◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2011年05月29日

私が読んだ本、宮本輝:著「三十光年の星たち」

「三十光年の星たち」宮本輝:著

30年後を見すえてがんばるぞ〜という気に成る、させられる!!

絶妙な坪木仁志のつぶやきに何度笑いをこらえただろう。いや、声に出して笑っただろう。
真剣な会話の中にコミカルな語り。読んでいて飽きさせない仁志とその周りの人たちとの会話。
どこにでもありそうな会話なのに安心させられる、心和らぐ会話は読み手を魅了する。そして何よ
りも、重みのある言葉に自分の人生を考えさせられる。(Amazon五ツ星カスタマレビューより抜粋)

TERU.jpg

読み終わって、感想文、寸評、解説のようなものを書くのが苦手ですが、読書をする楽しみ、
小説を読むおもしろさに引きずり込まれたのは、宮本輝の「流転の海」を読んでからである。
今は夫婦で全作品を読破したい気持ちになり、暇さえあれば店で作品のどれかを読んでいる。

店番中の読書だが、今回読んだ「三十光年の星たち」は上下を二日間で読了し今までで最速だった。
それだけ読み進めることに夢中になり没頭させられる、おもしろい物語だった。
寸評でおもしろいの他にもっと気の利いた表現が無いのかなぁと考えても「深い意味のある面白さ」
この程度しか浮かばない…、この本は30年先に未来がある若い人にこそ読んでもらいたいと思う。




この記事へのコメント
30年先を考えたとき、果たして、生死はわかりませんが、
かくしゃくとした老人になっていたいものです。
元気が一番ですね。買えないもの・・・
上下、読み終えるのが早かったですね。
私は先先、読みたいのは山々ですが、
次の日の目の疲れを考えると
そこそこでやめておくことにしています。
Posted by 雑草 at 2011年05月30日 15:04
雑草さ〜ん、30年後も逢いましょう。
40台の頃によく当たると言う占い師さんに
95歳が寿命だと言われました。
かくしゃくとしているかどうかは聞くのを
忘れてました。どうなっているでしょうね?

こんなに早く小説を読んだのは初めてです。
もったいない、だいじにもっとゆっくり読め
ばよかった。とも思ったりしています。
Posted by teraken at 2011年05月30日 21:50
30年後も青い屋根、続けててくださいね。
かくしゃくと駅から歩いて、行きたいと思います。

オレンジの壷に私もはまります。(笑)
Posted by 雑草 at 2011年06月01日 14:13
4年たったらまたあいましょっと♪、
三波春夫さんが唄ってましたけど…、
今から30年は長いのか短いのか?
お互いに無病息災で過ごせるように
笑顔で精進しましょう。
Posted by teraken at 2011年06月02日 09:27
錦繍の有馬靖明のように歩き続けます。
青い屋根をめざして、、、
Posted by 一朗 at 2011年06月02日 11:00
>錦繍の有馬靖明のように歩き続けます。
一郎さん人生的には止まらないで歩き続けて下さい。
青い屋根には飛行機か電車で来てね、でないと
一郎さんが歩いて来るまで待てませんから〜(笑)
Posted by teraken at 2011年06月02日 18:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック