◇ 世森友の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2017年11月14日

自伝的な小説「けっ!くだらん」


 『ノンフィクション自伝的小説』

タイトル:「けっ!くだらん」 寺沢憲重:著 

どちらも同じです。パソコンによって見れる方でお読みください。

けっ!くだらん1.


『けっ!くだらん』  

『けっ!くだらん』  

《校閲終了》



一章節、一章節が短篇のような構成でありますが、最後にすべてがつながります!。

第十一章までを読み終わり、カタルシス効果のような読後感があれば嬉しいなぁ!^^)。

カタルシスとは、

「悲劇が観客の心に怖れと憐れみの感情を呼び起こすことで精神を浄化する効果」


 
posted by てらけん at 16:47| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

富山県高志の国文学館開館5周年記念特別展「宮本輝」


 「宮本輝ー人間のあたたかさと、生きる勇気と。」

 オープニングセレモニーと対談と小説の舞台を巡ってきました。

 トロッコ電車に乗って素晴らしい景観の黒部峡谷を眺めてきました。

 「びっくりポンやぁ」偶然にも新聞に横顔が写っていたり、推薦文が入賞したり、

 北日本新聞に推薦文が載ったり、インタビューされたことが載ったり、ミラクルで

 サプライズな出来事がいろいろメニメニございました!!!!!\(^o^)/。


  22522103_1980644208882518_2016075150_o.jpg

 22547141_1980642408882698_1037946717_o.jpg CIMG2797.jpg

 CIMG2795.jpg 22641730_1981301055483500_294266418_o.jpg

 CIMG2791.jpg 22641708_1981416935471912_1723775645_o.jpg

 22550905_1980644135549192_763069866_o.jpg 22550751_1980642345549371_914114511_o.jpg

  22561113_1981089852171287_1816919032_o.jpg 22561210_1108248732639413_733358231_o.jpg

  22561235_1981413892138883_1195327083_o.jpg

  画像は時系列に関係なく、アットランダムにアップしました!。



posted by てらけん at 09:04| Comment(2) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

臨時休業のお知らせです!^^)。


 『今月の14日・15日・16日は臨時休業』


 まことに勝手ながら二日間と定休日を含めた臨時休業をお知らせします!。


 CIMG2778.JPG

  開館5周年記念特別展「宮本輝−人間のあたたかさと、生きる勇気と。」

 ↑上の「高志の国文学館」の記念特別展のオープニングセレモニーを見て来ます。



  スクリーンショット 2017-10-05 09.15.39.png

  スクリーンショット 2017-10-05 09.16.10.png

 このチラシを「宮本輝」の小説の愛読者にお分けしたいと思っております!。

 コメントでお知らせいただければ「青い屋根」で、お取り置きをします!。


  北日本新聞 2017年10月10日

  22405813_1955717874698541_5045248689483283510_n.jpg 22406396_1955717898031872_4824783889388214376_n.jpg





posted by てらけん at 11:50| Comment(4) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

  リーディングエッジが地面と垂直かどうかをチェック!。


  「正しいフェイス面でボールをとらえるには・・」

  https://www.youtube.com/watch?v=oTHWPYdNA0w

  あくまでもストレートボールを基準にして解説しています!。

 正しいグリップかどうかをリーディングエッジが地面に対して垂直であるか

 両腕の三角形が出来ているフォローの腰の高さ辺りでチェックします。

 「ここでグリップを作ります…」と言っているところで、リーディングエッジが

 垂直であるかをチェックをして握ります。その位置からバックスイングをして

 フォローで同じ形になるように振ってみて下さい。



 

  フォローの腰の高さでフェイス面をチェックします。

  リーディングエッジが地面と垂直になるようにグリップします。

  それが、あなたにとってナチュラルに振れる握り方なのです!。



      スクリーンショット 2017-10-03 16.22.35.png






posted by てらけん at 13:35| Comment(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

またまたゴルフネタですが、パンチショットの練習!。


 『パンチショットの練習』


 練習場でパンチショットを打っている人を見かけたことがありません、

 ぼくは。生徒にさせていました。シングル間近な人はできますが、

 そう簡単にはできないのがパンチショットです。(40代後半のてらけん)





