◇ 世森友の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2013年08月29日

夕べのテレビを見て考えさせられた。「死ぬことの怖さより、生きて行くことの怖さ」

題名:『なんなんだ』

死を恐れるよりも、生きていることの方が怖いと言った人がいた。

【掲示板の書き込みから抜枠】

いつか死ぬってことが、あたしには受け入れることができないんですね。怖いです。

そんな風に考えたことありますか?いつか死ぬ。

だから、今を一生懸命に生きるって。それは分かるんです。それでも怖い。

大切な人とも、いつか別れがくるなんて、あたしには考えられない。

まだまだいろんなことに執着しながら、エゴが抵抗するので苦しみながら生きています。

人生に執着して悩み苦しむ人が、どのようにして生きると幸せになれるのか…!?、

生きるのを苦しくしているのは自分のエゴだと言われていますが、どうでしょう!?。

この世に永遠なものなぞ御座いません…。唯一無二の平等は生まれたら死ぬ。以上。

【『死ぬのが怖いあなたに』のカスタマーレビューより引用】

「愛とはまるで空気のようなもので、水中を泳ぐ魚が水を意識しないのと同じように、

 人間もまた、宇宙の愛の中にいながら、そのことに無意識でいるのだと僕には思えます」

「山より大きなイノシシは出てきません。あなたにはあなたに解決できる問題しかやってきません。

 あなたには解決する力があります。だから、大丈夫です」

「あなたには幸せの天使がついています」

「一人ひとりは、みんなそれぞれに天賦の才能を与えられていて、必ず幸せになれるよう 仕組まれている。

 自分が本当にしたいこと、自分の夢に向かって進みましょう。今はまだでも、夢は必ず、実現します」


・自分自身の価値に気付くことがいかに大切であるか。

・直感に従った行動をする

・どんな人もそのままでいい、ということに気づく

・心の声や体の声を聞く

・自分の現実は自分が創っていることを知る

・ことさら先の心配をしない

・自分を愛し、自分を褒め、自分を信頼する

・「いま」を精一杯生きる

・すべては良きことのために起こっているんだ。 


【掲示板の書き込みから引用】

生きることの大切さより、死ぬことの怖さの方が、増しませんか。考えてみてください。『死ぬ』ことについて。

自分がちっちゃいガキの頃は死ぬこと怖かったよいまだに、今生きてるこの世界すら、存在が意味わかんないし。

何もない無から宇宙が出来て何億の奇跡が重なって地球が出来て水が生まれて今我々ここに生きてるんです。

何億の奇跡が重なって今生きてんだから俺は楽しみますよ。 人生は短いからね、生きるなら派手に輝かしく。

どう足掻いたって死ぬのに死についての恐怖に考えながら生きてて楽しいの?

いつだってマジメにマジメにバカやるんですww。死ぬこと考えながら生きてたってなんも面白くねーし

大切な人と、どう過ごそうかと考えてる方が楽しいよね!、大事なのは結果より過程なんじゃないの?。

『死ぬのが怖い』『大切な人との別れが怖い』、それらの感情は至って素直な感情でしょう。

しかし同時に『甘え』ではないでしょうか。

今、病に苦しんでおられる方、余命幾何の方が『死ぬのが怖い』という感情に至るでしょうか?至ったとして、

その次の段階ではこう思うはずです。『もっと生きたい』と…。『後少しでもいいから長く生きたい』

そう思うのは誰の為にでしょうか家族の為、友達の為、恋人の為と、理由は様々ではありますが。

死について考えた先にあるのは、『もっと生きたい』と切実に願う素直な心だと私は思っています。

誰かの為に『もっと生きたい』と願うその時まで、今を自分なりに精一杯生きてみて下さい。

精一杯生きることこそ、死への恐怖を和らげる唯一の手段だと思います。 (死についての掲示板より)



・人間は死を怖れる。それは生を愛するからである。
 ドストエフスキー 

・人間は、死と無知について不可抗なので、幸福になるために、
 それらについては考えないことにした。
 パスカル

・死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。
 村上春樹

・多病な私が何故生き残っているのだろうか疑ってみる。
 あの人はどういう訳で私より先に死んだのだろうかと思う。
 夏目漱石

・生が終って死がはじまるのではない。生が終れば死もまた終ってしまうのである。
 寺山修司

・旅に病んで夢は枯野をかけ廻る
 松尾芭蕉

・おちついて死ねさうな草萌ゆる
 種田山頭火

・朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり
 孔子

・死を怖れもせず、死にあこがれもせずに、自分は人生を下り坂を下って行く。
 森鴎外

・生れ生れ生れて生の始めに暗く死に死に死んで死の終に冥し
 空海

・露と落ち 露と消えにし わが身かな 難波のことも夢のまた夢
 豊臣秀吉

・死ぬということは、生きているよりいやなことです。
 けれども、喜んで死ぬことが出来れば、くだらなく生きているよりは幸福なことです。
 谷崎潤一郎

人生って、いろいろあらぁなー。いろいろ考えるよなー。その人の生き方があって…、それぞれの生き方があって、

ほんまにそれでいい…、それでいいはずやねんけどなー。生きるって…!?『なんなんだ』って思っちゃうよなー。


宮本輝:著『命の器』新装版!全国の書店で絶賛発売中!近くの本屋さんで電話でのお取り寄せOKです。

inochi 001.JPG inochi 002.JPG


posted by てらけん at 11:33| Comment(1) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

Saku.Tera ツーショット ^^)。

「飲んでまんねん」

L寸とM寸の違い、あとはみんなと同じ、いい色の「獅子吼」Tシャツを着て、記念のツーショットです。

ぼくが飲んだのはコップ一杯程で、持っている缶ビールは。さくおさんが飲んだ空き缶です^^)。

ちなみに、色々種物のつまみを買ってきて、350ml×2本+500ml×3本を飲んでいます 大笑^^)。


sakutera 004.JPG sakutera 001.JPG






posted by てらけん at 16:42| Comment(5) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

「青い屋根」のお宝の中のお宝「宮本輝全集」第1巻〜第14巻

「Miyamoto.Teru Mini museum」

手に入り難いレア物の宮本輝全集の第1巻〜14巻を去年の誕生日にテルニストの方々が寄贈してくれました。

あれからずっと、宮本輝全集は宮本輝ミニミュージアムの棚にに並べて保管して飾ってあります。


book 001.JPG


「高く心を悟りて俗に帰るべし」とは芭蕉の言葉だが、宮本文学にはこの言葉の体現を見るような深遠と豊穣を感じる。

 (本の雑誌120頁、堀本裕樹さんの「いつもいつも始まりばっかり」より抜枠)

※ しんえん【深遠】とは。奥深くて容易に理解が及ばないこと。また、そのさま。「―な教理」

※ ほうじょう【豊穣】とは。穀物がみのりゆたかなこと。また、そのさま。「五穀―を祈る」














posted by てらけん at 14:57| Comment(2) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

今年も「もみじ葵」が咲いてくれました。

『もみじ葵』

青い屋根の北側に置いてある、プランターに 暑い夏によく似合う優しいもみじ葵の赤い花が咲きました!

花言葉は「温和」。朝来たら咲いていますが夕方にはしぼむ一日花なのです。


hana 001.JPG


8月の21日、今朝来たら珍しくもみじ葵が並んで咲いていたので、アップを撮りました^^)。

momiji 002.JPG



posted by てらけん at 11:14| Comment(4) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

本日の青い屋根にはべーすまんさんが来てくれました。

べーすまんさんに撮ってもらいました。

獅子吼Tシャツは、ヘイユウさんゆめさんろくちゃんに続き、私も似合いすぎてコワイくらい!!(^^)ゞ


tera 002.JPG



posted by てらけん at 17:53| Comment(2) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

小さなお客様、けんじいちゃんと孫のひかりちゃん^^)。

「折り紙でチョウチョウを作ってます^^」

「けんじいちゃん、チョウチョウ切れたですよ」、「はいじゃぁ、目と羽の模様を書いてねっ」

「はい、できたよ^^」、「じょうずに書いたねぇ」、「おれいのチュウしてぇ」、「はい、Chu^^」

hikari 008.JPG hikari 007.JPG hikari 006.JPG hikari 005.JPG

hikari 001.JPG hikari 004.JPG hikari 003.JPG hikari 003.JPG










posted by てらけん at 14:22| Comment(2) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

宮本輝:著『命の器』新装版 講談社文庫より発売されました。

宮本輝作品「命の器」は一冊目の「二十の火影」に次ぐ二冊目のエッセイ集である。

「命の器」は1983年10月に刊行された文庫版を新デザインにしたものです。

賢明なる読者諸君なら簡単に判断できると思うが、講談社文庫が新装版を発行したということは、

宮本輝作品の文学の世界には「おもしろい」から売れるという確信があるからにほかならない。

世代が変わろうとも読み継がれていく、また読み返してみたくなるエッセイ集「命の器」をどうぞ( ^ω^)。


inochi 001.JPG inochi 002.JPG


本日のおまけ画像、関東方面の営業部長が猛暑の中を「西瓜トラック」で頑張っております。

兄さん、女のところへしけこんでたらあきまへんで、西瓜が熱でうだってしまいまっせぇ、ほんまにもぅ。

15f3047a.jpg








posted by てらけん at 11:22| Comment(5) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

本日のレザークラフト体験者の四名様ありがとうございました。

レザークラフト体験

仕上がるまでよく頑張りましたですね、「楽しかったぁ〜」と言ってもらえて、ホンマに嬉しいです^^)。


reza 001.JPG reza 002.JPG


reza 003.JPG reza 004.JPG







posted by てらけん at 14:09| Comment(2) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

本日の良き出来事「ザ サプライズ」

「宮本輝先生の小説つながり」

ご遠方よりお二人さんが来て下さいました。世の中って不思議なご縁でつながっているんですねぇ^^)。

宮本輝先生の小説を愛読していることで、Facebookでお友達になった方が、ご友人と同伴で来て下さいました。

お二人は20年来のお友達で、ご一緒にお見えになった方は、ぼくの知ってる人をよく知っている方でした(^^)/。

素敵なお二人さん、本日は楽しい時間をまことにありがとうございました。またのご来店をお待ちしております^^)。


aki 002.JPG






posted by てらけん at 17:43| Comment(3) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする