◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2011年07月19日

君は読んだかな!?宮本輝:著『骸骨ビルの庭』

第13回司馬遼太郎賞受賞作『骸骨ビルの庭』 宮本輝:著
現代人が失った純粋な生き方が、今、鮮やかに甦る。
すべての生きとし生けるものへ贈る、感動の長編小説。

劇団文化座公演133回 2011.6.16〜6.26 俳優座劇場にて公演終了。

読書の楽しみってこれだよなぁ、あぁ良かったって…、読後の余韻に浸れる小説です。

骸骨ビルの庭(上) [単行本] / 宮本 輝 (著); 講談社 (刊)骸骨ビルの庭(下) [単行本] / 宮本 輝 (著); 講談社 (刊)

宮本輝フアンクラブ・テルニストのlemonheart333 LEMON HEARTさんのtwitterつぶやきより。

宮本輝著「骸骨ビルの庭」子供たちの成長と幸福を祈りつづけること、魂の底でそれを感じとる子供たち。

言葉でなく安部轍正と茂木泰造という現存在そのものこそが、人生の糧となった子供たち。

僕の心にゆっくり沁み込む作品でした。(いいね!いいね!この寸評、端的なのに深イイ手(グー)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック