◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2011年07月30日

伊丹上空から望む昆陽池、瑞ヶ池

ナイスキャッチですね!!

これほど、きれいに、昆陽池、瑞ヶ池を旅客機から、デジカメで撮れたなんて信じられません。
この画像は私たちが大好きだったこと、の友人である一朗さんのブログから拝借しております。
我が家も『青い屋根』も判別できませんが、この写真のやや左上の方に位置します。

By.ichiro.jpg

宮本輝:著『彗星物語』の舞台、昆陽池、天神川の近辺で城田家は眼下中央のやや右辺りでしょう。

『彗星物語』の大家族の笑わせたり、泣かせたりのどたばた劇が思い出されます。「あっフックだ!」

これはおもしろいおすすめの一冊です。これを読んで宮本輝が好きになった。読者も多いようです。








posted by てらけん at 14:07| Comment(2) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テラケンさん、まいどっす!
伊丹上空写真、掲載ありがとうございました。
飛行機の窓から阪急伊丹駅を探していたのですが、
見つけることができなかったので、
昆陽池に絞ってシャッターを押しました。

伊丹空港は思い出深い場所で、1990年に
「独り、ドナウの旅人」に飛び立った空港なんです。
もちろん、アンカレッジ経由でフランクフルトまで飛びましたよ。
上空からの伊丹市街はかなりの回数、見てると思います。
住みたい街です。
Posted by 一朗 at 2011年08月05日 14:28
てらけんより一朗さんへ
承諾も得ずに勝手に使わせてもらっています。
見事にキレイにタイミング良く撮れていますね。
あの写真は「彗星物語」の舞台とピッタリです。

「毒Tシャツの会」輝先生も交えて実現すといいですね。
ある時は小熊吾、そしてまたある時は小伊佐男、謎の男、
その実態は、宮本輝作品を熱く語る一朗さんは最高です!!。
Posted by teraken at 2011年08月05日 15:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック