◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2011年06月30日

宮本輝:著『優駿』これは!絶対に読まなきゃ。

『優駿』下巻を読み終えました。

Teru-Win.JPG

【解説】       岩波 剛

読む悦びを心ゆくまで味わった。最近ほかに類がないほどに。といってストーリーの面白さだけではない。
一瞬、胸をしめつけられ、にじみ出る涙をおさえかねる時もあったが、思わず吹き出さずにはいられない
所もある。生まれてきてすみませんと言いかけた後に、生きていてよかったと感じさせる。爽やかで苦く、
寂しくて楽しく、心のひだに深く届いてくる長編である。(読み終えて私もまったく同感の思いだった)

「やっかみだな。ほっとけばいい。人間は、他人の努力というものを出来るだけなおざりにして、ただ
運だけのせいにしたがるもんや。千造さんが、どんな夢を抱いてハナカゲを作り、ひょっとしたら夜逃げ
するはめになるかもしれないのを覚悟でオラシオンを作ったか、なんてことは、誰も知ろうとはせんのや。
吉永達也の牧場で預かってもらわんかったら、あんな丈夫な馬には育たんかったやろうし、砂田重兵衛という
調教師のスパルタ教育がなかったら、オラシオンのスピードも根性も鍛えられんかったやろ。運の裏側に
あるもんを、他人は見ようとはせん」(終章 長い流れより、和具平八郎が渡海博正に言い聞かせる台詞)

『優駿』




この記事へのコメント
読むスピードがどんどん上がってますね。
私はやっとオレンジの壷を再読終わりました。
歴史に弱いから大戦とか勉強になります。
いろんなことを考えさせられる本でした。

さくおさんのところで笑いましたよ。
ボーと・・座布団1枚(笑)
Posted by 雑草 at 2011年07月01日 19:24
てらけんより雑草さんへ〜〜。
ありがとうございます。ぼくのダジャレジョーク
笑ってくれてうれしいです。「オレンジの壷」ですか、
あれも、すごかったですね、物語の構成が難解でした。
ぼくも歴史にメッチャ弱いです。でも理解できました。
解り易いように書いてくれているからでしょうねぇ!。
Posted by teraken at 2011年07月01日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック