◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2011年08月31日

amazon.co.jp 2011/08/31 PM13/11 『慈雨の音』

慈雨の音−流転の海第6部

喫茶「青い屋根」に、新潮社「新潮」に、連載の『慈雨の音(流転の海 第6部)』が配達されました。
父、松坂熊吾、妻房江、一人息子の伸仁、昭和を力強く生きた一家を描く大河小説、待望の最新刊!!

このような配送用の袋を見るのは初めてです。 中は、本をいためないように波状でやや粘着性があります。

IMG_2585.JPG IMG_2586.JPG

「人は真摯に生きるとき、諍いの刃を受ける。しかし己が春の風となって微笑めば、相手は夏の

雨となって訪れ、花を潤す。」この帯の惹句に心がふるえました。(フアンの声より引用)


Teru-book1.JPG

「流転の海」「地の星」「血脈の火」「天の夜曲」「花の回廊」「慈雨の音」全六部が揃ってるって、嬉しいですね!。


あなたに真剣におすすめします。流転の海のシリーズを一部からじっくり読んで下さい。…何かが始まります。

心が満たされたり、感情豊かになったり、人生の啓示になったり、勇気が湧いたり、洒落た娯楽性を楽しんだり…etc。





 
この記事へのコメント
「慈雨の音」いいですね。
私は5部まで読み返してから、ゆっくり詠むことにします。
今は「約束の冬」を再読していて、気がつかなかった言葉や
場面をいろいろ想像しながら、楽しんで読んでいます。

てらけんより雑草さんへ。
『慈雨の音』大事に袋に入れてしまってあります。
もったいなくって、いつ読もうかまだ決めてません…。

「約束の冬」よかったです。格好のいい大人の世界観を
ご堪能して下さい!!。女にもてるいい男によろしく。
Posted by 雑草 at 2011年08月31日 15:06
こうやって並べてみると、重厚で圧倒されます。
あと三巻、楽しみですね!
今回も、サ○○は入るのかな?
超貴重なシリーズですので、大切にしましよう!


てらけんよりさくおさんへ。
ありがとうございます。宝物です。
大切にしま〜す。
いつの日か、じっくりと再読をする。
そんな思いを楽しんでます!!。
Posted by sakuo at 2011年09月01日 07:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック