◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2012年07月29日

ゴルフスイング、うちわを使ってイメージを高める練習^^)。

うちわを地面と直角にしたまま水平に振る。 ソールを地面と水平に振ると思って下さい。

うちわを地面と直角に持ってカラダのターンに合わせて左右に振って見ましょう!。

うちわの広い面がクラブのフェイス面の正しく通過する動きを解りやすくしてくれるのです。

ken-golf1.JPG ken-golf2.JPG

この動きは実際にうちわを持って、ソールを水平に振るつもりで横振りを何度もしてみて下さい。

やがて、サッカーボールが下にあると思って、うちわを振ってください、早く振る必要はありません、

ヘッドを水平に通過させるイメージとはどういうことなのか?そのコツをつかんで欲しいのです^^)。

地面と水平にヘッドが抜けていくイメージをスイングにシンクロすればシンプルなゴルフスイングの完成です。

早い話が、スイング論の全てを忘れて、プロのスローモーションの動画から、腕もシャフトも見ないで

ヘッドだけをじっと見ればいい。ヘッドの面と軌道を見極めたら、その動きを真似るわけです。

一から順に十迄を知ろうとせずに、十を知ってこそ、極意が得られるということです。

何でも、一からの積み重ねが正しい練習とは言えない例で、ピアノ教本でバイエルがあるが、その楽譜の中の

あるページがなかなか上手く弾けなくて次に進めない、ピアノ教師の指導を無視して、そこを飛ばして、次の

難しい上のページの楽譜を練習してみているうちに、そのページをそこそこ弾けるようなった。

そこで、上手く弾けずにつまずいていたページに戻ってやってみたら、簡単に弾くことが出来た。

と言う話である…。


           うちわを使ってスイングづくり

うちわを持たないで、手だけで地面と水平に動かす同じイメージを表現した場合の画像です。

teru-g1.jpg

実際のスイングのヘッドの軌道は地面から離れて高いトップの位置から降りてきて芝生を削りとりながら

通過し、地面から離れ、より遠くへ円を描き、フィニッシュに戻ってきます。これは当たり前ですが…、

それにプラス、ソールが地面をこすり往復している前出のイメージを加見して振るということなのです。


posted by てらけん at 19:10| Comment(1) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎日、暑すぎますね。

節電ということですが、エアコンだけは譲れません。
うちわを使った練習で上手になるんですね。
terakenさん、前掛けしてスイングしててなんだかおもしろいです。
(ごめんなさい)


◎ 恵さん、ほんとですね、家ではクーラーを
 めったに入れないのですが、2回入れました^^)。

帰ろうとしていたJIROさんに、ちょっと頼むわぁ〜
うちわを持った写真を撮ってもらうのに、慌てちゃって、
前掛けがそのままでした^^)。
うちわを振っている写真の動きも、ゴルフクラブを振る
動きもまったく同じなのです^^)。

Posted by 恵 at 2012年07月30日 20:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。