◇ 世森友の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2011年07月21日

わざわざ、遠くからお越し頂いたテルニストのお二人さん!!

テルニスト最高!!

午前9時から11時過ぎまで、喋った、語った、楽しかった、面白かった、三人だけのオフ会。
宮本輝の小説に関して語らしたら、日本で一、二位を争うお二人ですから御執心の程が伺える。
どの小説でも登場人物の名前が、お二人の口から次々と出てくるので、感心させられてしまう。
「花の回廊」で寺田権次というやくざがおったな…で、何で?二人一緒に半笑いで、ぼくを見るの!?
「血脈の火」では観音寺のケンというやくざがのぶちゃんを可愛がっとったなぁ…。(で、大笑い)

「慈雨の音」八月のいつかな?待ちどおしいねぇ。あれって「じうのおと」かな?「じうのね」かな?、
謎の男がどっちかなぁ?なんて言い出した。「いつく(しむ)あめのおと」とは誰も読まないだろうから、
音読みで揃えると、「じうのね」ってことになるよなぁ!?そうかなぁ?「おと」やと思うけどなぁ…。
まっ!早く、これ食べようや、雑草さんの差し入れのりんごケーキ「おっ、これうまいわ〜」(ペロリ)/


Aoiyane8.jpg

posted by てらけん at 12:39| Comment(2) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テラケンさん、こんばんは。
昨日は、ありがとうございましたでなぁし。
がいに楽しかったでなぁし。

これからは「観音寺のケン」と呼ばせていただきます。
大阪さんもおおきに。

輝先生にはお会いできなくて、残念でしたが、
ほんとに楽しい時間でした。

あの後、とおやまさんですっぽん雑炊(最高です)をいただき
、雑草さん(りんごケーキ、最高!)と、
甲東園(ええとこですね)を散策しました。
その後、宮本輝ミュージアムで「骸骨ビルの庭」展を楽しみ、
京都から一路、宇和島へ。

さくおさんと合流し、「地の星1日目」をすごしました。
ありがとうございました。

Posted by 一朗 at 2011年07月23日 01:51
てらけんより一朗さんへ、
遠いところへ、お越しいただきありがとうございます。
旧友と会ってお話をしているようで、青春時代の感覚で
楽しい時間を過せました。BTCで輝先生の書き込みがあり、
一朗さん、そして次が私と、書き込みがつづいています。
輝先生の小説と同じ場所で、素適な星空を眺めて下さい。

『観音寺のケン』は「血脈の火」に出てくるやくざですね。のぶちゃんと
仲が良かったですね。のぶちゃんは、踊り子の西条あけみさんにも
可愛がられていたり、奥能登のど田舎の小学3年の純粋無垢なぼくで
は体験できない環境ですよね。で、『奥能寺のケン』と呼んでね!?



Posted by teraken at 2011年07月23日 08:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック