◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2012年12月21日

ほんじつは、孫が父と一緒にやってきました^^)。

「ケンじいちゃん ぼくも なんかつくりたい」

と、いうことで、カッターとハサミと接着剤と革の細い切れっぱしを用意して上げた。

その子の父と印鑑の事で、どうしても本人のぼくが銀行に行かなければならないので、

孫ひとりに、「マスターは銀行へ行っています。すぐに帰ってきます」というんだよと、

店の留守番を頼んで三井住友銀行へ出かけた。用事を済ませて、店に帰ってみると、ビックリ!^^)。

孫のはじめての作品です。真ん中は少し手伝って上げましたが、他は留守番をしながら作ったモノです。

「いったい何を作ったの」とは一切聞かずに「すごいなぁ、ええもんつくったなぁ」と。褒めてあげました^^)。

takesi 001.JPG takesi 003.JPG



posted by てらけん at 19:46| Comment(1) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ケンじいちゃん ぼくも なんかつくりたい」

この台詞にしびれました。
とっても可愛らしくてとっても偉大ですね。

「ようやく子どものような絵が描けるようになった。
ここまで来るのにずいぶん時間がかかったものだ」
というピカソの言葉を思い出しました。

いつまでも偉大な芸術家でいてくださいね♪♪♪
&一人でお留守番できて、えらかったね(^ω^)

◎ なるさん、すばらしいコメントありがとうございます^^)。
ブタもおだてりゃ木に登るって言いますが、そんな心境です。
えっ!?ぼくを褒めたんではないんですか?あっ孫のことねぇ、
子供の想像豊かなところを大事にしたいですね、
大人にはおよびもつかないことを思いつくんですねぇ^^)。
お留守番もちゃんとできました。
勿論ですが、お客さんは一人も来なかったそうです(ギャッハ〜^^)。

Posted by なる at 2012年12月22日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。