◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2011年07月12日

宮本輝:著『にぎやかな天地』(上)角長に行って大桶を見てみたい!!

『にぎやかな天地』

テルニストで、僕は宮本輝文学を通して、いつも成長させていただいてます。の書き込みを読んだ。
今では、宮本輝文学の世界の作家のみならず、全ての作品に感動し、心酔しきっている私が居る。
『にぎやかな天地』で次から次と出てくる専門的な話の内容に引き込まれ、様々なことを学んだ。


Teru.bungaku.JPG

しかし、何かを願って、それを求めて、一時間や二時間後に、どこかから降って湧いて来るわけでもない。
願いつづけ、求めつづけ、そのための辛労を尽くしつづけたとき、三年後、五年後、十年後、二十年後に、
天はそれを思いも寄らぬ場所から差し出してくれる……。〈富貴、天にあり〉とは、そのような意味では
ないのかと思った。だとしても、天とはいったい何なのであろう……。   (第五章329Pより引用)

『にぎやかな天地』


この記事へのコメント
この本を読んで発酵という時間の必要性がよくわかりました。
食べ物はもちろんですが、人間も少しずつ発酵して熟成して
一人前になるんですよね。
その時間が今は待てない、そういう時間を大切にしない、
費やさない人が多すぎると思います。
いつまでも子供なんでしょうね。
Posted by 雑草 at 2011年07月13日 14:26
てらけんより雑草さんへ
そうですよね、いつから人間は利便性ばかりを
求めるようになったのでしょうね。
ゆっくりとした時間も大切なんですよね。

〈富貴、天にあり〉ってtotoBIG もそうなの!!
辛労を尽くしつづけてないからダメかなぁ…??
Posted by teraken at 2011年07月13日 17:58
おもしろい本 たくさん 読みたいなぁ 
こちらの本 まだ 読んでいません。
最近 本が 読めてないです。
小説同好会(名前検討中
Posted by 村石太マン at 2011年07月15日 22:05
てらけんより村石太マン さんへ、
こんばんは。始めましてですね。ヨロシクです。
宮本輝に心酔しているてらけんです。
流転の海を読んで以来、読書にはまっています。
読書をするなら宮本輝文学をおすすめします。
>>小説同好会で、交流の場を共有しましょう。

Posted by teraken at 2011年07月16日 02:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック