◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2011年10月26日

青い屋根へようこそ! 「いらっしませ〜〜〜」

Welcome to the blue roof ! (ようこそ 青い屋根へ)

KEN-koharuyori.jpg
 ○ 「いらっしゃいませ〜〜〜」

 ○ 「お飲物ですか、はい、日米のゴールド珈琲を淹れましょう。」

 ● 「ホットねっ」

 ○ 「どうぞ、そちらに、お座りになって、ごゆっくり・・・。」

 ○ 「宮本輝の小説は好きですか?」

 ● 「泥の河、蛍川、青が散る、錦繍などを読んだことがあります。」

 ○ 「ほんまですかぁ〜、ぼくは、流転の海を読んでから、もう虜ですわぁ」

 ● 「ここにあるのは、宮本輝の小説ばっかりですねっ」

 ○ 「そうです〜どうぞどうぞ、どれもいいですよ〜!おもしろいです。」

 ● 『流転の海』『地の星』『血脈の火』『天の夜曲』『花の回廊』『慈雨の音』

 ○ 「単行本は飾って眺めてるんです。その文庫本はこちらにありま〜す」

 ● 「マスター、読書・・・好きなんですねぇ」

 ○ 「えっ、まぁ〜この歳になって、読書すきになるとはねぇ!」

 ● 「な、なんでまた、どの小説がおすすめですか?」

 ○ 「いや・・・どれって・・・!。流転の海シリーズを読んでみてっ」

 ● 「ほ〜う!並んでる、これやな・・・」



               TERAKEN MEMO

 今夜はバーバーの「弦楽のためのアダージョ」をバーンスタイン指揮、ロサンゼルス・フィルハーモニー

 管弦楽団の演奏で聴くことにします。

 ちょっといっぱい飲もうかなぁ。バランタインの17年物がまだちょっとだけ残ってるんだよね。

 壜の底に3センチほど・・・。うん、飲みきってしまおう。 (2011.10.13 03:00)



ラベル:青い屋根
posted by てらけん at 14:41| Comment(1) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうはお写真と同じ笑顔で迎えていただき有難うございました。
で、またまたお店の一角を占拠。。。
先日のスナップを、あ〜でもない、こ〜でもない、と
悩みながら並べる作業の、なんと楽しいこと!!

そして、そして、突然のご来訪が♪
贅沢なこと、この上もない1時間でございましたm(__)m
(皆さん、すみません〜)

また、明日伺いますね♪

terakenです〜BINさん、何度も足をお運びいただき、
お世話をお掛けいたしました。昨日は驚喜驚喜しましたね。
「あっ!疾風のように現れて疾風のように去って行く、月光仮面だっ!!」
(ちょっと・・・古すぎましたです・・・かな???)

きょうも、二人で、楽しんで、あれを完成させましょう。
(果たして!?よろこんでもらえるでしょうかぁ〜〜〜)


Posted by 大阪BIN at 2011年10月29日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック