◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2012年04月03日

アンコールアワー!Photography By Sakuo.M & Teraken 合作のドッキリ。

『約束の冬』 

【第二章から引用】

それまで毎日の習慣だった寝酒をやめて四年がたつ上原桂二郎は、……(はしょって)

桂二郎は……ヒュミドールからコイーバのランセロを出し、シガーカッターで吸い口を切ると、

極力小さくしたライターの火で葉巻の先端をあぶりながら、……風変わりなたたずまいを見つめた。



『約束の冬』の再読中なのだが、桂二郎が葉巻を吸うダンディ振りに憧れを感じるなぁ〜(格好ええなぁ)

桂二郎になってみたくて、葉巻をくわえてみました。(青い屋根のマスターはパーでんねん^^)

ギャグってる場合やない、続きを読まなきゃ『雪迎え』?知らんかったぁ、いつか、見たいなぁ。。。

「君子の交わりは淡きこと水の如し」から「小人の交わりは甘きこと醴の如し」と続くらしいのですが、

すぐにネット検索でこの意味を調た。勉強になりますね!。「交わりとは、う〜ん、なるほど…なるほど」


テラケンの一発ギャグ!!  桂二郎の真似をして葉巻をくわえてニッコリン^^)

Ken-img02.jpg

「宮本輝の文学の世界」に浸った挙句の感想がこのような表現では変だよおかしいよと思うでしょうけど?

小説の中にあるモノ伝わって来るモノ読者を惹き付けるモノ、感じたこと全てを四字熟語で表現したかったのです。

宮本輝の小説にハマってしまい片っ端から読んだらこんな感じになってしまった!…。早口で読んで見てね\(・o・)/。

わーい(嬉しい顔) 前代未聞、空前絶後、抱腹絶倒、驚愕仰天、奇想天外、波瀾万丈、陰徳陽報、起死回生、壮大企画、破顔大笑、

魑魅魍魎、古今東西、笑門来福、天神乱漫、天下泰平、天津甘栗、合縁奇縁、相思相愛、笑ってよろしくです^^)。

 「笑い過ぎたら、苦しいでっせ、腸捻転とか過呼吸にならんように、気い付けてやぁ〜^v^」



TERAKEN MEMO 【以逸待労】(いいつたいろう、逸を以て労を待つ)は兵法三十六計の第四計にあたる戦術。

これは我が方が局面の主導権を握ることの重要性を示す語である。

posted by てらけん at 10:48| Comment(4) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
笑いすぎました。
葉巻、あこがれますが・・いい香りがするのかな。

恵さん、おはようございます。一発ギャグ、我ながら傑作です!!!
抱腹絶倒、前代未聞、驚愕仰天、奇想天外、波瀾万丈、
壮大企画、破顔大笑、天心甘栗、笑って元気、笑ってよろしくです。




Posted by 恵 at 2012年02月15日 22:01
『約束の冬』
イイお話です。
これ以上、イイ人たちが出てくる小説は無いのではないかと思えるくらいに。

自分も少しずつ再読等々しています。
今は『優駿』^^

四字熟語見て笑いました。
20代前半の頃、理想の女性を四字熟語でって話が出て…
容姿端麗・眉目秀麗・冷静沈着・頭脳明晰・一顧傾城・雲中白鶴
明眸皓歯・窈窕淑女・仙姿玉質・閉月羞花・人面桃花・純情可憐・
天衣無縫・自由奔放・・・などと、14個並べた言葉遊びをしたものです。
(内容。矛盾だらけですが、それが若気の至り?^_^;)
今でも、スラスラ言えますよ♪

とにかく、寒暖の差激しいです。
お身体、大切に☆

ユウスケくん、ご無沙汰ですみませんでした。
コメントを書き込んでいただき嬉しかったです。
「色白熟女」とか「好色淫乱」とかは出なかったでしょうか^^)。
真面目な学生さんは、こんな下品なことは言いませんよねぇ。

四字熟語は前代未聞の面白いギャグ画像が出来ました。と、
だけ書くつもりでしたが、つづいて本末転倒が出てきたら、
もっと書きたくなって、思い出せないものも調べて、書き並べ
ました。笑っていただければ“大成功”です^^)。

Posted by mysticlaw at 2012年02月16日 22:54
これからは囲碁の師匠とお呼びせねばなりませぬ・・
大役をおおせつかったのですね。
知らないということとほんの少しでも知ってるというのは
雲泥の差があると思います。
ちょっとかじったら、そこからどんどん広がることがありますものね。
私もまだまだ知らないことがいっぱいあって、時間との勝負かもしれません。

恵さん、こんにちはヽ(^0^)ノ まずは、3月10日は来て下さいね。
囲碁の師匠だなんて勿体無いことです。恐れ多いことではございますが、
楽しくご一緒できることが、うれしくって、ぼくも一生懸命です。

「気の向くまま、風に流される事、雲の如し」そうやって、今まで
あれもこれもとかじってまいりました。(器用貧乏 日本一^^)
最近は、何と言っても小説を読む楽しみを知ったことが大きかったです。
その延長線上に今があります。
皆さんとの繋がりを大事にしたいと思っています。ヨロシクでぇ〜す。




Posted by 恵 at 2012年02月20日 10:12
ご無沙汰しています。
葉巻お似合いです。
テラケンさん面白すぎです(笑)

ハイビスカスさぁ〜ん、こちらこそ、ご無沙汰で
すみません、輝先生の『約束の冬』の上原桂二郎の
真似をして葉巻をくわえているんです^^)。
見に来てくれてありがとう。よろしくどぇ〜す。
テルニストになんぞ!?書き込んでくださぁ〜い。



Posted by ハイビスカス at 2012年03月02日 19:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック