◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2011年12月01日

ふちも額も全部が革で出来ています。レザークラフト3作品

フィギャーカービング

来る日も来る日も毎日々。トントンコンコン、レザークラフトに没頭していました。セカンドバッグにベルト、

手帳カバー、キーホルダー、鞄、ティッシュケースカバー、様々な財布、たばこケース、スリッパ、etc…。

レザーカービングとは、革に彫刻を施すことです。

革は 湿らせると軟らかくなり 細工がし易くなります。そして その性質を利用して、革を湿らせておいて、

スーベルカッターでカットをしたり、刻印で革の表面を叩き凹ませ立体感を付け、図柄や絵を定着させます。

『フクロウ』1989年

img014.jpg


『ブルドッグ』1989年

IMG_2827.JPG IMG_2828.JPG


『ツバメの親子』1989.09

tubame01.JPG tubame03.JPG tubame02.JPG tubame04.JPG tubame05.JPG

カービングは1.6mm~2.0mm厚の革を使って、カットしたり、工具を使って叩いたりして、作品を表現します。

カービング・フィギャー 革工芸は小物からバッグまでなんでもオリジナル作品が作れます。

TERAKENのレザークラフト講座 初心者から上級者まで 。





レザークラフト
posted by てらけん at 09:44| Comment(1) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テラケンさんの温かいお人柄が伝わってくる作品ですね!
『ツバメの親子』…子供達の為に、餌を運んでくる親と
口を開けて無邪気に待っている子供達…。
1989年頃の…イケメンのご子息とテラケンさん
…のイメージですね(笑)
新しい作品も是非、拝見したいです。

イヤ〜ッ!小春さん。おはようございます。terakenです。
最近、レザークラフトを再開したいなぁと思うのですが、
材料の本革は一枚の広さは畳、一枚半ぐらいの大きさで
三万円以上するのと、音がゴンゴン、ドンドンとでるので、
お客様に迷惑かなぁ?工具道具材料を出したり片付けたりが、
いちいち、手間だなぁ?とかで、踏ん切りが付きません…(笑)
2,3点、作りたいものはあるんですが、いつとっかかることやら???
今年は早かったような…!楽しみが一杯あったよな…!
2011年もあとわずかです。お元気で行きしましょう。
コメントに感謝!!また、ヨロシクです。





Posted by 小春 at 2011年12月04日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック