◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2010年10月14日

宮本輝先生の小説 泥の河〜花の回廊

宮本輝先生の小説について

店内に囲碁将棋に関する本と宮本輝先生の本と田辺聖子先生の本が
小さな本棚に並んでいます。窓際には主に推理作家の本があります。

青い屋根のカフェサービスで珈琲を飲みながらゆったり読書のひとときを。
読書好きの方は愛読書をご持参でいらっしてください。

青い屋根でお待ちしております。

宮本輝先生の本に関しては

1977年(昭和52年)当時30歳 第13回太宰治賞を受賞の「泥の河」から
つい最近読み終えた流転の海の第5部の「花の回廊」までの間、23冊。
何冊かは貸したまま戻ることは無く消えております。

Teru3 002.JPG  Teru3 001.JPG

さて、ご訪問者にお願いですが、画像に写っている本の他にもたくさんの
作品を出しておられるので、あなたが読んだおすすめ作品を教えていただけ
ませんでしょうか。コメントよりご推薦の本の題名をお知らせ下さい。
よろしくお願いいたします。

ラベル:宮本輝
この記事へのコメント
マスター、おはようございます。
楽しそうなお店、次回必ずうかがわせていただきます。

輝作品の中でおすすめはなんといっても「錦繍」です。

今後とも宜しくお願いします。
Posted by 小林一朗 at 2010年10月17日 10:34
先ほどお電話させていただいた小林です。

「錦繍」をおすすめ申し上げます。

テルニスト http://www.terunist.com/

もよろしくお願いします。
Posted by 小林一朗 at 2010年10月17日 10:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック