったら、電話なんかする間がないわ、そうやろ、」

「……」

「とにかく、早う、トモちゃんに頼んで病院へ連れて行ってもらい、」

「うん、、そうするぅぅ、」

息子の嫁が運転する車に乗せて貰って、大田外科で治療を受けた。余りにも痛いと大騒ぎを

して訴えるので、アレルギー反応が出ないようにとステロイド注射をうって貰い、刺された

箇所に外用薬を塗って貰い、三日分の飲み薬と、ステロイド軟膏を貰って帰ってきた。

仕事を終えて家に帰ると、治療を受けた、女房はすっかり落ち着きを取り戻していた。

何をしていて、どうして、蜂に刺されたのかを問い詰めると、

「水を撒いててなっ、ゼラニュームの中へホースの先を突っこんだらなっ、中指になっ、

 ズキーンと来てん、心臓がドーンとなって、何が起こったんか分らへんかったぁ。」

「おっ、そ、そんで、どうしたんや」

「ゼラニュームの奥の方に、小ぃちゃい蜂の巣を見つけて、蜂に刺されたことが分ってん」

「毎日毎日、庭をいじって花を見てて、そこに蜂の巣があることも知らんかったんかいなぁ、」

「だってぇ、あんなとこに、、巣を作るなんて、知らんかったもん、、」


ゼラニュームの奥の方に小さな蜂の巣があるのを見つけて、殺虫剤を撒いてから巣を駆除した。

お前を痛い目に合わせた蜂の巣やけど、アシナガバチは巣を攻撃しない限り人を襲わへんのやて、

それやのに、いきなり水をぶっかけたお前も悪いわなぁ、ゴウヤもキュウリもナスもトマトも、

この蜂たちのお蔭で実が生ってくれてる。蜂が巣をつくる家ってのは栄える家だっていうし、

縁起がいいんや、この巣はもぬけの殻やけど、今日の出来事の記念にどこかに吊っておくか…。

あれから三年が経ち、小さな蜂の巣は鴨居のところにずっとぶら下がったままになっていたのです。

えっ、それで、縁起の良いこととか、幸運なことがあったのかって、「う〜ん…、いっぱいねっ^^」

楽しい出来事、嬉しい出来事、良き出来事に感謝を忘れず、日々過ごしております^^)。


蜂に二度刺されると死亡に至るケースを調べてみると、一度蜂に刺されて体内に抗体ができ、

次に刺された際に、その抗体が過敏にアレルギー反応を起こして「アナフィラキシー・ショック」で死亡する。

致死率は100%ではないが、年間30〜40人の死亡事故があるそうです。

蜂とツバメは、予知能力があるらしく絶対に危険な家に巣は作らないと言う。果たして幸運の巣なのか…!?。

蜂の巣が自分の家にできると、縁起が良いと聞いた事があるが、それは、蜂は子供をたくさん作るので、

子孫繁栄の象徴とされている。そして、「蜂」の読みは「八」と同じであり、末広がりを意味しているのだ。





posted by てらけん at 12:11| Comment(4) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
奥さま、重い症状でなくてよかったですね。
状況説明がなんともかわいいー八分音符

巣の抜け殻は今やお守りでしょうか。

◎ ようこさん、ようこそ^^)。おはようさんです。
蜂の巣の抜け殻は「青い屋根」のお客様との縁を祈願して
店内のどこかに吊ってあります。

Posted by ようこ at 2013年07月19日 21:23
蜂蜜に刺されたら針を抜かずに病院にいかないとだめなんですよね。
奥様こわかったでしょうね。

今度伺ったとき蜂の巣探そう♪

◎ 千津さん、こんばんは、
蜂の巣は、縁起物のお守りとして、店内に
ぶら下げてあります。
本日は、さくおさんのブログに書いていた
会の集まりでしたが、これなかったのですねぇ、
またの機会に是非お越し下さい。よろしくです^^)。

Posted by 千津 at 2013年07月20日 16:43
今日は遅刻してすみませんでした。
みなさんと歓談できてうれしかったです。
てらけんさんの暖かいおもてなし、ありがとうございました。
蜂の巣、どこかに吊ってあるんですね。
次に行った時にさがしてみようっと。

◎ 恵さんなにおっしゃいます。いつ来るか気になりながら
出たり入ったり、うろうろして駅方面を見ていたのですが、
すれ違いになってしまい、ぼくも、残念でした。
蜂の巣は、恵さんが座っていた椅子から、やや右斜め上を
見ていただいたら、目に付くはずです。
本日もお手間をお掛けして、おいしい手作りの品ものを
持って来ていただいて、ありがとうございました。
Posted by 恵 at 2013年07月20日 19:31
てらけんさん
本日は度々お邪魔し、お世話になりました。
店内に吊るしてある蜂の巣、探そうと思っていたのに失念していました。
次回は必ず見つけ出します。

それにしても、蜂の巣事件の描写はお見事で、感心致しました。
のぶちゃんが伊丹から居なくなって寂しくなっても、また寄せて
いただきますね(^^)

◎ べーすまんさん、きのうは先生への送迎の意を込めての
言葉を交わすことが出来て、ぼくも本当に嬉しかったです。
さっくすまんに変身する前に来てくれてありがとうございました。
教習が終わってからも、駆けつけていただき、感動しました。
面倒なことでも、すぐに行動に移すべーすまんさんにぼくも恵さんも
ようこさんも、すごいねぇと感心させられました。
幸運をもたらす蜂の巣のご利益か!きのうは幸せ感いっぱいの
いい日になりました。(感謝^^)


Posted by べーすまん at 2013年07月21日 01:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。