◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2011年01月21日

阪急伊丹駅 タミータウン・REITA

阪急伊丹駅 タミータウン・REITA

「誰にも気付かれず、観られたことのない絵」

阪神大震災後の阪急伊丹駅、タミータウンとリータ、2階・3階へと行く
エスカレーターの壁に飾られている大きなパステル画をアップしました。

Reita.jpg
JIROU さんが写してきてくれました。白い矢印の下にある額です。

Teraken2.jpg

JIROUさんが撮ってきて私のデジカメ散歩道にアップしてくれました。
上の写真はその画像をフォトショップで元の長方形に編集したものです。

西日が当たるので色あせ、全体的にカラー彩度が薄くなってきています。
そしてマット内に納まっておらずズレたままになっています。残念だなぁ”
如何なる災害にもめげない人間の復活力を絵に現したTerakenの作です。


阪急伊丹駅周辺交差点の一角Reita(リータ)
この絵が飾ってある場所を外観から後日JIROUさんが撮影してくれました。
丁度絵の位置に光が差し込むタイミングを見計らって撮ってくれたんでしょう。

2011y01m25d_101520456.jpg 2011y01m25d_101334207.jpg 2011y01m25d_101443170.jpg

当然のことで、エスカレーターの昇り降りは足下を見ながら歩いているので、
この絵の下を通る時は誰もがうつ向き加減になるから、気付く訳がないのだ。



posted by てらけん at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック