◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2011年11月13日

青い屋根 南側に置いてあった看板の移動…

昨日のいいこと!!

店舗の外回り、南側の窓辺に立て掛けてあった看板が気になっていました。

看板に貼ってある写真も色褪せたので新しい写真と張り替えました。そして、看板を掲げる位置も変えました。

店舗右端の窓の妨げにならない位置に設置する事が出来ました。元あった場所がスッキリしました。

ついでに、レンガの壁と下を水洗いしました。濡れているときのレンガの色がしっとりとしていて好きです。

もうひとつ!いいことがありました!!。

【Bassman さんのBTC投稿文より抜粋】

>今日、初めてテラケンさんのお店にお邪魔しました。豊中からチャリンコで伊丹のお店まで約30分、思い立った

>のが夕刻だったため、夕闇迫る中、地図を頼りにようやく、豪邸が立ち並ぶ一角にあるお店に辿り着きました。

>テラケンさんと、先生に対する熱い思いをぶつけ合い、とはいっても情報量に勝るテラケンさんに対し、

>私は殆ど聞き役でしたが・・・先生が不味いと評されたというコーヒーを美味しくいただき、また、

>宮本輝ミュージアム伊丹分室かと思える展示物の数々に感嘆し、気が付けばかなりの時間が経過しておりました。

>本当はそろそろ店じまいと思われていたでしょうが、長時間に渡り暖かいもてなしをいただき、テラケンさん、

>本当に有難うございました。

(Bassmanさん、このようにBTCに書いていただき誠にありがとうございます。)


私から個人的なお礼文をBTCで書き込むのは気が引けますので、こちらからお礼申し上げます。

昨日は、BassmanですとHNを名のっていただいたときは、えっ!、大変嬉しかったです。大変遠いところまで

オープンの踏んだらベンツ(自転車)でお越し頂き恐縮で御座います。聞き役に廻らないといけないぼくの方が

一方的に喋りすぎたようですね…、今度来られましたら上手な聞き役に徹したいと思います。(出来るかなぁ?)

近いうちにお越し下さいませ、宮本輝氏の小説についてのお話を色々お聞かせ下さい。お待ちしております。


IMG_2781.JPG IMG_2784.JPG

IMG_2780.JPG bara.jpg

お店の前の通路が心なしか広くなったように感じスッキリしました。白い薔薇はあなたのために盗んできました。

posted by てらけん at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック