◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2012年01月15日

宮本輝 新連載 『田園発 港行き自転車』 もう既に、引き込まれています。 

北日本新聞に連載中!!。

【富山舞台に絆描く 宮本輝さん新作小説】

 文壇を代表する作家、宮本輝さんが本紙に新作「田園発 港行き自転車」を連載する。

新年元日から毎週日曜に掲載する。

黒部市や入善町をはじめとする県東部を主な舞台に、人々が絆を紡いでいく姿を描く。

変わりゆく世の中にあって「変わらない大切なものを支えているのは人間の絆であり、心の強さ」と

語る宮本さん。「長年抱く思いを富山という豊かな地で存分に書いてみたい」と意気込んでいる。

(これは、2011年12月01日の北日本新聞の記事から引用したものである。)


        Teru-shiryou01.jpg

(小説を通して入善町の素晴らしさが全国に発信されることは私たちの自慢。と米沢町長が新春の会で…)


この「田園発 港行き自転車」連載がキッカケで、北日本新聞の購読を申し込んだ、宮本輝フアンクラブ、

テルニストのメンバーのyumeさん、大阪BINさんから、わざわざメール便で届けて頂きました。。

おかげで、第一章の1と2を読むことが出来ました。ありがたく、嬉しいことだと感謝をしております。

連載の新聞や関連記事は Teru.Miyamoto Mini-museum の展示物として、大切に直してあります。




posted by てらけん at 16:00| Comment(1) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も早く読みたいです。
21日に行けると思いますので、読ませてね。

恵さん、はいはい、もちのろんですよ。
TERUミュージアムは来て見てもらってこそ嬉しいんです。
あれからも、いろんなお宝が増えているんですよ(ウフフッ)
皆さんのご協力のお陰なんです。感謝感謝ですねぇ…。。。

Posted by 恵 at 2012年01月15日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック