◇ 世森友の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2013年01月30日

はい(^-^)/。本日はオーダーが入った。グリーン色のブレスレットを作りました。

『ダブルのマジック三つ編みのブレスレット』

きょうは手こずりました。寸法をちゃんと決めないで、適当に作っていたので、チャント左右のバランスを

考えて切ってないので、色塗りをしてない方は失敗で、グリーン色に染めて仕上がっている方は完璧です^^)。

バッグル金具止めの長さが2.5cm、中央が2.5cm、切込の長さが左右7cm、差込の長さ6cmでOKです。

craft-j 001.JPG craft-j 003.JPG

ご注文ありがとうございました。すごくいい感じで出来上がりましたので、ご愛用してくださいねっ(^o^)。


ユウスケ作:切り絵『蝶蝶』

わぁ、綺麗!。 (FBより人の作品を無断拝借中^^)

『蝶の切り絵』一つ一つのデザインが微妙に違っているのですよ、緻密な作品ですねぇ(^-^)/。

作品の大きさは。4cm〜5cmぐらいでしょうか。見ているだけで、気持ちが良くなりますね^^)。

yusuke(1).jpg yusuke (2).jpg yusuke (3).jpg


yusuke (4).jpg yusuke (5).jpg yusuke (6).jpg


yusuke (7).jpg yusuke (8).jpg yusuke (9).jpg



posted by てらけん at 10:36| Comment(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

本日のレザークラフトは。小型の真っ白なバッグ。^^)。

「小型のバッグ」 化粧ポーチの代りになるかなぁ…?

バッグの幅が10cmでマチが3cmで高さが6cmの大きさでマグネット式のフタになっています。

画像の色は薄く黄色みがかっていますが、実物は真っ白です。取っ手は出し入れ自在になっています。

今回はいきなり作ろうとはせずに、限られた革の大きさに合わせて、どのようにしたらいいかを紙で寸法を

出して形を作って、シミレーションをしてから、マチを作り、マチに合わせて、革の折れ曲がるところの溝切や

マチと貼り合わせる巾の削ぎ落としなどを丁寧におこなってから、貼り合わせて仕立てました(^o^)/。

craft-h 001.JPG craft-h 002.JPG craft-h 003.JPG


craft-h 004.JPG craft-h 005.JPG craft-h 007.JPG

バッグを開けたら鏡があるようにしたいのですが、小さな鏡がまだ手に入っていません、どこで買えるのか?(^-^)/。

実物の革の色は真っ白です。下の画像が一番近い色に写っています。ストラップもぶら下げてみました^^)。

craft-h 009.JPG


2013年01月28日

今朝のBTCのゆめさんのいいお話をもっと知りたくて、Web検索してみました^^)。

川上弘美さんの「大好きな本」

朝日新聞社から出ている書評「大好きな本」の目次に「にぎやかな天地」

 ところが、宮本輝『にぎやかな天地』の書評頁で、じつは10年前から氏の小説を

一行も読めなくなってしまったと告白している個所があった。

その原因は115回芥川賞(平成7年上半期)の選考で、日野啓三、丸谷才一が賛成し、

宮本輝、石原慎太郎が反対にまわった。

宮本の選評で「私はまったく評価していなかったので、---寓話はしょせん寓話でしかないと私は思っている」。

とあったのを読んで、「蛇を踏む」の作者は泣いた。

あれから10年経った作家は芥川賞・谷崎潤一郎・三島由紀夫賞の各選考委員を務めている身となっている。

書評を読む面白さの一つはこういう予想もしないシーンに出会った時かもしれない。(Webより抜枠引用)

その道には、その道の師と仰ぐような御仁が居て、時には厳しく苦言を呈する必要があるのだと思います。


以来10年という歳月が流れ、最近やっと読めるようになった、という文章にぶつかったからだ。

今回、川上弘美さんは宮本輝さんの「にぎやかな天地」を10年振りに読んで…。

―「表面の毀誉褒貶ではなく「書くという行為」自身の厳しさに目を開かされ、自分は泣いた」―

―なんと美しく愉しく厳しい物語だろうと思ったー

―やはり 宮本輝はいい。厳しさが、まっすぐさが、さまざまに変奏音を奏でながら、しまいには真の

優しさにつながってゆく―。

―「書くという仕事」の厳しさを身に引き受けて、こういう作品が生み出されるのだと、しみじみと思った―

―負けず嫌いからではなく、心の底から、そう思えたことが本当に嬉しい。― (いい話だなぁ^^)


川上弘美さん関連のURL

http://www.guranbon.com/20080408/205255.html

http://news.livedoor.com/article/detail/5526371/




posted by てらけん at 12:05| Comment(1) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

てらけんの革工房より。本日のレザークラフトで作ったもの^^)。「ボックス型小銭入れ」

ボックス型小銭入れのこんなん作りました^^)。

カエルの縁起物をモチーフにしたのと、ネームプレートをカシメで止めてあるものを作りました^^)。

craft-g 001.JPG  craft-g 002.JPG


映画告知:『草原の椅子』

最近映画を観ていないなぁという人にもぜひ観に行っていただきたい、宮本輝原作の素晴らしい作品です。

もちろん僕も見に行きます。近年にない映像の美しさと人間ドラマの超感動大作の映画です。

craft-g 003.JPG


2013年01月26日

本日のレザークラフトの午前中は動物キーホルダーの色塗りをしました^^)。

「色塗りも楽しめます」

以前にアップした作品と比べて見ていただければ、作品の出来栄えの違いがよく分かると思います^^)。

ヌメ革の色が経年で何とも言えないアメ色のように変化していくのも楽しみですが、こうして色を塗ると

手間をかけたぶん、見栄えがよくなりクオリティがアップしたように思えてきます(^o^)/。

パピヨン犬と蹄鉄のパーツ付きの馬とストラップに使えるダックスフンドの色を塗りました。


craft-f 002.JPG  craft-f 003.JPG  craft-f 004.JPG


2013年01月25日

てらけんの革工房より。折りたたみ式の小銭入れを作りました^^)。

ボックス型の折りたたみ式の小銭入れ。

ボックス型小銭入れ。型紙に合わせてカットをしてカシメで組み立てるだけで簡単に出来上がります。

カットをして、中側に革を貼り、立ち上がり部分を接着して、カシメで止めて、ホックを付ければ完成です。


craft-d 001.JPG craft-d 002.JPG


posted by てらけん at 13:44| Comment(1) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

レザークラフト。ハギレ革で作った二つの小銭入れ^^)。

ボックス型小銭入れが二つ出来ました。

ホックを外して、上ぶたを開けると、パックリと大きく開いて、小銭が出しやすいタイプです。

よく見る形の小銭入れですが、四角く開くので、中の小銭がよく見え取り出しやすいです^^)。

craft-s 001.JPG craft-s 002.JPG craft-s 004.JPG craft-s 005.JPG


2013年01月23日

レザークラフト。本日はがま口に初挑戦です。

がま口の製作工程です。

きょうは、がま口に初挑戦です。財布はむかしに色々作りましたが、がま口は作ったことがなかったのです。

材料にハギレ革を使ったので、ごわごわしていて、厚さもほんの少し薄かったです。

がま口を作るのに適した革で制作にあたらないと、革をひっくり返す時に、悪戦苦闘します。

まずは、革をまっすぐな長方形に裁断します。型紙に沿ってカット、縫いしろのふちを接着します。

千枚通しで糸を通す穴を開ける。内側の布を裁断してふちを縫っておきます。

外側の革も縫いしろの部分を張り合わせて、糸を通す穴を千枚通しで等間隔に開けていきます。

縫い終わったら、ひっくり返して、中袋を上部だけ張り合わせて、がま口の口金にしっかり押し込んで接着し

紙ヒモを入れ固定させ、口金の脇を傷がつかないように革などで挟んでラジオペンチで軽く閉めれば完成です。


crafut-a 001.JPG crafut-a 002.JPG crafut-a 003.JPG crafut-a 004.JPG crafut-a 005.JPG


crafut-a 007.JPG crafut-a 008.JPG crafut-a 009.JPG crafut-a 010.JPG crafut-a 011.JPG


2013年01月22日

レザークラフトは昨日の続き、ファスナーの縫い付けで完成しました^^)。

手さげバッグの完成です。

長い二重の糸を結んで、昨日の続きの縫い始めです。千枚通しの穴にスッと針が通れば気持ちがいいのですが、

その穴がつっかかってスムーズに通らないときはイライラしますが、そこはそれで作業の面白みがあるのです。

ながぁ〜〜い糸が最後の穴を通って、糸がほとんどぴったりに足りてくくって終わると、嬉しんだなぁ^^)。

このバッグは、お気付きかと思いますが、表と裏が色違いのツートンカラーになっています。

チャックを開けると、ガバッと大きく開くので、モノの出し入れがしやすいのが特徴です。

手提げバッグのパーツ材料の革を裁断して、用意し始めてから七日間を費やしました。やれやれですなぁ^^)。


craft-p 001.JPG craft-p 003.JPG craft-p 005.JPG


craft-p 006.JPG craft-p 007.JPG craft-p 008.JPG





2013年01月21日

レザークラフトのバッグ作り。昨日の続きをゴソゴソと最終段階のファスナーです^^)。

どうにかバッチリ寸法が合っていて良かった(*^_^*)。

外側と内側をちゃんと合わせてファスナーを中に入れて重ね縫いをする準備に取り掛かります。

ファスナーを引くときに持つところや押さえる方の小さなパーツをこしらえて準備します。

表革の内側にファスナーの縫いしろ部分を考え表革とのすきまを一定に保ち接着剤で貼り合わせます。

お次は、中の袋布生地をピッタリと入るように、ファスナーに沿ってきっちりと接着剤で貼っていきます。

ファスナーを挟んで貼り合わせが上手く行けば出来たも同ぜん、一番神経を使う工程が終わりやれやれです。

後は針を通す穴を千枚通しで、コツンコツンと開けて、糸で縫ってしまえば完成です。(ヤッター^^)

本日の作業は糸が切れたところで止めて、糸をつなぐのは明日のこころだぁ〜、(小沢昭一的こころの真似です^^)

craft-o 001.JPG craft-o 002.JPG craft-o 004.JPG


craft-o 005.JPG craft-o 006.JPG craft-o 007.JPG


2013年01月20日

レザークラフトは昨日の続きです。縫って縫ってまた縫って、バッグの形がぁ〜^^)。

縫う作業が続いています。

本日は手さげのとって部分の縫い合わせからです。お次はカービングをした本革のふちを貼り付けて、

千枚通しで針を通す穴を等間隔にコンコンと木槌でたたいて開けていきます。

表側に彫った革を縫い合わせていきます。ぐるりとまわりを二重に縫ってぴったりと縫い合わせました。

革の裁断面を茶色の染色を細筆を使って丁寧に塗ってキレイにします。

とっても、カシメで三箇所を止めて取り付けました。少し要所を縫ったほうがいいかも知れません。

いよいよ、中袋(内側の生地)と一緒にファスナーの縫いあわせで完成です。(どうなることやら^^)

手提げバッグ一つになんと長い工程と手間なんでしょう。道具と機械がある職人なら一日で作れますがねぇ^^)。


craft-i 001.JPG craft-i 002.JPG craft-i 003.JPG


craft-i 004.JPG craft-i 006.JPG craft-i 007.JPG


craft-i 008.JPG craft-i 009.JPG craft-i 010.JPG



2013年01月19日

きのうの続き。レザークラフトの手提げバッグの作業工程とその画像です^^)。

「出来上がりの半分以上ぐらいに来ました」

バッグの表革に貼り付けて縫う、本革の図柄のカービングの染と色止めを済ませて乾かしています。

中生地のふち縫いが完了しました。表革の縫いしろ部分を張り合わせるために表面を削り取ります。

縫いしろを丁寧に張り合わせてから、針を通す穴を菱目打ちを使いガンガンと木槌で叩き開けていきます。

厚みのある表革を、二重にした糸で縫いしろ全てをしっかり縫い合わせることが出来ました。

ここからが、神経を使う最終段階のファスナーの縫い付けになります。場合によっては先に着ける時もあります。


craft-u 001.JPG craft-u 002.JPG craft-u 003.JPG


craft-u 004.JPG craft-u 006.JPG craft-u 008.JPG


craft-u 009.JPG craft-u 010.JPG craft-u 011.JPG



2013年01月18日

昨日の続きで、ハンドバッグの作業工程をアップしました^^)。

「ハンドバッグの仕立て方」

詳細の説明文は省きますが、わりと手際よく頑張っても、一日ではこの程度のすすみ具合です^^)。

craft-y 001.JPG craft-y 002.JPG craft-y 003.JPG


craft-y 004.JPG craft-y 005.JPG craft-y 006.JPG

craft-y 007.JPG craft-y 008.JPG craft-y 009.JPG

craft-y 010.JPG craft-y 011.JPG craft-y 012.JPG


2013年01月17日

てらけんの革工房より。ハンドバッグの製作過程です^^)。

「中生地の袋縫い」

この作業は先にやっておかないと、後では仕立てる時に針や手が入らなかったりします。

本日は囲碁の木幼会がありました。一人が用事が出来てこれなかったので、囲碁の相手をしていました。

木幼会が終わってから、午前中に裁断して用意をしていた。バッグの中袋を縫う作業に取り掛かりました。

内ポケットを縫って取り付けるところまで出来ました。明日は底の周りと横のフチを縫い合わせます^^)。


craft-t 001.JPG craft-t 002.JPG


革同士を張り合わせる部分の削ぎ落としを丁寧にやっておかないと、突っ張りあって、形が整いません、

この作業は削る機械があるのですが、ぼくはカッターで削っていきます。深く入ったら一巻の終わりです。

革の合わせ部分を薄くすることによって、キレイに曲がってそりが合うように、貼り合わせることが出来ます。


craft-t 003.JPG craft-t 004.JPG



2013年01月16日

てらけんの革工房より。ちょっと大変なんだけど、大きなものの製作準備^^)。

「タバコ入れ(シガーケース)の完成」

タバコを入れて、腰にぶら下げて携帯できる。シガーケースです^^)。

ジッポーライター(ZIPPO)を入れるポケットを付けると格好いいかもぉ^^)。

craft-r 002.JPG  craft-r 003.JPG  craft-r 004.JPG


「大きなポーチと言うか手さげバッグにチャレンジ」

本日は材料の裁断をしました。明日は裏生地を貼って、糸で縫って、チャックを付けていく仕上げ作業です。

仕立てるだんどりを間違わないように、順序立てて縫っていかないと、やり直さなくてはなりません。

25年ぶりぐらいに取り組むので、作る手順は記憶を呼び戻してがんばってみます^^)。

craft-r 001.JPG


2013年01月15日

本日のてらけんの革工房作品はポーチと小銭入れ^^)。

『ハギレ革で小物を作ってみよう』

ポーチの方は硬い革を使ってマチは黒い革で作りました。ハートの形のストラップも付いています。

小銭入れは手触りがとてもやわらかい皮と銀色の革のコラボで作りました^^)。

小さなバックのことをポーチと言ったりしますが、何かを入れて携帯するときに一つあれば便利ですね^^)。


craft-e 001.JPG craft-e 002.JPG craft-e 003.JPG



BOROの音符工房より。BORO ライブ情報 d(ゝc_,・*)♪。

BORO ライブ情報

寒中御見舞申し上げます。

今年もBOROは”全部音楽”で、益々 意欲満々 走り始めました!

本年も変わらぬご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い致します。




★ BORO・50代最後のバースデーライブを大丸劇場で!

” BORO 59! 69(ロック)をめざそう! Birthday! ”     boro01.jpg


日本人にとって忘れられない日となった3.11

この日はBOROの誕生日でもあります

次の10年を目指し出発するBOROの熱い思い・・・

歌に託し、言葉に託し、BOROの魂が大丸劇場に広がります!

是非、聴きに来て下さい!

 
日時: 平成25年3月8日(金) 18:30開場 19:00開演

場所: 大丸心斎橋劇場(大丸心斎橋 北館 14F)

    大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 

料金: 前売り¥4.000 当日 ¥4.500

協賛: 千房株式会社  株式会社セルビナ

後援: 産経新聞社

   <お問合せ BOROの音符工房> 

     TEL 0797-61-3399  FAX 0797-61-3344

     e-mail onpu@8onpu.com

http://www.8onpu.com/


★ BAR SHEENA で BORO&SHEENA Live

日時: 平成25年3月3日(日) 19:30開場 20:00開演

料金: ¥5.000(1ドリンク付)

お問合せ BAR SHEENA TEL06-7503-9097

    大阪市北区池田町8−11 天満パールビル 2F

     Mail bar-sheena@shijukara.com

    皆様のおいでをお待ちしております。





     
posted by てらけん at 09:09| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

NHK大河ドラマ『八重の桜』を観ていて感化されたいい話^^)。

【てらけんメモ】つい最近NHKの八重の桜を観て興味を持ったこと。

yaenosakura.jpg

什(じゅう)は会津藩における藩士の子弟を教育する組織。

同様の組織に薩摩藩の「郷中」がある。

什の掟の"現代版"として会津若松市が「あいづっこ宣言」を策定した他、

最後の一節「ならぬことはならぬものです」を引用したNN運動が福島県で

展開されている。(NN運動とは。ならぬことは ならぬものです運動の意)

「お話の什」6歳より9歳までの子供達が「お話を致します。」と言って

次の心得を誓い合いました。


《江戸時代の「什の掟」とは》

1.年長者の言うことに背いてはなりませぬ。

2.年長者にはお辞儀をせねばなりませぬ。

3.うそを言うてはなりませぬ。

4.卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ。

5.弱い者をいじめてはなりませぬ。

6.戸外で物を食べてはなりませぬ。

7.戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ。

  「ならぬことはならぬものです。」と


座長(参会者のうちの最年長者)が1つ1つ読みあげると、座員はその都度、「ハイ」と頭を下げて拝聴する。

「お話」がすむと、座長は厳かに座中を見渡して「何か言うことはありませんか。」と言って、昨日から今日

までの間に、「お話」に違反したものの有無を問いただします。

その時もし違反したものがあると、座長はその違反者を座の中央に呼び出して、その事実の有無をたずねます。

もし事実であると、どんな制裁を加えるかを相談して、適切な制裁を加えるのでした。(Wikipediaより抜粋)

この「什の誓い」の中には、現代にマッチしないものも確かにあります。

そこで会津では、この誓いを下敷きにして、最近、学校や地域の集まりで唱和する。

「あいづっこ宣言」ができたそうです。現代版の「什の誓い」ですね。

1 人をいたわります

2 ありがとう、ごめんなさいを言います

3 がまんをします

4 卑怯なふるまいをしません

5 会津を誇り、年上を敬います

6 夢に向かってがんばります

やってはならぬ。  やらねばならぬ。

ならぬことはならぬものです。(ダメなものはダメなのです)

当たり前のことですが、人をいたわります。ありがとう、ごめんなさいを言います。がまんをします。

この言葉は、今の疲弊した日本社会に倫理観の醸成。全国の教育現場にも、生かされたらいいですね。







posted by てらけん at 20:30| Comment(1) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

今日の作品。ハギレ革の半端な材料から考えて作った変な超ミニバッグ^^)。

「変なデザイン(形)の小物入れ」

変な形のミニバッグばかりを作りました。バッグにぶら下げるチャームやキーホルダーとしても使えます。

何かの時の小銭を入れておく、あるいはデジカメのメモリカードを入れる。デジカメのスペアの電池を入れる。

その他には、どのような使い道があるのか…!?、とにかくちっちゃいものなら入れて持ち歩けます^^)。


craft-w 001.JPG craft-w 002.JPG


craft-w 003.JPG craft-w 004.JPG


craft-w 005.JPG craft-w 006.JPG