◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2011年11月22日

teraken自作のパステル画 1999年「朝もやのゴルフ場」

『朝もやのゴルフ場』 1999.

もうじき、ティーアップです。朝もやの中を陽が差してまいりました。今日はいい天気になりそうです。

池越えのショートコース169Y P3。手前の池の水面は朝靄がかかり温泉の湯気のように揺らいでいます。

アーチ型の石造りの橋をわたって行きます。ラフの芝は濡れていて、グリーンも湿って白く光っています。



Teraken0.jpg

img06.jpg

以前に紹介いたしました。阪急伊丹駅Reita(リータ)のエスカレーター二階の壁に飾ってある絵です。

上の画像が、描き上げた時のもとの色彩の画像です。パステル画はスプレー式のフィキサチーフという

定着液を軽く吹き付けることで、触れても色落ちしないように、色止め液を使って仕上げてあるのです。

あの場所は西日がまともに当たりますので、現在は色褪せたり色が消えたり色彩が変化しています。

設置する時に西日が当たって色が変わるおそれがありますがいいですか?と言われましたが、構いません、

自然光による色の変化を任せましょう!と迷うことなく即答したことを覚えています。じっと眺めていると、

長い年月の光の作用によって、アーティスティックに変貌し、その絵から不思議な感覚が伝わってきます。



ラベル:パステル画
posted by てらけん at 17:17| Comment(1) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵なパステル画ですね。
terakenさんはいろんな腕をお持ちです。
お話も楽しいし、魅力的な方ですね。

terakenより、恵さんへ、日本一器用貧乏って
このあいだも、誰かさんに言われました です。
大阪弁でいうところの、イッチョかみってやつですねっ。
一つだけ言えることは、その事に夢中になる時期が
あったということと、その間はおおいに楽しんだと
言うことです。最近、レザークラフトをまたやり始め
たいのですが、本革が高くなっていて、考えています。


Posted by 恵 at 2011年11月23日 20:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック