◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2012年09月07日

牛革のフィギャーカービングでビーグル犬「フック」の作品の完成でぇ〜す(^o^)/。

『フック』の額装が仕上がりました。 てらけんの革工房より、仕上げ作業工程。

本日は最終段階の仕上げの工程です。額装の縁(ふち)の角の切り口を斜めにカットしてピッタリ合わせます。

さていよいよ接着します。貼り合わせた時に接着剤がはみ出さないように、注意深く万能ボンドを塗りつけます。

作品と額装の接着面をあらかじめくっつきやすいように、革の表面を軽く削っておきます。

木目調の裏がくっつく木の面にもボンドを塗っていきます。はみ出したボンドが作品を汚さないように注意して、

額装の内側をベベラを使って丁寧に押さえながら貼り付けます。中側をしっかり貼りつけたら周囲を押し付けて、

手の平で圧力をかけて一気に貼り付けてしまいます。最後にひと角づつ切り口を合わせてきちっとくっつけます。

折り曲げてかぶさる部分の隙間がないように一遍づつ貼り付ければ、作品と額装の貼り合わせ作業の終了です。


fukk6 001.JPG   fukk6 003.JPG


最終仕上げは、色止め液を塗って乾燥させ艶出しニスを塗って終わりなんですが、その前に染料を慎重に選んで、

額装全体に染料をタンポンを使って、色に深みが増すように、まんべんなくこすり塗りをしてから乾かします。

フキサチ(色止め)液を塗って乾かし、塗りむらがないようにニスを塗って艶出しと表面の保護をします。

これでやり直しは出来ません…、年数が経つと、どのように色合いが変化するか?も楽しみの一つです^^)。











この記事へのコメント
フック、かわいい仕上がりですね。
今にもワンワンってかわいい声で
何か言いたげです。
今度拝見しますね。

◎ 恵さん コメントありがとうでぇ〜す^^)。
どうにかこうにかイメージしてたものが出来ました。
25年ほど前にやってたことですから、忘れてしまって、
色塗りは思案ばっかり手が何度も止まり…、眺めては
こうしたらいいかもぉ〜…と考えが湧いてきたら塗ってました^^)。
お待ちしています。よろしくでぇ〜す。


Posted by 恵 at 2012年09月07日 22:09
アーティスト テラケンさん♪
フックの表情や色は言うまでもなく
額装が素晴らしい!!
私も手作りが好きで、いろいろトライしてきましたが
皮細工は、実は材料キットを買ったものの手つかずで (^_^;)
習いに行きたいです〜

◎ 由香里さん、額は既製品を買っても、なかなか、作品と
しっくりこないので、今回は板とボードを切って、本革を
かぶせて、額装を作りました。
革は叩いたり、色塗りでこすったり、手を加えているうちに
伸びたりしますので、出来上がり寸法がピタッと合わせるのが
難しのですが、接着作業もうまく行き、いい感じに仕上がりました。

>皮細工は、実は材料キットを買ったものの手つかずで (^_^;)
 習いに行きたいです〜
いつでも来てください。教えたりおしえたりしてさしあげます^^)。

Posted by 由香里 at 2012年09月10日 08:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。