◇ 寺沢 憲の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2022年04月29日

ヒューマン&ノスタルジー作家を目指している寺沢 憲です。

  自称ヒューマン&ノスタルジー作家

 【備忘録】短編長編全部で三十編になった。

 『愛なき愛』『悲しみの果てに』『5%のプライド』『〜のやら〜のやら』

 『最後の島守り』『嘘か真か』『挫折知らず』『話にあけくれた一日』

 『海ほたる』『けっ!くだらん』『のっちゃん』『石動山の朝の光』

 『シロツメクサ』『暇もまたいい』『明日への思い』『騙すような人じゃない』

 『エキストラ体験記』『たえなる十三話』『はんぶんこ』『雨上がりの緑陽』

 『歌碑のある小さな島』『禍福の変遷』『驚異の人』『三人のあきこ』

 『野良猫のサプライズ』『碁キチ物語』『ザ・サクセス』『テレトーク』

 『おいらのゴルフ』『おもろい七人の刑事』

 ・他にも何編か書き直して重複している作品も有り。

 読んで見たいと思う方は、コメントでお気軽にどうぞ!^^)。




posted by てらけん at 10:04| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2022年04月26日

自称、ヒューマン&ノスタルジー作家の書いた小説。

   
 自称ヒューマン&ノスタルジー作家の寺沢 憲こと、

  てらけんが手作り本を販売しています!。

 自分で書いた小説を自分で製本化しました!。

 コピー費用と手間暇が掛かっておりますので、

 大きい方が1500円、BOOKサイズ1800円で、

 よろしくお願い致します。

 279350443_4995750980508525_7386519532372192219_n.jpg

 スクリーンショット 2022-04-29 8.41.44.png

  ・読んでいただいた方からの感想文を一つ。

  てらけんさん、読ませていただきました。

 3分の1を過ぎたくらいから、筆が奮うのがよくわかりましたよ。

 筆致が極まるというのか。

 何度も爆笑もさせていただきました。てらけんさん独特のユーモアですね。

 母親違いの兄弟でもある睦貴くんとナオさんの息子さん

 とのことの下りでは泣いてしまいましたね。いい小説です。

 ありがとうございました✨


  ・購読いただいた。もうお一人様からの読後感想文です。

「愛なき愛」読ませていただいただきました。

 限りなく私個人の感想なので怒らないでくださいね。

全体的にテラケンさんのお人柄が溢れていて最後まで(やっぱり楽しく)読ませていただきました。

 しかも1度も裏切られる事なく!です。有名作家さんになっていたら文句なしに…

「そんな事もあったんだ〜」なんて想像しながら読みます。

「何かが足りない」こと、奥様の言葉を借りておっしゃっていましたね。

足りないのは「デビル👿」だと思います。

小説を読んでて…やはり人間の生命の奥に「人の不幸は…」自分の心の支えっていうところがあるので、

もうちょい汚い心の描写は必要なのでは?と、思いました。

もう一回読みますが『愛なき愛』というタイトルは重いかも?です。

テラケンさんの人柄彷彿の「トクさん」をシリーズかしたらおもしろいような気がしました。


 ・トクさんが小説家を目指して色々な人に出逢ってドラマが生まれて行く

  「シリーズ化」が面白いと思います。

  一番伝えたい「愛」という言葉は隠して読者に想像させる方がよいかと思いました。

 ・『愛なき愛』面白かったです。後半は、一気に読みました〜。



posted by てらけん at 18:23| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2022年04月24日

自称ヒューマン&のノスタルジー作家「寺沢 憲」


自称ヒューマン&のノスタルジー作家「寺沢 憲」

 短い小説ですが手作りで製本化しました。

 青い屋根で手にとって読んで見てください!。

CIMG1249.JPG


CIMG1250.JPG



posted by てらけん at 13:00| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2022年01月22日

寺沢憲の作詞作曲 オリジナルソング!。

「命のゆりかご」

  命のゆりかごの楽譜画像です。

 CIMG1182.JPG

 作詞作曲は寺沢 憲ですが、これを土台にして編曲・編詩するのはご自由です。







posted by てらけん at 12:30| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2022年01月03日

自称ノスタルジー作家の寺沢 憲。2022年1月3日 新年明けましておめでとうございます。

 
  自称ノスタルジー作家の寺沢 憲です。
 
 小説の中にノスタルジックな描写が自然と出てきてしまいます。

 会話文の言葉を大切にして読後感の良い作品を書きたいと思っています。

 CIMG1168.JPG

  ☆ 寺沢 憲のとなりの奥田征彦さんに教えていただいて、

  この度、VIKING CLUBの維持会員に入会しました。


 CIMG1167のコピー.jpg





posted by てらけん at 11:10| Comment(2) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2022年01月02日

2022・1・2 ゴルフを難しく考えるなP16です。


  腕と手の使い方、動かし方が正しくない間違っている人は
 ゴルフが上手だと言われるシングルにはとうてい成れません。
 この動画を見て正しい腕と手の動きをマスターしましょう!。

  

posted by てらけん at 12:04| Comment(0) | ゴルフレッスン | 更新情報をチェックする

2021年11月23日

75歳の誕生日を祝い記念ラウンド!。

  てらけん、七十五歳を記念してのラウンドです。

 関西屈指のタフなコース、西宮高原ゴルフ倶楽部にて。

 75歳の誕生日を過ぎてからの記念のラウンドです。

 ナイスショットの大きな声をかけていただいてました!。

 動画に入っている声を聞くまで気づいてませんでした。

 エントリーをしてお誘いしていただいたもと生徒の

 お二人さんに心から感謝しております!!^^)。

 ・打ち下ろしで右方向は斜面なので絶対に右には打ちたくない
  長いミドルホールのドライバーショットです。

 2021-11-23 tera.png

 ・やや打ち下ろしで距離のあるショートホールのティーショットです。
  インパクトは頭を残してアドレスの再現といいます・・・・・・。

 2021-11-23 te.png

  

  





 
posted by てらけん at 09:31| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2021年10月26日

ブログを綴っているてらけんがめっちゃ久しぶりにゴルフ場へ。

 
  2021.10.25. 雨の神戸グランドヒルにて・・・。

  ゴルフのラウンドはお天気の良い日に限ります。

 年に一回か二回のラウンドに連れて行ってもらったのに、

 なのに1日中雨降りとは寒かったです。

 でもドライバーショットは良かった。

 歳の割には飛んでいてコースに立っている「IP」

 インタークロスセクション・ポイント(白黒の棒)の近くまで

 飛んでました。少しだけですが超えたのも二発ありました!。

 雨に濡れるのが嫌で慌てて打つから、スコアは悪いです。

 練習をしに打ちっ放しにも行かないんだからしょうがねぇよなぁ!^^)。

 頭が雨に濡れてエライことになってるなぁ、タオルで拭くのを忘れた。

 もうすぐ75歳になるてらけんのドライバーショットのインパクト画像!。

  スクリーンショット 2021-11-14 14.25.36.png

 両腕の三角形を崩さずにアドレスを再現したような理想的なインパクト!。


  




posted by てらけん at 13:47| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2021年10月17日

伊丹市梅の木喫茶店「青い屋根」より 寺沢憲の小説。


    自称、ノスタルジー作家のてらけんこと寺沢 憲です!!!!!^^)。

  マスターが書いた小説を自から手作りで製本化してご来店のお客様で読書が

  好きな方に読んでもらおうという思いで、久しぶりに本を作りました!。

 CIMG1034.JPG CIMG1033.JPG 
 CIMG1035.JPG CIMG1032.JPG


CIMG1036.JPG CIMG1037 2.JPG CIMG1038 2.JPG

  「海ほたる」は、ベテラン刑事と新米刑事が特異行方不明者の捜索に奔走するサスペンス。

  「雨上がりの緑陽」は、小説の映画化にプロデューサーと監督と脚本家が奮闘する物語。

  「ザ、サクセス」は、コロナ禍の時にシンガーソングライターを目指している若者の話。

posted by てらけん at 12:05| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする