◇ 世森友のラッキー名言 ◇      
        :幸福だから笑えるわけではない、むしろ、笑っていることが幸福なのだと言いたい。       
        :笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は、不機嫌な顔をした人より長生きする。
        :叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
        :人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
        :人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
        :ネガティブフィードバックこそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
        :大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。

2011年09月18日

店内がいつも、こんな感じなら、うれしいなぁ〜!

やっぱり!読書の秋ですなぁ!

写真に写ってる手前の方は。『森のなかの海』を、次の女性は。『人間の幸福』で、

その前の男性は。『骸骨ビルの庭』を読んでいます。

わたしは。『ひとたびはポプラに臥す』第一巻を読み終えて、二の第五章「風の底」を読んでいます。

Tenpo-okyaku.jpg

当店のまずくないけど、おいしくないかも知れない、アイスコーヒーを飲みながら、読書をしています。



文壇の巨匠 宮本輝 文学の世界へ

『ひとたびはポプラに臥す』の第一巻「少年よ、歩き出せ」「麦の道」「麻雀を考えついた国」

「ターパンツィー」の一から第四章まで読み終えたところです。

Teru-book.jpg


「クオンペンフェイシェンシェイ」は、まじめにいっぱい笑わせてくれました。この長い旅のエッセーには、

歴史や専門知識はさることながら、落語のような滑稽さがふんだんにあって、何度も肩をゆすって笑いました。

万里の長城を築いたのが人間なら、この長編小説を書いたのも宮本輝という一人の人間なのです。

この小説を読んでいると、日常に感じる虚しさや、小さなことのこだわりが、すべてたいしたことではなく、

自分もこの宇宙の中で生きている。一人の人間であるということを思い知らされたような気がするのです。

何を大袈裟な、何を言いたいのかって思うでしょうけど、理屈抜きで読んでごらん、きっと何かが見つかるよ!。

『ひとたびはポプラに臥す』。第一巻から六巻まで絶賛発売中!!





posted by てらけん at 15:05| Comment(6) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はい、「青い屋根」のアイスコーヒーは、はっきりいってまずいです。


てらけんよりのぶちゃんへ。

それはどうも、ご常連さんからのご忌憚の無いご意見を真摯に受け止めて、
今後、より一層の喫茶道に精進して参りたいと思っております。

ひとつ言える事は、飲んでも、腹痛や下痢にならないことを保証いたします。

「クオンペンフェイシェンシェイ」
「中国ノ旅ノトチュウデ、飲ンダラ、オイシイト、感ジルアルヨ」。


Posted by のぶちゃん at 2011年09月18日 12:12

暑い時でも、いつも通りの、ホットコーヒーをお願いしますね。


てらけんよりさくおさんへ。
は〜い、かしこまり〜ご贔屓に、明日は祝日なので、営業してま〜す。
Posted by sakuo at 2011年09月18日 21:33
働き者のテラケンさん、こんばんは!

お客様が、みなさん輝先生の作品を読んでいらっしゃるって…
素敵なお店ですね。
でも、アイスコーヒーは…○○○のですね(笑)
そちらに伺いましたら、頂いてみたいと思います(怖いもの見たさ的感覚で…)

お休みなしで、お疲れの事と思いますが…
くれぐれも、お身体ご自愛くださいませ。ご無理をなさいませんように…。


てらけんより小春さんへ。
>素適なお店ですね。 ってありがとうございます。
テルニストの方が何名かいらっしゃってくれてますが、
入店して実際はどう思っていらっしゃるのか・・・!?
「素適ないいお店ですね」と、言った人はいないような…(笑)

少しづつ少しづつ、宮本輝超プチミュージアムコーナーを
めざしております。コーナーに関連したものを飾れるように
したいと考えております。小さい店ですからレイアウトが
難しいです。宝物の本を見て楽しめるようにしたいと思ってます。
展示中のさくちゃんの写真が大変好評で癒してくれています。




Posted by 小春 at 2011年09月19日 22:43
テラケンさん、まいどっす!
ミニミュージアム、最高ですね(^O^)
次回うかがったときは、
「ホットコーラ」をいただきまっす!
(^^)/~~~

てらけんより一朗さんへ。
ちょっと石碑の写真で参加して貰ってます。
いつものことだけど、事後報告でゴメンね。
ホットコーラーですか、かしこまり〜でぇ〜す。
裏から出て、自動販売機で缶コーラを買ってと、
片手鍋にそそいで、沸騰する前に火を止めて、
コップに移して、「ハイどうぞ」完璧やん!?。
Posted by 一朗 at 2011年09月21日 18:33
のぶちゃんのコメント、日付がおかしいよ!

Posted by のぶちゃん at 2012年12月12日 12:12

よろしく哀愁♪

酔いどれ親父さん、お気づきになりましたかぁ〜^^)

あのコメントは、ぼくにとっては「クオンペンフェイシェンシェイ」からの
啓示のような言葉なのです。

現人神の内なる警鐘の声として忘れないように…、(チョット大袈裟でしたか^o^)
下の方に埋もれて、どこへ行ったか解らなくならないように、時々読めるように、
TOPに移したのであります。(記念すべき、面白くて笑えるコメントでしョ^^)


Posted by 酔いどれ親父 at 2012年02月20日 23:47
テラケンさん初めまして。野中Nさんからお噂はかねがね。このブログは初訪問でどうなってんのか分らないところもありで、Nさんが七尾市から羽咋市に来られたら色々訊くつもりで楽しみです。
「蛍川」を仏訳したフィリップさんの一人息子はフランスの高等音楽院でチェロをやっていて、金沢・ぶどうの木の社長の本さんからアイパットの映像便りを見せていただいたばかり。国際的に活躍するテェリストにでも成長されたらいいなあと思っています。では、また訪問いたしますので、こちらのブログもよろしく。虫人(むしんど)

◎ 中田虫人さん、こんにちは。
早速コメントをいただきまして、まことにありがとうございます。
虫人さんは素晴らしい夢のある活動をなさってますね(^-^)/。
それから、プロフィールを拝見してぼくなんか足元にも及ばない
素晴らしい経歴の持ち主なのだなぁとリスペクトしてしまいました。
ぼくも、趣味程度に色々やってきましたが、どれもこれも、域には
達っせず中途半端で終わっております。
そちらのご活動で多種多様なアーティストのご活躍をかげながら
応援し有名になって欲しいと、願っております。
今後とも宜しくお願いいたします。 てらけん拝

Posted by SpaceTAKI 中田虫人(むしんど) at 2013年11月07日 13:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226519894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック