◇ 寺沢憲重の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2018年08月11日

超スローモーションの素振りをしましょう!!!^^)。


 「超スローモーションの素振り」2018/08.12

 このゆっくりとした素振りの練習で、スイングの各パーツの正しい動き、

両腕、肩、腰、足、が理想通りに動いているかをチェックしながら振りましょう。





  Aは肘の高さの違いで斜めになっています。赤い点が肘の位置です。
 1枚目はトップから下ろした瞬間で「ひじ」はこの高さの違いです。
 右肩が打ちに行くと前に出ますので「ひじ」位置がわきばらから離れます。
 ヘッドの軌道がアウトサイドインの人は「右ひじ」が下がっていないのです。
 2枚目の画像の「両ひじ」向き、カタチ、高さ、の違いを理解しましょう。

  Bはシャフトとグリップがどこをさしているかです。
 1枚目の画像ではグリップエンドはボールを指しています。
 2枚目の画像では飛球線に向いて地面と平行な位置です。

  Cは肩の位置です。
 1枚目の画像ではまだ開いていません、わきもしまったままです。
 2枚目の画像では左肩はまっすぐ飛球線方向をさしています。

  Dは足の動きのポイントです。
 1枚目の画像の右膝は飛球線方向に押し込まれています。
 2枚目の画像の下向きの矢印はふみこんでかかとが地面を押さえつけています。

  赤い矢印は右足の上ぐらいから動かさない右目の位置です。

  この説明の中で全部をチェックするのは無理ですので、
 ダウンを開始したときの1枚目の画像の「ひじ」の位置と
 腕のカタチを頭に入れて素振りをしてください。


 teraken 2018-08-11 09.59.08.jpg teraken 2018-08-11 10.19.jpg











posted by てらけん at 10:06| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする