◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2011年04月08日

まだまだ読みたい本がある。宮本輝文学の世界!!

   
    ジャンルは趣味・コレクション

   ジャンルを洗濯して下さいの中に、生活・日常があるがカテゴリーに読書が無い。
   趣味・特技のジャンルには、文学とか読書というカテゴリーが無い。でいつも迷う!?

   Miyamototeru.JPG

   きょうは小さな本棚を整理したついでに、写真で押さえておこうと言う気になった。
   読者と小説いう間柄で一生付き合っていこうと思っている。本たちが並んでいる。
   小説の事をどうと聞かれりゃ、これがどうの、あれがどうのと、簡明に話したくない。
   「そりゃ、おもしろかったよ」と一言だけ云う!!読んで解る人には解る小説だから…。

  スーと心頭に溶け込むように入ってきて、フワリフワリと抜けて行く、安堵と幸福感が漂う。
  そんな不思議な宮本文学の世界「奇」をあやつり、生きることを考えさせ心の内を揺さぶる。
  こうなって、あぁなって、こうなりました、チャンチャンではなく、いわば決め落ちの無い
  終わり方であるが、無粋さは微塵も無く、思わず頭を左右に振り「やられた」とその「巧さ」
  に陶酔し暫く余韻に浸る。生と死を考えさせられ、幸せ感に酔い、気づかされ、魅了され、
  やがては、宮本文学の虜になる。読書を楽しませてくれる。宝物のような小説ばかりである。

  珈琲300円でゆっくりと小説を読むのはOKです。マスターはケチなので貸すのはNGです。
  読んでみて気に入りましたら、Teraken Shop で購入してじっくり読んで下さい。

ラベル:宮本輝
この記事へのコメント
>ジャンルを洗濯して下さい

洗濯したら本は濡れちゃいますよ。
このコメントは削除していただいて結構です。

ずらりと並びましたね。
マスターと同じ意見です。
いつもしてやられた・・と思う展開
ついつい引き込まれて一気に読んでしまい
もったいなかったと思う私。
読み返すとまた新たな感動があります。
Posted by 雑草 at 2011年04月08日 17:30
teraken さん
おはようございます。
宮本文学は最高です。

「愉楽の園」もオススメです。
Posted by 一朗 at 2011年04月09日 09:21
おはようございますです。
いっつも、うれしいなぁ、
ナイスなコメントありがとう。
ところで、ビーンちゃんの目は
完治しましたか〜!!
Posted by teraken at 2011年04月09日 09:37
一郎さん、来ていただいてありがとうです。
「愉楽の園」と聞いて、失楽園が浮かび出、
果てには、早とちりで、悦楽と勘違いする。
どうしようもない、スケベでおまんねん(^^)
それではまた、お元気でね。
Posted by teraken at 2011年04月09日 09:46
今日のBTCの先生のご発言、胸がスカッとしますね。
みんな思ってることだけどこういうことを表立って
はなかなか言えないです。
この国難を乗り越えていくのは若い力が必要ですね。
マスターの息子さんや、家の子供たちが次世代を
担っていくのですが、しっかり頑張って!!って思いますね。

イベントに参加してくださってありがとうございました。
正解発表をお楽しみにね。
Posted by 雑草 at 2011年04月13日 21:56
雑草さん、ほんとうですよね、次世代へ
引き継ぐ頃には、愚者ないまの政治家は
この世にはいないだろう。
日本も変わるだろうと、思ったが、書いてて
性悪官僚たちが残っていることに気付いた。
国民がいつか立ち上がるときが来るだろう。

正解発表を楽しみにしてます。
Posted by teraken at 2011年04月14日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック