◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2012年04月01日

作家の田辺聖子先生のご自宅のお隣さんの境界に咲く「ミモザ」


これが、錦繍にでてくる花木です^^)。

宮本輝の小説、「錦繍」を読んで、ミモザ(ミモザアカシヤ)に魅せられた方も多いかと思われます。

「人間は変わっていく。時々刻々と変わっていく不思議な生き物やなぁ」

「お前は優しい子やから、きっと幸せになる」物語に出てくる父の言葉が印象に残っています。

楽天ブログ「偐万葉田舎家持歌集」の けん家持さま作のミモザに関する二句をご紹介します。

hana114.jpg hana115.jpg


posted by てらけん at 13:25| Comment(4) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
春が来ましたねぇ〜!テラケンさん、お元気そうですねっ!

んっ?…遠くに星条旗が…。
今の季節の、あの通りはこんな感じなんですねっ。
って、あの時はバタバタしていて全く覚えてないんですけど…
今度、伺った時は落ち着いてしっかり焼き付けておきます。
たぶん、白いお花もたくさん咲いてくれてますよね!

次回は…「マスターいつものお願いしますっ!」と言いますので
また、美味しい(笑)珈琲をヨロシクでっす!

くれぐれも、お身体ご自愛下さいませ。


小春さん、春ですね、小春さんがぼくのブログに
来てくれました。これぞ、小さな春が来たぁ〜ですね。^^)
春が来た春が来たどこに来た、山に来た里に来た、ここに来たぁ〜
春が来ると、何か新しいことが始まるようなワクワクした感じが
心の奥底から湧いてきます。
美味しい珈琲をどうぞ!。白い花が咲いている頃にお出で下さい^^)。


Posted by 小春 at 2012年04月01日 14:50
キレイですね〜☆☆☆
(^^)♪

リーコさん、こんばんはです。(^^)♪
黄色い花は「錦繍」にでてくるミモザです。
今年初めてデジカメで撮りました。
背景に写っているレンガ造りの建物は作家の
田辺聖子ちゃん(ちゃんでなくて先生)のご自宅です。
毎夕日課のトイプードルの散歩をよく見かけます。
その名のとおり、おもちゃのぬいぐるみのように
可愛いいワンちゃんです^^)))。

Posted by リーコ at 2012年04月02日 21:01
はじめまして。
楽天ブログ「偐万葉田舎家持歌集」の「けん家持」と申します。
貴兄ブログを訪問させていただくこととなったのも、「ご縁」で
ありますれば、これからも交流させていただければ、嬉しく存じます(笑)。


◎ けん家持さま、はじめましてです。
通称アンポンタンのてらけんです。
さっそく、けん家持さまの楽天ブログを喜んでリンクを
させていただきました^^)。
ぼくは、宮本輝先生の大フアンの一人です。
氏の著作には翻訳版が多々御座いますが、ミモザで触れた
「錦繍」は現在10カ国以上に翻訳されている有名な小説です。
是非ともご購読をお願いいたします。
これをご縁に今後ともご交流のほどよろしくお願いします。

Posted by けん家持 at 2012年06月04日 14:38
宮本輝「錦繍」は、小生が未だ学生であった頃から今日まで続いている
「若草読書会」で、かなり以前に取り上げて、皆で読んだことがありました。
読書会のメンバーの一人が貴兄同様に宮本輝のファンであったということもあって、
彼の推薦で取り上げたものでありました。
しかし、直ぐに忘れてしまうのが得意のヤカモチ、もう内容の方は頭の外のようです(笑)。
偐万葉田舎家持歌集をリンク下さり、有難うございます。
自宅から伊丹空港辺りまで走ると(自転車で)、一日仕事となりますが、
以前、友人と二人で銀輪周遊したことがあります。
猪名川沿いの道や翠ヶ池、昆陽池などグリーンベルトの歩行者専用道もあって、
伊丹は自転車族にはまあまあいい町です(笑)。


◎ けん家持さん、おはようございます。
やっぱり!「錦繍」をすでにお読みいただいてましたか…^^)。
現在、改めて購読してみると、「錦繍」は熟成期間を経ていますので、
また違った発見と感動があるかと思います。^^)。
宮本輝先生のフアンの方々がちょくちょく遊びに来てくださいます。
中には、高石から電車で、また、豊中から自転車を飛ばしてくる方も居ます。

>伊丹は自転車族にはまあまあいい町です(笑)。
お褒め頂いて恐縮です。ちなみに昆陽池から南下すること、
10分ほどで当店に到着できます。ずっと下りですから(^o^)/。


Posted by けん家持 at 2012年06月04日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック