◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2011年11月28日

記録として残しておこうかな?1998〜1999までの10ヶ月間。

世森 友のパステル画

以前に書いたものですが、写真で残っていたものを思い出の記録としてアップしました。

期間は10ヶ月余りと短かったのですが、思い起こせば色んな絵を描いていましたですねぇ…?

鉛筆画4B2Bを使って描きます。Kim Anderson(キム・アンダーソン)のカレンダーを模写したものです。

tera-016.jpg

兎年のご夫婦へのプレゼントとして、うさぎを描いたのがキッカケになり、何パターンかを描きました。

tera-020.jpg  tera-019.jpg  tera-018.jpg  tera-017.jpg

静物画は絵を描く基本かな…?パステルの持つ柔らかな表現の魅力や描く楽しさを生かした「静物画」です。

tera019.jpg  tera021.jpg  tera024.jpg  tera023.jpg


スペース・ピボットに個展していた時のスナップです。 ガラス箱の中はジュエリー作家の姪っ子の作品を展示。

tera020.jpg


ラベル:パステル画
posted by てらけん at 16:24| Comment(2) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>この絵は、塚口駅前の〔塚口さんさんタウン3番館5階〕space PIVOT(スペース・ピボット)で
一週間の個展をした時に展示した50作品の中の一つです。

その個展の様子なんですね。
すごいです。
terakenさん、俳優さんみたい。かっこいいです。
姪っこさんはジュエリー作家さんなんですね。
芸術一家ですね。

うさぎさん、ほのぼのしててかわいいです。

恵さん、ありがとうございます。そうなんです。その時の
写真が出てきたのと、プリンターが壊れまして、エプソンの
プリンターを貰ったんです。二日掛りで動作するようになりました。
スキャンもできるプリンターなのです。それで、出てきた写真を
スキャンして、その画像をブログの更新に使うことになったのです。
残っている絵がわずかで、絵を直接写すことができないのが残念です。


Posted by 恵 at 2011年11月28日 21:56
teraken MEMO
Kim Anderson(キム・アンダーソン)のカレンダーを模写した絵について。
キム・アンダーソンの「キッズのキッス」カレンダーの写真を気に入っている方から、
是非とも大きく描いて欲しいとの依頼を受けて描いたものです。

鉛筆と綿と消しゴムを使って描くのですが、男の子の帽子のフエルトと
女の子の帽子の生地の違い、男の子の靴の合成革と女の子のエナメルの靴の違い、
女の子の銀髪や大きな水玉のスカーフの捲き具合、そしてブーケの表現が上手く
いったように思っています。同じように今は描けないでしょうね。
(黒色部分のベストが白く反射しているのは写真のせいで残念です。)


Posted by teraken at 2011年11月29日 08:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック