◇ 世森友のラッキー名言 ◇      
   :幸福だから笑えるわけではない、むしろ、笑っていることが幸福なのだと言いたい。       
   :笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は、不機嫌な顔をした人より長生きする。
   :叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
   :人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
   :人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
   :ネガティブフィードバックこそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
   :大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
   :たった百人のなかの、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独

2013年12月31日

大晦日にテレビの歌番組で、昭和39年の懐かしい歌を聴きながら…(^-^)/。

     「小説っていいなぁと思わせてくれた宮本輝先生の本たち」

面白くて絶な物語で登場人物に生きるきをもたらし、読む人の心を掴み感動させ、生き方や心の持ち方に力と

勇気を与え良き変化へと導く小説たち、どうしてそういう影響を与えるのか?、容易に筆舌しがたい不思議な文学!。

ぼくは、数年前まで読書を楽しむようなことを知らない人間でした。たまにサスペンスを読んだことがあるぐらいで、

単行本と文庫本の違いさえも知らなくって、文学って何なの?小説って娯楽だろう?ぐらいに思っていました。


「友和くらぶ」という囲碁と将棋の遊び場を商売としている店を営んでいるときに、不安症にかかり悩んでいました。

囲碁を打ちたいお客さんが遊びに来て、相手がいないときは席主のぼくが相手をしなければなりません、商売ですから

それはしょうがないのですが、精神的に打ちたくないときでもいや応なく相手をしなければならないので、辛い思いをした

ことも多々ありました。時おり襲ってくる何とも言えない嫌な感覚の不安症に堪えながら、囲碁の相手をしていました。


そんなある日、ちょくちょく、碁を打ちに来ていたお客さんが「これ,おもしろいよ」と、持って来てくれた文庫本の小説が

宮本輝:著「流転の海」でした。第一巻を読み完全に「やられたぁ!」という感じで、毎日むさぼるように読みました。

それからは言うまでもありません、このブログの過去ログを見ればどうなったのか解ります。「流転の海」シリーズの

単行本を購読しました。再読もしました。まだまだ何度も読みたくなります。読まないといけないのです。読めばまた

新しい発見があるのです。読めば読むほど物語の感動が倍になり、生きるための概念や啓示が伝わって来るのです。


生きる術を読み取り、心を立て直し、生きるよりどころになっていると言われている小説たち、宮本輝の文学の世界!。

20代、30代、40代、50代、60代の、年代と、人生のステージの中で読み返すべき小説たちであり、そのたびに、

新しいおもしろさと感動が湧き出る小説たちなのです。あなたも実感してみませんか…(^_^)/。

2014年の春に「流転の海」シリーズの第七巻「満月の道」の単行本が発刊されるので、それがとても楽しみです。


ぼくのお宝単行本を見て下さい。「流転の海」「地の星」「血脈の火」「天の夜曲」「花の回廊」「慈雨の音」(^o^)/   


Teru-book1.JPG







posted by てらけん at 03:04| Comment(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

「青い屋根」男子ハンティング倶楽部&楽しい会話!(^o^)/。 

「サブレで忘年会」

大阪BINさんが、手土産の「小犬と小ねこのサブレ」を持ってやって来てくれました。

二人だけで、サブレを食べながらコーヒーを飲んで、忘年会談義をしていると、いいタイミングで、ようこさんが

「年末の挨拶を…」と言って現れた!。そこからは、うちら陽気なかしまし三人で、よもやま話をしてました。(^o^)/。


bin-tera 004.JPG bin-tera 006.JPG 

BINさんのハンティング帽が決まってますねぇ、「格好いいです」よ「にあってる」と何度も褒めたんですが、

「ほんまぁ」と言う、ホンマにシャイなお方です(^0^)/。

誕生日プレゼントの上着に、テルニストのネーミングの刺繍を入れてくれてました。


bin-tera 001.JPG bin-tera 002.JPG



posted by てらけん at 17:39| Comment(2) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

オリジナルマンダラアートの Atelir Belles Feuilles

『アトリエ ベル フィーユ』

マンダラアートとは:http://ameblo.jp/happahappy0105/

イラストレーターの中本優さんと、カリグラファーのユウスケくんとマンダラアーティストの鈴葉えりこさん、

そして、明晃印刷の高崎賢治さんの四人によるコラボレーション作品。使用されている紙材も手触りがいいです。

ほんわか温かく可愛い素敵なクリスマスカードを頂戴しました。

あっという間にお帰りにならないといけない時間になりましたね、わざわざ遠い処をありがとうございました。


suzuha 002.JPG


ka-do 002.JPG

posted by てらけん at 15:10| Comment(2) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

今年最後のビーズ教室の雰囲気をデジカメキャッチ(^-^)/。

「青い屋根」のビーズ教室

毎週月曜日の一時から行っているビーズ教室です。楽しそうで笑いが絶えませんいい感じですねぇ(^o^)/。

興味のある方は 072 784 3158 寺田までお気軽にお問い合わせ下さい。(^0^)/。


beez 001.JPG




posted by てらけん at 15:40| Comment(1) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

