◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2011年04月21日

宮本輝の小説に出会ってから読書漬けになった!!

本日は「にぎやかな天地」の一席

IMG_2395.JPG

いつもこちらにご訪問していただいている。皆さまには心から御礼申し上げます。

こっから先は、古今亭志ん生になり切ったつもりで読んでおくんなさいまし。
志ん生さんを知らねぇ御仁は落語家になったつもりで、読んでおくんなさい。

(テンツク ピー テン テン ピー テンツク ピー ドンドン)
まぁ〜これはねェ、この単行本はね、見りゃ判るようにまっさらなんでございます…。えぇ、
なんであたしんとこへ、こんなご立派な単行本が来ちゃったのかって?、それを聞かれてもねェ〜、
そ、そ、それが云えないんです。え__こうやってどうだいとばかりに、見せびらかして、
あたしのだいじな宝の本を、見てもらいたかっただけで、何てこたぁねぇ、たんなる自慢だァ〜、
いや〜、こんな自慢話に付き合わせちやって、ていへん申しわけありませんですなァ・・・。

え〜〜で、その御詫びにと言っちゃ〜何ですが、この小説「にぎやかな天地」の中にィ、
人間の体にとってもい〜い、酵素の話が専門的に出て来るんでございまして、んんん・・・。

それを文庫本で読んだ〜内の女房がァ、小説から得た知識でもってェ〜、体にいい生きた
酵素がいっぱい入ってる糠漬けをこしらえまして、そのお漬物があっさりとして
おいしくって、うめぇんだァ〜んん、まい朝そのお漬け物が食えるんですなァ。

読書を楽しめて、その小説のお陰で健康にもなる!!どうです!一石二鳥じゃありませんか、
「にぎやかな天地」を読んでみませんか!?、理論ぶる必要はないんです。読めば解ります。
あたしみていに、宮本輝の文学の世界にどっぷりと、漬かって見ますかい!?えェ!?
でぇこんじゃねぇから漬からねぇて…!!、   「お後がよろしいようで・・・」
(テンツク ピー テンツク ピー テン テン テンツク ピー ドンドン)


「にぎやかな天地」参考レビューWeb検索より抜粋引用。

宮本輝やっと読み終わりました、面白かったです。
著者のここ何作かの中ではイチバン好きかもっ♪
発酵食品の本を作る為に各地を取材する主人公。
微生物の営みと、生と死が重なる感じで人との関わりが描かれています。

内容説明. 船木聖司は、謎めいた老人・松葉伊志郎の依頼により、
豪華限定本の編集・ 製作を手がけている。
今回の依頼は「日本の発酵食品を後世に残すための本」。
日本各地を取材する聖司は、微生物の偉大な営みに魅せられていく。

『にぎやかな天地』

この記事へのコメント
私もこの本を読んでから糠漬けを作ってました。
夏の日に1にち、かき混ぜられなくて、次の日にはもうだめに
なってました。
冷蔵庫に入れておけばよかったなって後から思いました。
浅漬けはあっさりしておいしいですよね。
何万・・といる酵素のおかげで調子もよかったんですが・・
またつくろうかな。
お後がよろしかったです。笑えました。
Posted by 雑草 at 2011年04月21日 19:04
笑えましたか、ありがとうございます。
お笑いネタは結構得意かも、昔っから
人を笑わす、いや!?、笑ってもらえる
ことが、嬉しくって、好きでした。

なんで、いつから、へんこな親父になった
んかな?素の僕はアホな事ばっかりです。
Posted by teraken at 2011年04月21日 22:01
テラケンさん、まいどっす!
落語、最高です

にぎやかな天地を読んで、湯浅に直行しました

鮒寿司も最高ですね
Posted by 一朗 at 2011年04月22日 13:17
一郎さんお元気そうで何よりです。
志ん生の気分で読んでいただけましたか、
ありがとうございます。またこちらに来る
ような事がございましたら、さくおさんと
ご一緒に遊びに来て下さい。よろちくび_!!
Posted by Teraken at 2011年04月22日 16:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック