◇ 世森友の10のラッキー名言 ◇      
:幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑っているから幸福になれるのだと言いたい。       
:笑いのあるところには活気もある。よく笑う人は不機嫌な顔をした人より長生きする。
:叶えるのが夢だけど、叶わなくても夢は夢さ、泣いて笑ってそれが人生、平凡がいい。
:人生いろ色あらァな、それを頑張って乗り越えたら喜びや楽しみが待ってるんやでぇ。
:人生に於いて全ての壁が、自分を高める壁だと前向きに思える人は壁を超えられる。
:ネガティブフィードバックの時こそ、得難い学びのチャンスそのものなのである。
:大切だと思うのは世に名を博した偉い人や大作家とはなるべく謦咳に接することである。
:たった百人の中の、私という自意識や誇りや自尊心や見栄や保身や奢りや愚かさの孤独。
:他人と比較するのは無意味だ理想の自分と比較せよ。何歳でも自分を変える努力をせよ。
:人生のターニングポイントの決断には。やり始める勇気とあきらめる勇気が必要である。 

2018年10月17日

お金のかからない練習法!!!^^)。

 
 「カレンダーの紙を使っての練習」

  カレンダーを長さは約10pぐらいで、ボールサイズの43oの幅に切って、
  二つ折りにし、余分な長さは内に折って立てればオーケーです。

 CIMG0137.JPG CIMG0138.JPG

   バックスイングの高さ三時の方向に上げた、
   右サイドではフェイスは前(開いて)に向き。

   フォローの九時の位置の左サイドではフェイスは
   後ろに向く(閉じる)ローテーションを身につけましょう。

   パターのようにフェイス面をまっすぐまっすぐ当てようと
   しないでください。(アプローチの練習ではないので)
   通過する一瞬だけアドレス時のフェイスに戻ればいいです。
   フルショットでいい音がすれば気持ちいいですよぉ。^^)。

 





posted by てらけん at 16:24| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

てらけんの作詞作曲の「熊木川」

  
   熊木川 (くまきがわ)作詞 寺沢憲重

   城山のふもと 流れる熊木川よ
   昔を偲べば 懐かしい
   春になれば 魚釣り 夏には川で泳いだり
   魚を捕って 遊んだもんさ
   清らかで 命を育む 川やった

   かいだ橋 下を流れる熊木川よ
   飛び込む水音 今は無い
   季節季節に 遡上する 魚が海からやって来た
   いさざに 鮎に うなぎに さより
   清らかで 恵みを もたらす川やった

   悠久の時を 流れる熊木川よ
   忘れはしないさ いつまでも
   川に子供の はしゃぐ声 いろんな魚が泳いでる
   自然と 人とが かかわり合った
   清らかで 大切な 母なる 川やった
   清らかで 命を育む 川やった



  



    「京都暮色」 作詞・作曲: 寺沢憲重

   (一) 三条大橋 東海道の
       旅の 終わりを 告げるよに
       知恩院の 鐘が鳴る
       欄干にもたれて 思いを巡らせ
       古き時代の 擬宝珠に そっと触れて見る
       京都暮色 一人旅です あぁぁあ〜

   (二) 三条大橋 鴨川に
       浮かぶ 冬告 ゆりかもめ
       夕暮れ時の 先斗町
       寂しさを紛らせ 木屋町通り
       偲ぶ歴史の 傷跡に 何故かやるせない
       京都暮色 一人旅です あぁぁあ〜

   (三) 三条大橋 夢舞台
       五山 送り火 東山
       行き交う人の 足音が
       今も尚変わらず 心に染みる
       愛の面影 胸に秘め ここは名残り橋
       京都暮色 一人旅です あぁぁあ〜


 



     「恋路ヶ浜」 作詞・作曲: 寺沢憲重

  (一)  奥能登の 旅の途中 訪ねた場所は
       思い出に 残された 恋路が浜よ
       青い海 白い砂 さざ波寄せる
       えんむすビーチ
       二人の愛を 誓って撞いた
        幸福(しあわせ)の鐘 

  (二)  この世では 結ばれずに 儚(はかな)く散った
       若い男女(ふたり)の悲恋 恋路が浜よ
       穏やかな 波の音 内浦海岸
       ロマンスロード
       悲しい恋の 二人を偲ぶ
       伝説の浜

  (三)  夏の夜 空を焦し かがりび燃えて
       赤々と 海を染め 恋路が浜よ
       弁天島 見附島 ほのかに浮かぶ
       恋路の火祭り
       悲恋(ひれん)の男女(ふたり)を 慰めるため
       キリコが乱れ舞う

       悲恋(ひれん)の男女(ふたり)を 慰めるため
       キリコが乱れ舞う


 
    

      「心の灯り」作詞・作曲: 寺沢憲重

      どこ行く どこ行く この道は
      どこまで どこまで 続くのか
      歩いてきた道 振りかえりゃ
      あの人 この人 思い出す
      ああ〜懐かしむ 時間(ひま)も無く
      ああ〜流されて 現代(いま)を行く
      辛い時でも くじけないで
      熱い思いを 無くさないで
      夢を託して歩くのさ 「心の灯」を求めて

      この先 この先 人生は
      いつまで いつまで 続くのか
      何とか なるさと 言い聞かせ
      生きてりゃ笑える 時も来る
      ああ〜いにしえの 故郷(ふるさと)よ
      ああ〜現在(いま)はただ 偲ぶだけ
      空に浮かぶ 雲のように
      時の流れに この身(み)預けて
      明日を信じて歩くのさ 「心の灯」を求めて

      ああ〜何時の日か 喜びを
      ああ〜何時の日か 幸福(しあわせ)を
      どんな時でも 一人じゃないさ
      生きる力を 支えてくれる
      自分に負けずに歩くのさ 「心の灯」を求めて

      心の〜灯を〜求めて〜


 


     命のゆりかご  作詞:作曲 寺沢憲重

     ああ〜バルデス ああ〜半島
     あああ〜素晴らしい あああ〜海岸
     暖かな春の 白い浜辺よ
     アザラシの群れ 鳥が舞う
     生きるもの達の ここは楽園
     命の〜命の〜命の〜 ゆりかご

     ああ〜パタゴニア ああ〜最果て
     あああ〜自然の あああ〜いとなみ
     黄昏が包む 野生の王国
     この世の全て つかさどる
     打ち寄せる波も 吹く風も
     命の〜命の〜命の〜 ゆりかご

     ああ〜ガラパゴス ああ〜群島
     あああ〜美しい ああ〜島並
     世界の遺産 ロマンあふれる
     世代受け継ぎ いつまでも
     地球の宝 ここはパラダイス
     命の〜命の〜命の〜 ゆりかご
     命の〜命の〜命の〜 ゆりかご




posted by てらけん at 11:09| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

素振りだけのゴルフ練習の成果を試しに!!!^^)。


  「171ゴルフセンター」」

  貸しクラブのPWと5Iで50球打ってみました!。

  トップオブスイングが低くなってきていますね・・・。

  

  





posted by てらけん at 15:24| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

超スローモーションの素振りをしましょう!!!^^)。


 「超スローモーションの素振り」2018/08.12

 このゆっくりとした素振りの練習で、スイングの各パーツの正しい動き、

両腕、肩、腰、足、が理想通りに動いているかをチェックしながら振りましょう。





  Aは肘の高さの違いで斜めになっています。赤い点が肘の位置です。
 1枚目はトップから下ろした瞬間で「ひじ」はこの高さの違いです。
 右肩が打ちに行くと前に出ますので「ひじ」位置がわきばらから離れます。
 ヘッドの軌道がアウトサイドインの人は「右ひじ」が下がっていないのです。
 2枚目の画像の「両ひじ」向き、カタチ、高さ、の違いを理解しましょう。

  Bはシャフトとグリップがどこをさしているかです。
 1枚目の画像ではグリップエンドはボールを指しています。
 2枚目の画像では飛球線に向いて地面と平行な位置です。

  Cは肩の位置です。
 1枚目の画像ではまだ開いていません、わきもしまったままです。
 2枚目の画像では左肩はまっすぐ飛球線方向をさしています。

  Dは足の動きのポイントです。
 1枚目の画像の右膝は飛球線方向に押し込まれています。
 2枚目の画像の下向きの矢印はふみこんでかかとが地面を押さえつけています。

  赤い矢印は右足の上ぐらいから動かさない右目の位置です。

  この説明の中で全部をチェックするのは無理ですので、
 ダウンを開始したときの1枚目の画像の「ひじ」の位置と
 腕のカタチを頭に入れて素振りをしてください。


 teraken 2018-08-11 09.59.08.jpg teraken 2018-08-11 10.19.jpg











posted by てらけん at 10:06| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

「ひとり言の覚え書き」短文・詩 「寺沢憲重」


     「言の葉の宿帳」

    「やまとうたは ひとのこころをたねとして よろづのことの葉とぞなりける」


     「寝つきうた」

    今日の無事に感謝して
    明日の楽しみ夢に見て
    お休みお休みまた明日
    ねんねこねんねこねんねこなぁ

      海じゃ魚が眠ってる
      山じゃ鳥も眠ってる
      お休みお休みまた明日
      ねんねこねんねこねんねこなぁ

        明日の天気は晴れだろか
        明日はどんな日じゃろか
        お休みお休みまた明日
        ねんねこねんねこねんねこなぁ


     「過ぎ去った時」

    過ぎ去った時の中に 
    忘られぬ人が居るかい
    誰でも人を愛して 
    憂いに満ちた時がある
      時は流れ失した愛の 
      数だけ心くるおしく
      失した数だけ夢を見る
      愛した数だけ切ない

    過ぎ去った時の中に 
    忘られぬ友が居るかい   
    誰でも友と出会って 
    憧れ抱いた人も居る
      夢を求め歩いた道の 
      数だけ人は彷徨い
      求めた数だけ雄々しく 
      夢見た数だけときめく


     「ひとり言の覚え書き」@

    あのころは良かった。
    あのころは楽しかった。
    あのころは幸せだった。

     いくつもの夢を見た。
     いくつもの夢が消えた。
     いくつもの夢が叶った。

      この先に希望がある。
      この先に理想がある。
      この先に喜びがある。


     「ひとり言の覚え書き」A

     最高の人生は過去にあるのではない。
     最高の人生は未来へと続いている。
     人生の最終まで希望と理想を持ち続け。
     ワクワクしながら生きて行きましょう。


     「ひとり言の覚え書き」B

     幸せは 横に広まるの
     幸せは 縦に伸びるの
     幸せは どんな色なの
     幸せは 心のなかなの
     幸せは どこにあるの

 
     「ひとり言の覚え書き」C

     夢は覚めて夢と知り
     愛は別れて愛と知り
     時は過ぎて時と知り
     友は離れて友と知り
     金は不足で金と知り

     親は小言で親と知り
     体は病んで体と知り
     真は時経て真と知り
     幸は辛酸で幸と知り
     死は無言で死と知り


     「いのち」

     地震が起き大津波が来た
     家々が消え犠牲者が出た
     助かったお母さんが
     赤ちゃんを産んだ
     そして二十五年が過ぎた
     その子が母親になった
     

    「ひとり言の覚え書き」D

    ひとときも同じ時間はないんだよ
    たったいま過ぎた時間は戻らない


       『誰かに……』

     誰かに楽しかったよ、嬉しかったよといいたい…
     誰かにありがとうと、感謝のことばをいいたい…
     誰かに愛しているよ、元気でいてねといいたい…
     誰かに泣いていても、良くならないといいたい…
     誰かに生きていれば、良い事あるよといいたい…
     誰かに物事を簡単に、諦めないでねといいたい… 
     誰かに自分の気持に、負けないでねといいたい…
     誰かに成したい事を、続けるんだよといいたい…
     誰かに運を頼らずに、自分でつかめといいたい…
     いいたい誰かとは、僕のことなのかも知れない…


      「なーちゃぱてぃーす」造語

     お疲れさま・ご苦労さま・どうもまたね・どうもでした
     また会いましょう・ではさようなら・ありがとうなどを
     全てモーラした(含んだ)超便利な言葉です!!!^^)。
     「ナーチャパティース」と言ってみよう!!! ^^)))。


       『あなたの……お守りに、縁起のいい四字熟語』

     『開運招福』『夫婦和合』『屋敷平穏』『地鎮守護』『難局打開』
     『交通安全』『子孫繁栄』『商売繁盛』『病気平癒』『家宝豊満』
     『福徳円満』『必勝成功』『水難消滅』『神恩報賽』『昇運来福』
     『成績向上』『子育順調』『足腰健康』『一家和合』『災禍撃退』
     『富貴繁栄』『良縁成就』『前途洋々』『金銀融通』『除災招福』
     『安産成就』『学業成就』『旅行安全』『家相開運』『合格成就』
     『安心立命』『邪気退散』『心願成就』『家内安全』『学問成就』
     『開運厄除』『無病息災』『大願成就』『良縁成就』『恋愛成就』


       『川』

      通いなれたる橋の上
      陽が射して青空写し
      輝く水面と流れる水
      しばし眺め秋惜しむ


       「ひとり言の覚え書き」E

     どんな苦労も努力をすれば必ず報われると人は言う。
     苦労がいつまでも報われないのは努力不足だと言う。
     無駄な努力は本当の努力と言えないのだと人は言う。

     壁というのは超えられる人にしかやってこないと言う。
     壁は試練だそれを超えてこそ大きくなれると人は言う。
     壁にぶつかったらこれはチャンスだと思えと人は言う。

     悩み事はどうしようって一人で抱え込むなと人は言う。
     悩み事を誰かに聞いてもらうことで乗り越えましょう。
     人生に無駄は無い生かすも殺すも自分次第と人は言う。


       「ひとり言の覚え書き」F

     今夜の満月は。自分の信じる道を後押ししてくれるでしょう。
     あなたが心から納得できる道であればその道を貫いて構いません。
     一番大切なのは、あなたの心がどう感じているか、あなた自身が
     その道を進むことに納得しているかどうかが大切なのです。


        『雪割草』

     悲しくて俯いていたんじゃないんだよ
     しょんぼりしてたわけじゃないんだよ
     チョットだけ考えごとをしていたんだ

      そしたら、健気に咲いている君と出会った
      早春のまだ冷たい風に身を震わせながら
      咲いている君が土の中の妖精に見えたんだ

       君は母が教えてくれた雪割草って花だよね
       君は厳しい冬に耐えようやく咲いたんだね
       君に教えられたことを僕は忘れないからね

        どんな時でも君を思って乗り越えて行くよ
        来年も再来年も、ずっとずっとこの場所へ
        可憐な君に逢いに来るからね、きっときっと



        「わたしは私」

        わたしは、私が嫌いなの
        わたしは、私が分からない
        わたしは、私のことが好き
        わたしは、私のままでいい
        わたしは、私が大事なの
        わたしは、私が支えるの
        わたしは、私を信じるの
        わたしは、私を演じるの
        わたしは、私を守りたい
        わたしは、私を続けたい
        わたしは、私を愛したい







posted by てらけん at 09:39| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

てらけんの7番アイアン!!!^^)。


    2018.6 宝塚高原GC 練習場にて。

 



posted by てらけん at 18:06| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

近くの幼稚園のお母さま方のオフ会!^^)。


  青い屋根は食べ物の持ち込み自由です!!!。

  お母さま方の Coffee break time !!!^^)。

 33767020_1698970196853303_801135271855783936_o.jpg

 33813095_1698970203519969_4590820882619826176_n.jpg








posted by てらけん at 20:42| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

大阪を中心に震度5から6の地震がありました!!!。

 
 「とても激しく揺れて怖かったです」

 jisinngaattahi.jpg


   大切な本が棚から落ちて散乱しています!。

 jisingaattahi2.jpg

   もとどおりにちゃんと戻しました。 これだけで済んで良かった!。


『過ぎ去った 時の中に』 作詞:寺沢憲重
  
 過ぎ去った時の中に    忘られぬ人が居るかい
 誰でも人を愛して     憂いに満ちた時がある
 時は流れ失した愛の    数だけ心くるおしく
 失した数だけ夢を見る   愛した数だけ切ない


 過ぎ去った時の中に    忘られぬ友がいるかい
 誰でも友と出会って    憧れ抱いた人も居る
 夢を求め歩いた道の    数だけ人は彷徨い
 求めた数だけ雄々しく   夢見た数だけときめく


 過ぎ去った時の中に    懐かしい思い出があるさ
 誰でも人と触れ合い    楽しく歌った時がある
 どんな時も一人じゃないさ いつも笑顔絶やさずに
 はしゃいだ数だけ楽しい  笑った数だけ嬉しい


 過ぎ去った時の中に    辛かったこともあるさ
 人は誰でも悲しい     それでも輝く時がある
 過去を背負い今に生きて  自分を信じて生きるのさ
 望みが叶う時が来る    いつか輝く時が来る

 「このような詩に曲をつけて、気が向いたら歌ったりしている」

 27651244_1019712594833378_1208327511_o.jpg





  
posted by てらけん at 19:19| Comment(0) | 青い屋根だより | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

伊丹市にある緑ヶ丘公園の池を撮りました!^^)。


  青い屋根のマスターのコンデジ散歩!!!!!^^)。

 緑ヶ丘公園の上池と下池です!^^)。

 鳥インフルの問題で規制線が張り巡らされていました。

IMG_9940.JPG IMG_9959.JPG


IMG_9955.JPG IMG_9956.JPG



 
posted by てらけん at 21:08| Comment(0) | マスターの日記 | 更新情報をチェックする