◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2013年06月21日

本日の嬉しかった事は…!宮本輝さんの大フアンになったというお客さん(^o^)/。

それは「ラジオ深夜便」がキッカケだった。

本日の正午過ぎに青い屋根に訪れたお客さんは、遠路はるばる横浜からわざわざお越しになりました。

そのいきさつはこうです。もともと何度かお見えになられたことのある伊丹市にお住まいのお客さんで、

以前に、宮本輝さんの小説のお話したことがあり、その方が読み始めたのが「流転の海」シリーズで、

現在「花の回廊」まで読み進み、今では、すっかり宮本輝さんのフアンになってしまいましたという方で、

もうお人方は、横浜からお見えになられた方で、ここから、「良」(りょう)さんと呼ばせて頂きますが、良さんが

宮本輝さんの小説を愛読するようになり、大フアンになったキッカケは、たまたま目にした「ラジオ深夜便」の

創作の源泉を語る宮本輝を読んでからでした。それまでは全く知らないと言ってもいいくらいだったそうです。

それからと言うもの、宮本輝著作の全小説を表にしてコピーし、まだ購入できていない何冊かは、赤い文字で書き、

読み終えた小説には日付を入れ、物語の舞台を把握するために、その国の地図やドナウ川の地図を買い求めたり、

登場人物がよく解るように相関図を書いてまで読むという凝り様で、並々ならぬフアンになってしまったのです。

社員を育成する立場にあるので、宮本輝さんの小説の名言や啓示を引用し、説く事が多くなったと語っていた。

前途した伊丹市のお客さんが、知り合いの良さんが宮本輝さんのフアンになっていることを知り「青い屋根」の

宮本輝ミニミュージアムのことを話したところ、是非とも行ってみたいと言うことで、今回実現したそうです。

紀伊国屋で購入することができたと言って、 宮本輝全短編上下巻を嬉しそうに見せて下さいました。

tannkoubon 001.JPG


posted by てらけん at 14:48| Comment(1) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遠方からのお客様、うれしい限りですね。
輝先生ファンが増えて、世の中がよくなるといいのにな。

◎ 恵さん、こんにちは。
輝先生の本の愛読者になり、心ひかれフアンになった方は
他の人にも、いいから読むようにとすすめているそうです。
嬉しいことですね。



Posted by 恵 at 2013年06月23日 10:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。