◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2012年07月16日

遅ればせながら…。宮本輝ニュース 読売新聞より!。

宮本輝ニュース 読売新聞より!。

YOMIURI ONLINE

「草原の椅子」映画化対談…宮本輝さん、原正人さん、teru-1-N.jpg

宮本輝さんの小説『草原の椅子』(新潮文庫)が映画化されることになった。

阪神大震災後の日本を舞台にした喪失と再生の物語を、

東日本大震災後に設定を変え、問いかけるものは――。

宮本さんとエグゼクティブプロデューサーの原正人さんが語りあった。


                つづきを読む<ENTER>






マイナビニュース エンタメより!。

宮本輝:原作『草原の椅子』が佐藤浩市主演で映画化--西村雅彦、吉瀬美智子も出演。

kyasuto-3.jpg

宮本が1995年に発生した阪神・淡路大震災で自身の家を喪ったことをきっかけに、

シルクロード6,700km、40日間に及ぶ苛酷な旅を体験。何もない荒涼とした大地を

前に人の生き方や品性などについてを考え、大阪を舞台に"人間力のある大人"を

描いたのが『草原の椅子』だ。

               つづきを読む<ENTER>


posted by てらけん at 17:09| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。