 足腰、ビッグマッスル、体幹をしっかり使って飛ばします。

 腕力だけで飛ばしてる人は。止めることができません、、、。

 体をひねって上げて、ひねった体を戻す勢いで振り切って止める。


posted by てらけん at 11:18| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

ゴルフの動画「最も重要な基本練習ビジネスゾーン」青い屋根より!^^)。


 「基本練習で正しい動きを身に付けましょう」


 最近言われている「ビジネスゾーン」3時から9時までの往復運動で

 ボールにスクエアに当たる。正しいクラブの動きを身に付けましょう。

 ボールをとらえるヘッドの面の正しい動きを見極めてください!。

 手の甲に貼ったビニールテープでリストターンが解り安いです!。

 

 重要なのは頭の横揺れ上下動ヘッドアップしないように注意!。

 左腕の肘がひけたり曲がったりしないで脇は自然に締まります!。

 右肩が前に出たり、上体が飛ばしたい方向に早く開かないように!。




posted by てらけん at 10:49| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

敬老の日!。昆陽池公園を一周してきました!^^)。


 「まぁ〜人の多さにびっくり(*_*;」

 IMG_9486.JPG IMG_9462.JPG


 IMG_9474.JPG IMG_9476.JPG


 IMG_9475.JPG IMG_9478.JPG

  じっとたたずんでいるアオサギの姿に崇高さ神々しさを覚える!。

     IMG_9479.JPG     IMG_9482.JPG

  昆陽池生まれ昆陽池育ちのアオサギ二羽が少し離れて立っていました。

 IMG_9480.JPG IMG_9477.JPG



posted by てらけん at 19:44| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

本日の暇つぶしは、ゴルフで重要な練習の仕方です!。


 「連続素振りで腕の力を抜くことを覚えましょう!」




 「ゴルフの基本中の基本の動きの練習です!」

 3時から9時までのゾーンで、ヘッドやシャフトの往復運動で、正しい手や腕の動きのチェック。

 

 こんなの解ってる簡単と、チェックをおろそかにしないで練習してくださいねっ!。






posted by てらけん at 10:33| Comment(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

秋だなぁ!、白い曼珠沙華が咲いてます!\(^o^)/。


 『曼珠沙華(彼岸花)』

  きのうから咲き出していたのですが、今朝来たら綺麗に咲いていました!。

  山田耕作がを作った。北原白秋の「曼珠沙華(ひがんばな)」という歌を思い出します。
 ♪ゴンシャン ゴンシャン♪というところしか覚えていませんが・・こんな詩です^^)。

     GONSHAN. GONSYAN.  何処へ行く
     赤い、御墓の曼珠沙華(ひがんばな)曼珠沙華(ひがんばな)、
     けふも手折りに来たわいな。

       GONSHAN. GONSYAN.何本か
       地には七本 血のやうに 血のやうに、
       ちゃうどあの児の 年の数。

         GONSHAN. GONSYAN. 気をつけな。
         ひとつ摘んでも 日は真昼 日は真昼
         ひとつあとから またひらく。

           GONSHAN. GONSYAN.何故(なし)泣くろ。
           何時まで取っても 曼珠沙華 曼珠沙華
           恐(こは)や赤しや まだ七つ

  ※ 「GONSHAN」とはその地方のことばで良家のお嬢さんのことです。

  詩の解釈には諸説ありますが、北原白秋は「曼珠沙華」が大嫌いだったそうです…。

   「白秋が 詩(うた)に込めたり 曼殊沙華」 (詩は赤い曼殊沙華ですけど・・)


 2017-09-14 08.19.51.jpg 2017-09-14 08.21.17.jpg


 2017-09-14 08.20.49.jpg 2017-09-14 08.23.14.jpg

   「白秋は 知ってか白の 曼珠沙華」

  白い曼珠沙華は後発品種ですから、北原白秋は知らなかったことでしょうねぇ!。





posted by てらけん at 09:02| Comment(4) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする