◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2012年07月05日

伊丹図書館「ことば藏」の宮本輝ミュジアムの写真送りますとメールが来た。

宮本輝作品集のコーナー


伊丹市に出来た新設の図書館『ことば藏』 (個人的には、既存の図書館で十分と思い、新設の反対派でした)

青い屋根の常連のお客様のJIROさんから、メールで届けていただきました。

宮本輝先生の著作本がずらっと並んでおり作品集のコーナーは圧巻ですねぇ\(^o^)/。

『ことば藏』か、宮本輝先生の立派なミュージアムがあるから、見に行こうかなぁ(^o^)/。


teru-m1.jpg

teru-kotobagura.jpg

Kotobagura_Miyamoto.jpg



posted by てらけん at 16:50| Comment(7) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
てらけんさん テルニストでのご紹介をありがとう
ございます(^−^)
てらけんさんのもとにさらなる幸が舞い込んで
きますように。

宮本輝コーナーに大感動でっす!!!!!!!!


◎ 五月山さん、いらっしゃぁ〜〜〜い^^)。
来てくれてありがとうでぇ〜〜〜す。
実は、図書館にはまだ行ってないんです。
知り合いがわざわざ撮って来てくれたんです。
メールで届いていた時は超うれしかったです^^)。
五月山さん、またお元気なお顔をお見せ下さいねぇ
また、気が向いた折にはコメントをヨロシクでぇ〜す^^。

Posted by 五月山 at 2012年07月05日 18:51
ご紹介、ありがとうございます。
素敵な空間ですね。
ぜひ、見に行きたいです。

◎ 恵さん、いらっしゃいませぇ〜〜〜^^)。
場所は分かっていますので、ご案内しますよ^^、
追手門大学へみんなとご一緒したように、オフ会の流れで、
みなさんとご一緒に見に行けたら最高^^ですね!。

Posted by 恵 at 2012年07月05日 19:35
凄い、凄い!圧巻です♪
空いているスペースは、今後のためですね!?
輝先生に、頑張って頂きましょう!
楽しみ楽しみ(^o^)v


◎ sakuo さん、
「しこくばいってきんしゃい 無事をいのっちょるけん」
伊予弁のつもりですたい、(笑^^)。
今度青い屋根に来た時にちょこっと図書館に行きまひょか^^))。。
「わたしを ことば蔵に 連れてって」
「さくお あまえてばかりで ごめんね・・・」(^d^)/。


Posted by sakuo at 2012年07月06日 06:10
てらけんさん 紹介して下さってありがとうございます♪
図書館の中に、こんなに素敵な場所があるなんて
伊丹市民が羨ましい〜
今度ぜひ案内して下さいね(^^)/

◎ 由香里さん、よろこんでぇ〜ゆかりさぁ〜ん ご案内 (^o^)/。
図書館ってタダで本を貸すところだから、作家さんにとっては複雑だよねぇ、
ある意味、商売敵的な面も無きにしもありゃせんですからねぇ(ゲッ^^)
何十円か貸し出し料を頂戴して、作家さんに還元すべきだよねぇ^^)。
新設には反対だったけど、壁一面に宮本輝作品集のコーナーを
設けてくれたから許す事にして、見に行きましょう^^)。

Posted by 由香里 at 2012年07月06日 14:53
ありがとうございます。
来月にはうかがえるかもしれません(^-^)
伊丹の友達の妹さんが早速ことば蔵に行ってらして、よかったそうです〜v(^-^)

◎ 五月山さん、ありがとうございます^^)。
ブログをやってますとコメントが嬉しいんです。励みになります。
「ことば蔵」図書館の宮本輝作品集の前で写真を撮りたいです。
輝先生の小説をずらりと背景にして、ドヤ顔でキメポーズをして
さくちゃんに撮ってもらいたいです。
ごいっしょに行けたらいいのになぁと思ってます。ヨロシクです^^)。


Posted by 五月山 at 2012年07月07日 18:40
てらけんさん おはようございます。お言葉ありがとうございます。
図書館は館内撮影禁止という決まりがありますけど、ついつい撮りたくなることがありますね(^^)
許可をいただいても、人が入らないように撮影しなければならないなどの制約があったりします。
おそらく、てらけんさんの御友人の方も内覧会のようなときか許可を受けられて撮影され
たのではないでしょうか☆貴重なお写真ですよね(^-^)
今や、全国の学校に自ら肖像権を守ろうとのポスターが貼られる時代になりました。
私もビックリしましたが、なぜそうなったかを考えなきゃいけないんですよね。
さくおさんはてらけんさん専属カメラマンに(^-^)どや顔もいいですが、
やっぱり自然な笑みがお似合いです。

◎ 五月山さん、あらまぁでございますよ、世間知らずと言いますか(笑^^)、
図書館にそのような規制があるとは、常識なんでしょうけど、知りませんでした^^)。
こんど、行った時は、カメラをカバンに入れて、カバンに穴を開けて、
隠し撮りをしなきゃいけませんねぇ、何か(失笑^^)怪しいねぇ^^)。


Posted by 五月山 at 2012年07月08日 09:09
てらけんさん、それはほんまに怪しすぎます。青い屋根が予定外の休日になってしまったら、えらいこっちゃですやん(^^)

◎ 五月山さん、ホンマにほんまでんなぁ、
係りの人に、本棚の前に立って、写真をとってもいいかを、
聞いてからにしましょう。
とりあえず、あの写真を撮って来たJIROさんに、撮影の
許可はどうしたんやと、訊いてみます。(^0^)/。
五月山さん、前もって教えてくれて、ありがとうです。
また、コメントよろしくでぇ〜す^^)。。。



Posted by 五月山 at 2012年07月08日 17:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。