「青い屋根」 女子ハンチング倶楽部 

「キャスケット vs ハンティング」

なるさん、ようこさん、さくおさん、べーすまんさん、とくさん&奥さま、ご来店ありがとうございました。

「待てど暮らせど 来ぬひとを 宵待草の やるせなさ」♪♪♪…と、どなたかが口ずさんで大笑い^^)。


naru-youko 001.JPG naru-youko 002.JPG




posted by てらけん at 16:55| Comment(4) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

ご存知ですかこのフリーマガジン!?「エフエムいたみプレス」(^o^)/。

『79.4MHz ハッピーエフエムいたみ』

近くの診療所で頂いてきました。エフエムいたみとリスナーをつなぐフリーマガジンです。^^)。

2013.10 ~ 2014 03 VO1.16 エフエムいたみのHP⇒ http://www.itami.fm/


右側の画像をクリックして拡大してお読み下さい。別窓になりますがマウスがプラスの拡大鏡になります。

来年1月からNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」が放映されことと、関連した記事が書かれています。(^o^)/。

fm-itami 002.JPG fm-itami 001.JPG


最近ぼくがハマっている、リクエストコーナーがこちらの「ハッピーシティ〜こちらHOTスタジオ794〜」です。

「ハッピーエフエムいたみ」のリスナーの皆様、メッセージを書いて、リクエストをして楽しみましょうね、(^o^)/。

fm-itami 007.JPG



posted by てらけん at 10:19| Comment(3) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

来年の干支「馬」の置物をプレゼントしてもらいました。(*´∀`*)。

「陶芸教室で作成した馬」

「来年も馬のように飛躍し、何事も馬く行き、良い年になりますように」当店の縁起物でございます。^^)。

やまのうちさま、素晴らしい出来栄えの陶芸の馬を授かりまして、誠ににありがとうございます。感謝^^)。


hoos 001.JPG





posted by てらけん at 17:56| Comment(1) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

生まれて初めての経験なんです。ハンチング帽子をかぶっている写真(^0^)/。

「記念すべきハンチング帽の僕」(^凹^)

デジカメがマクロ設定になったままだったので、ピンボケになりましたが、丁度良かったとです。(´∀`)。


teraken-8 002.JPG



思いがけず、違いが分かるカメラマンに撮影していただいた写真を転送致します。

(ということで、べーすまんさんからメールで届けていただきました。ウッシシ^^)


Teraken-baasman-Byteru.jpg

画像をクリックしていただきますと、1280×960 ピクセルまで拡大できます^^)。

  【てらけん漫談】

ぼくが自慢げに「どや、ハンチング帽 似合ってるやろ」と言うと、

画像を一べつした女房「う〜〜ん」と、気のない返事、

「ほらぁ、もっとちゃんと 見てやぁ」と、ノートPCの画面を近づけると、

「う〜〜〜ん、、、ムズカシイなぁ」だってさぁ(失笑^^)

「どことなく、高倉健さんか!地井 武男さんに見えへんか…」

「なに寝ぼけた事を云うてんの、、、誰が見ても丁稚ドンやがなぁ〜」(ガックシ^^)

「なんで…?、帽子が似合わんのかな?、様にならんなぁ〜」

「顔の輪郭かな…?あっ!その高級なハンチングに合う。見識とか品が無いんやわぁ」(キツいことを-.-;)

「な、な、な、なんやてぇ、こう見えてもな俺の ご先祖さんはな…」って、言いかけ、ハット気付き!

言うのを止めた^^)。「あぁ、喧嘩になるとこやった。」…「お後がよろしいようで…」







posted by てらけん at 17:25| Comment(4) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

皆さんは、すでに、ご存知でしたか!?「希少糖」について(^o^)/。

「今朝のNHKのあさイチで知りました」

希少糖(きしょうとう、rare sugar)とは、「自然界にその存在量が少ない単糖とその誘導体」と定義され、

D-グルコースやD-マンノースなどのいくつかを除いた単糖の大部分を占め、これまでに約50種類が知られている。

希少糖の中で最も研究が進んでいる「D-プシコース」は、砂糖の7割程度の甘味がありながら、

カロリーはほぼゼロ。さらに、「食後の血糖値上昇を緩やかにする」、「内臓脂肪の蓄積を抑える」と

いった研究結果が報告されている。

松谷化学工業は、希少糖(レアシュガー)」の一種で、ノンカロリーながら甘味が砂糖の7割程度である

「D-プシコース」などの成分を含む異性化糖などを含有した機能性バランス甘味料「レアシュガースウィート

(Rare Suger Sweet:RSS)」の一般家庭向け500g入りボトル(希望小売価格は1本あたり1260円)の

全国販売を2013年8月6日より開始すると発表した。シロップ状の甘味料「希少糖含有シロップ」が健常ラットを

用いた研究において糖尿病の予防・治療に対して有用であることを確認したと発表した。(ニュースより抜枠)


Matutani.jpg



posted by てらけん at 13:06| Comment(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする