◇ 世森友のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑うから幸福なのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は、不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックこそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。

2011年11月30日

宮本輝:著『花の降る午後』再読の途中

『花の降る午後』

目次:白い家 夏の阪 揺れる港 崖の草 鬼火 星の庭 長い雨 となっていて、鬼火まで読みすすんでいます。

人間の間違いってのは、常に期待して待つことじゃないかな」……「えっ、何?」……「幸運を予期して待っていると、

いつも落胆するようなことばっかり起こるだろ? 本当の幸運は、有り得べからざるときに、ひょいと顔を出す。

俺、そのことだけは、心に言い聞かせとこうと思って……」(鬼火の306~307P より)

高見の手の動きを許した途端、典子は火のようになった。あんな鳥みたいな声を発したりしないようにとだけ願った。
(鬼火のラスト336P より)

鳥みたいな声ってどんな声?「ガオォ〜」なんて猛獣や怪獣のような声でなければ発してもいいんじゃない典子さん。


一生懸命に生きること、仕事をすること、人を大切にすること、人間の本質を描いた至極の一冊。

hananofurugogo 004.JPG  hananofurugogo 001.JPG

今年も常連さんから、ポインセチアを頂きました。それで、『花の降る午後』と一緒にデジカメで撮影しました!。

あれから(鬼火の続き)「星の庭」を読み「長い雨」最終章を読んでいます。

アヴィニョンの二階典子の部屋で…、(関西弁で言うところの、ええとこですわァ〜^^)

「好きになりすぎちゃった」と高見は言った。「私も」それから十五分ばかり無言でホットブランデーを飲んでいたが、

目覚し時計を十一時に鳴るようにして、二人は目を閉じた。けれども、三十分もたたないうちに、ほとんど同時に言った。

「駄目だ。寝られないよ」 「やぱり、寝られへん」 典子は目をそっと押さえ、くすっと笑った。

「ねェ、さっきの二人のセリフ、高校生の恋人同士みたいやったと思えへん?」

「好きになりすぎちゃった。私も、ってやつ?」 「うん」 高見も苦笑し、

「言ったあと、ガキっぽかったなァて思ってたんだ」 と応じ返し、乱暴に体を求めてきた。

「なんで、内緒の恋人同士のままでおられへんのかしら」……(この先は小説を読んでのお楽しみにィ…)





2011年11月29日

今日の午前中はちょっとした日曜大工をしました。

形を変えて再利用!?

何てことは無い、キャスター付きの両面から収納できてた。キッチンワゴンを真っ二つにしちゃいました。

切った後ですが、もとはこの形で上段にガラスが入ってました。 それを半分にして置く場所が広くなりました。

キャスターは、高さを合わせるようにするよりも、無くした方が手っ取り早いので、取り外しました。^^)/

コンパクトになったので、壁にぴったり寄せて設置すると、通路側が広くなりました。(スッキリ^^)

IMG_2813.JPG  IMG_2812.JPG






posted by てらけん at 13:43| Comment(1) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

記録として残しておこうかな?1998〜1999までの10ヶ月間。

世森 友のパステル画

以前に書いたものですが、写真で残っていたものを思い出の記録としてアップしました。

期間は10ヶ月余りと短かったのですが、思い起こせば色んな絵を描いていましたですねぇ…?

鉛筆画4B2Bを使って描きます。Kim Anderson(キム・アンダーソン)のカレンダーを模写したものです。

tera-016.jpg

兎年のご夫婦へのプレゼントとして、うさぎを描いたのがキッカケになり、何パターンかを描きました。

tera-020.jpg  tera-019.jpg  tera-018.jpg  tera-017.jpg

静物画は絵を描く基本かな…?パステルの持つ柔らかな表現の魅力や描く楽しさを生かした「静物画」です。

tera019.jpg  tera021.jpg  tera024.jpg  tera023.jpg


スペース・ピボットに個展していた時のスナップです。 ガラス箱の中はジュエリー作家の姪っ子の作品を展示。

tera020.jpg


ラベル:パステル画
posted by てらけん at 16:24| Comment(2) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

今日の一枚…!パステル画 『 しなやか 』

1999年の作品。

ひなげしのしなやかにのびた茎と薄くて柔い花としなやかな裸婦のコラボレーションをイメージして描いた作品です。

雛罌粟(ひなげし)は。虞美人草、ポピー、アマポーラ、コクリコと色々な名前を持っています。

女性の肉体と内面の様々なイメージが、ひなげしのような印象であると、感じた場合を表現してみました。

『 しなやか 』

img012.jpg



tera016.jpg

女性の内外面を花にたとえると、こんなイメージかなぁ、という感じで裸婦と花のシリーズを何作か描いてました。


posted by てらけん at 09:31| Comment(3) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

本日のびっくり仰天!サプライズは……。HNユウスケさんからの贈り物!

切り絵の贈り物!

ぼくの誕生日の祝いともうじきくるクリスマスを兼ね…、精巧に作られた紙の切り絵が贈られて来ました。

Yusuke.jpg

まぁ!突然なので驚きましたねぇ、同封の手紙を読んで更に感激しました。大変ありがたく頂戴いたしました…。

手紙には、図案はオリジナルではなく、世界的に有名な切り絵作家「蒼山日菜」さんのものです。と書いてあり、

まぁ正直なお方だなぁと思いました。で、その「蒼山日菜」さんの公式ページがすばらしいので紹介させて頂きます。


            切り絵作家《蒼山日菜》公式サイト


【関連記事と動画】

蒼山日菜プロデュース「世界の切り絵展」の準備からオープニングまでの模様です。世界を代表する「KIRIE」

作家の作品を一同に展示。2011年9月25日まで山梨県・-富士川切り絵の森美術館で開催されていました。

是非ご覧下さい!⇒ http://www.youtube.com/watch?v=4Ffb2oRyOvU&feature=colike


このキティちゃんの切り絵は昨日に引き続き、ユウスケさんから届けられました。すばらしいのでアップしました。

これは、切り絵作家の蒼山日菜さんとハローキティ”のコラボレーション作品です。

芸術の秋にふさわしい感じが続いております。芸術作品の画像をどしどしお届け下さい。ここで紹介させて頂きます。

Yusuke2.jpg


posted by てらけん at 17:41| Comment(3) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

一筆書きの絵 2点 パステル画1998年の作品 二点。

『Two hot love』

img009.jpg img011.jpg



おまけのパステル画は『エアロビックスの女』              『海鳥』

img007.jpg img013.jpg


ブルー系(青)の絵は。風水においての青色の特色として、仕事運アップと冷静さ、安らかな睡眠が挙げられます。

青色によって精神的な落ち着きを保ち、安らかにぐっすりと眠ることが出来るパワーがあるそうです。

健康運、チャレンジ精神、仕事運などは、東の方角に青色の物を配置すれば、いいらしいですよ!!。

画像を拡大して、プリントアウトをして、風水に従って飾ってみて下さい。レッド系(赤)もいいんですよ!。





ラベル:一筆書き
posted by てらけん at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

teraken自作のパステル画 1999年「朝もやのゴルフ場」

『朝もやのゴルフ場』 1999.

もうじき、ティーアップです。朝もやの中を陽が差してまいりました。今日はいい天気になりそうです。

池越えのショートコース169Y P3。手前の池の水面は朝靄がかかり温泉の湯気のように揺らいでいます。

アーチ型の石造りの橋をわたって行きます。ラフの芝は濡れていて、グリーンも湿って白く光っています。



Teraken0.jpg

img06.jpg

以前に紹介いたしました。阪急伊丹駅Reita(リータ)のエスカレーター二階の壁に飾ってある絵です。

上の画像が、描き上げた時のもとの色彩の画像です。パステル画はスプレー式のフィキサチーフという

定着液を軽く吹き付けることで、触れても色落ちしないように、色止め液を使って仕上げてあるのです。

あの場所は西日がまともに当たりますので、現在は色褪せたり色が消えたり色彩が変化しています。

設置する時に西日が当たって色が変わるおそれがありますがいいですか?と言われましたが、構いません、

自然光による色の変化を任せましょう!と迷うことなく即答したことを覚えています。じっと眺めていると、

長い年月の光の作用によって、アーティスティックに変貌し、その絵から不思議な感覚が伝わってきます。



ラベル:パステル画
posted by てらけん at 17:17| Comment(1) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

2012年のカレンダーを作りました。『青い屋根』のカフェコーナーより。

スリランカの夕映え!

ぼくの親友のスリランカのお坊さん、ニャーナ・ランカーラさんが、お国に帰ったときにデジカメで撮影しました。

Sri lanka.jpg

当店のご常連客、Mr.JIRO さんが、伊丹市瑞ケ池でデジカメ撮影した写真です。花も綺麗ですが青い空が最高です!

Jiro-photo 1.jpg

カレンダーの元画像 オリジナルサイズ:1500×881ピクセルです。中央にお気に入りの写真を入れて下さい。

Calendar0.jpg

このカレンダーをクリックし最大サイズにし、右クリックして画像保存してプリントアウトをして使って下さい。


posted by てらけん at 11:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

あぁ〜ただただうれしい〜!。

誕生日のお祝い

こんなうれしい誕生日は生まれて始めてです。

みなさんからのお祝いのメッセージに感激”しております。

あたたかいお祝いのお言葉にただただうれしい!ありがとうございます。

Van Gogh1.JPG Van Gogh2.JPG

Terrace of a cafe' at night Vincent Van Gogh 1888

Van Gogh3.JPG

『名画「夜のカフェテラス」』

posted by てらけん at 10:32| Comment(7) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

青い屋根 南側に置いてあった看板の移動…

昨日のいいこと!!

店舗の外回り、南側の窓辺に立て掛けてあった看板が気になっていました。

看板に貼ってある写真も色褪せたので新しい写真と張り替えました。そして、看板を掲げる位置も変えました。

店舗右端の窓の妨げにならない位置に設置する事が出来ました。元あった場所がスッキリしました。

ついでに、レンガの壁と下を水洗いしました。濡れているときのレンガの色がしっとりとしていて好きです。

もうひとつ!いいことがありました!!。

【Bassman さんのBTC投稿文より抜粋】

>今日、初めてテラケンさんのお店にお邪魔しました。豊中からチャリンコで伊丹のお店まで約30分、思い立った

>のが夕刻だったため、夕闇迫る中、地図を頼りにようやく、豪邸が立ち並ぶ一角にあるお店に辿り着きました。

>テラケンさんと、先生に対する熱い思いをぶつけ合い、とはいっても情報量に勝るテラケンさんに対し、

>私は殆ど聞き役でしたが・・・先生が不味いと評されたというコーヒーを美味しくいただき、また、

>宮本輝ミュージアム伊丹分室かと思える展示物の数々に感嘆し、気が付けばかなりの時間が経過しておりました。

>本当はそろそろ店じまいと思われていたでしょうが、長時間に渡り暖かいもてなしをいただき、テラケンさん、

>本当に有難うございました。

(Bassmanさん、このようにBTCに書いていただき誠にありがとうございます。)


私から個人的なお礼文をBTCで書き込むのは気が引けますので、こちらからお礼申し上げます。

昨日は、BassmanですとHNを名のっていただいたときは、えっ!、大変嬉しかったです。大変遠いところまで

オープンの踏んだらベンツ(自転車)でお越し頂き恐縮で御座います。聞き役に廻らないといけないぼくの方が

一方的に喋りすぎたようですね…、今度来られましたら上手な聞き役に徹したいと思います。(出来るかなぁ?)

近いうちにお越し下さいませ、宮本輝氏の小説についてのお話を色々お聞かせ下さい。お待ちしております。


IMG_2781.JPG IMG_2784.JPG

IMG_2780.JPG bara.jpg

お店の前の通路が心なしか広くなったように感じスッキリしました。白い薔薇はあなたのために盗んできました。

posted by てらけん at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

にんげんだもの 相田みつを 詩集を見よう!。

相田みつを美術館 Mitsuo Aida Museum

さくおさんからの粋なコメントの返しがキッカケで、相田みつをさんの詩集をいっぱい見たくなりました。

これは、み・ん・な・に
mituo2.jpg

これは、あ・な・た・へ
mituo1.jpg

これは、じ・ぶ・ん・に
mituo.jpg

『相田みつをさんの世界』


posted by てらけん at 20:25| Comment(3) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

云わずと知れた!!宮本輝:著の『錦繍』の再読! あぁ〜やっぱりいい!

読書の秋『錦繍』の秋!

前略 蔵王のダリア園から、ドッコ沼へ登るゴンドラ・リフトの中で、まさかあなたと再会するなんて、

本当に想像すら出来ないことでした。私は驚きのあまり、ドッコ沼の降り口に辿り着くまでの二十分間、…

Kinshu.jpg

「生きていることと、死んでいることとは、もしかしたら同じことかも知れない……。」

「人間は変わって行く。時々刻々と変わって行く不思議な生き物だ。」

過去なんて、もうどうしようもない、過ぎ去った事柄にしか過ぎません。でも厳然と過去は生きていて、

今日の自分を作っている。けれども、過去と未来のあいだに〈いま〉というものが介在していることを、

私もあなたも、すっかり気がつかずにいたような気がしてなりません。(印象に残ったのでメモ)


令子があなたの手紙を全部読み終えたのは十二時を廻った頃でした。

手紙の束を元の抽斗にしまうと、令子は立ち上がって……。(冷蔵庫にある物で食事をするシーン)

なぜそんなに泣いているのかと私は訊きました。「うち、あんたの奥さんやった人を好きや」と言いました。

ぼくは、前と同じように、むしろ前よりも増して、このくだりで、はからずもエリエールCuteを一枚引き抜いてしまった。

「あそこのおかみは七十一やぞ。アホめ」「俺は六十で、相手は三十二や。どないしょう」「恋かな……」

「聞くも涙、語るも涙の物語や」「うん、俺はほんまに緊張しとったからなァ」。…星島照孝の台詞で笑わされた。

愛し合いながら別れた男女が再会。お互いに秘めていた想いを手紙で打ち明け合う。おすすめの1冊『錦繍』。

posted by てらけん at 13:22| Comment(6) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

もう一つの入り口付近に置いた観葉植物『ユッカ・エレファンティペス』

青年の木『ユッカ・エレファンティペス』

IMG_2766.JPG  類似で間違えやすい三種類の木。

  「真実の木」 ドラセナ コンシンネ マジナータ

  「幸福の木」 ドラセナ マッサンギアナ

  「青年の木」 ユッカ・エレファンティペス

  観葉植物の自己紹介『ユッカ・エレファンティペス』

  ワイルドで力強い雰囲気が魅力の観葉植物です。

  剣のようなシャープな葉が、未来に向かって元気に力強く

  伸びていく若者にたとえ、青年の木とも呼ばれています。

  また、エレファンティペスというのは、大きくなった幹の根元が、

  象の足のように見えるからだそうです。(ほんまや!下が太い)

  この木は、常連さんからいただきました。ありがとうの感謝!



乾燥には非常に強い植物なので、逆に水をやりすぎて幹を腐らせないように注意しましょう。

春から秋にかけては土の表面が乾いてからたっぷりと与えるようにして、冬は土の表面が乾いて

1週間経ってから与えるようにします。冬は乾燥気味に育てることで耐寒性が増します。


 
posted by てらけん at 10:21| Comment(2) | TrackBack(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

本日の午前中の店内のようすです。

グランドゴルフ帰りと公共の花時計のお手入れ(ボランティア)帰り

IMG_2761.JPG
  「ホットコーヒーですか、かしこまりました。」

  ごゆるりと、にぎやかに、ご歓談下さい。

  ワイワイガヤガヤ、よもやま話に、井戸端会議。

  片一方では、大阪の知事・市長ダブル選の話で

  熱弁ふるって、盛り上がっている。

  お姉さま方は、花の話しでもちきりですねぇ、

  オキザリスはどうのこうのと、話が弾んでおります。

  
  お姉さま方は、花のことを色々詳しくご存知なので、

  店の外の鉢植えのバラをみてもらいました。

  「この黒い斑点は、黒点病になってますよ。」葉っぱが汚く枯れ落ちる原因は、黒点病のせいでした。

  何日か前にアップしたこのバラが、今日、写した下の写真と同じ鉢のバラなのです。(オヨヨッ)

aoiyane-bara.JPG

  赤いバラが咲いてくれていますが、

 
  葉っぱは見るも無残な虫食いと、

  黒点病にやられています。

  「バラは手間がかかりますよ〜」と言ってました。

  剪定時期が来たら、バッサリと切って、肥土をやろう。





  




posted by てらけん at 12:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 店内の写真 | 更新情報をチェックする