◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2012年09月04日

『彗星物語』を読みましたか?ビーグル犬の名前は「フック」です(^o^)/。

レザークラフト『フィギャーカービング』 

ところどころ、反省点と不満があるものの、どうにかこうにか、仕上げることができました^^)。


fukk3 002.JPG


宮本輝:著『彗星物語』第一章1より抜粋。この、アメリカン・ビーグル種の、今年八歳になる牡犬は、

自分を犬だとはおもっていないなと敦子は感じた。こんなにも、目に表情のある犬も珍しいとも思った。


※ この小説の参考になる。レビュー、アマゾンより抜粋。対象商品: 彗星物語 (文春文庫)

3世代の家族と留学生との一連のやり取りに何度も、笑いをつかれ、そして考えさせられ、涙しました。

家族というものの暖かさと、家族でいることの窮屈さと責任と、そして異文化交流。世代のギャップ、

文化のギャップを埋めたものは愛だった、、。ここに描かれた人間の感情をさらに鮮やかに写し出したのは、

愛犬の存在だった…。最後はとにかく泣いて泣いて。お勧めです。 (いいレビューですね、サンキュー^^)


この記事へのコメント
こんにちは。

すごく、上手ですね^^
フック?
マック?

レモンちゃんも、ぜひ〜(^0^)

◎ つよしさん、レモンくんもいいお顔してますからねぇ、
犬の場合は、似ているのかどうかが分かりにくいです^^)。
今回の作品は色塗りが難しかったです。
革の染料(ローパスパチック)は彩りも少ないし、何よりも
染料なので染み込みますから、やり直しがききません…^−^)。

Posted by つよし at 2012年09月04日 15:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。